タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

あおい有紀さんと訪ねる日本酒の蔵元(房総半島編)
2月11日(土)
UPdate:2012/01/20 更新
■東京発12,800円
■食事条件: 夕1(日本酒付き)
■最少催行: 15名
■同行ガイド: あおい有紀
■添乗員: 同行いたします。
出発集合詳細
東京駅丸の内口10:30集合・出発 (東京駅帰着は21:00〜22:00頃)
予約状況
あおいさんナビゲートの大好評、日本酒ツアーが再び登場!
お陰様で満席となりました。キャンセル待ち受付となります。
予約・資料請求

あおい有紀さん


私にとって一番身近なお酒、日本酒。嗜むたび新しい発見があり、探究心を掻き立てられる日々。この魅力を皆様にも是非体感いただきたく、昨年に引き続き、蔵元見学ツアーをコーディネート致しました。全国に日本酒の蔵元はありますが、東京のお隣、千葉でも、美味しい日本酒を造っている蔵元が沢山あるんですよ!日本酒造り真っ只中の2月は、ちょうど新酒が絞られる時期。蔵元が最も忙しい時でもあり、そこに踏み入ることが出来るのは貴重な体験です。麹の甘い香りに包まれた蔵で酒造りを見学し、蔵元と直接話をしてみませんか。それぞれ個性の違う蔵元を3蔵訪れた後は、芥川龍之介が常宿だった芥川荘にて、地元外房沖でとれた魚料理を中心に、3蔵のお酒をたっぷりお楽しみ頂きます。
私も一日バスガイドで、ご案内させて頂きますよ。車中では、日本酒のちょっとしたレクチャーも致します。究極の、大人の社会科見学!ぜひ皆様と楽しい1日をご一緒できれば嬉しいです。(あおい有紀)

≪あおい有紀さん★プロフィール≫
■フリーアナウンサー(フジテレビ「とくだね」生CM出演中)
■酒サムライ叙任 (日本酒造青年協議会)
■2010年「食のなでしこコンテスト」準グランプリ(フードアナリスト協会)
■利き酒師、焼酎アドバイザー、フードアナリスト1級、日本箸教育講師

ブログはこちら! http://ameblo.jp/blue-snow927/

≪訪問酒造のご紹介≫

【稲花酒造】
創業は江戸時代中期。文政年間に徳川幕府に願い出た増石申請書があり、この頃には盛んに醸造していたとされています。 創業当時の蔵が現役で使用され、『酒は本来素朴、端正をもって極上とする』が身上。 仕込み水は房総丘陵の伏流水で軟水。伝統の技術を守りながら新しい技術を取り入れ、普遍的な味わいと時代のニーズに応じた求明し続けています。 

【木戸泉酒造】
創業は明治12年。九十九里浜南端に位置するいすみ市(旧大原町)の中心に蔵を構え、独自の自然醸造による“旨き良き酒造り”をモットーに、安全で安心してお楽しみいただける日本酒を醸し続けています。原料米にもこだわり無農薬・無化学肥料米による純米酒も昭和42年より造っています。さらに日本酒の長期熟成酒については昭和31年から研究し続け、10年・20年・30年と一時期は忘れ去られた深みのある味わいも皆様にお届けしております。

【岩瀬酒造】
創業は享保8年(1723年)。商品名「岩の井」の由来は「岩瀬の井戸」。大正時代より本格的に酒造りに力を入れ、昭和22年全国清酒鑑評会で首席を受賞したこともあります。現当主、岩瀬能和は、11代目になります。先代の禎之氏(故人)は、戦前から海女を撮り続け、毎日新聞社主催の展覧会で、「総理大臣賞」を受賞した写真家でもありました。