タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

オーストラリア内陸部を訪ねて≪Aコース≫【最大4名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 10月14日(土)〜10月20日(金)
UPdate:2017/04/21 New!
■東京発598,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】  
■大阪発598,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】  
■食事条件: 朝3昼0夕3
■最少催行: 2名(最大4名様)
■同行ガイド: 太田祐(ケアンズ在住)
■添乗員: −
出発集合詳細
■成田空港18:00集合(18:35帰着予定)■関西空港18:30集合(19:30帰着予定)
予約状況
ツアー予約受付開始しました。宜しくお願いします。
予約・資料請求

セキセイインコの群れ


全ての日本の方々をぜひ一度、360度地平線の大地へご案内したいと思う、美しく無限の広さを誇るオーストラリア内陸部核心へのツアーです。ガイドの太田はおそらく世界の誰よりもこの地域での探鳥経験があります。

オカメインコ、モモイロインコ、アカビタイムジオウム、セキセイインコ、モモイロインコ、ミドリマキエインコ、クスダマインコといったインコ系が代名詞となっていますが、それら以外でも大平原を走るエミューや数多く見られるオナガイヌワシといった大型の鳥類のほか、アカビタイサンショクヒタキ、ベニオーストラリアヒタキ、シロクロミツスイといった突発的な内陸性鳥類の出現の楽しみがあります。スタート地点のマウントアイザではカルカドンセスジムシクイとムナジロセスジムシクイというこの地域にのみ存在する手強いムシクイ2種に挑むこともできますし、またコマチスズメ、ハイビタイコバシミツスイ、ミドリコバシミツスイ、コブハゲミツスイ、オグロキノボリ、ヒメモリツバメ、クロズキンヒタキ、アカマユホウセキドリ、マダラニワシドリといった内陸部の一般的な鳥類を楽しむこともできます。

荒涼とした砂漠地帯につき、星空、地平線、夕焼け、西部劇のような村、機内からの眺めなども壮観です。年によってばらつきが大きい地域ですが、当たり年にはオウムやインコがお好きな方には一生で一度の忘れられない体験にもなりうると思います。4WD車を使用するため、定員はわずか4名様での実施です。

(本文以外に出会いたい鳥)
ショウキバト、カンムリモズヒタキ、オグロバン、ヒゲナシヨタカ、クロハヤブサ、マルオセッカ、ムナグロオーストラリアムシクイ、ヒロオトゲハシムシクイ、ケミミミツスイ、アカガシラソリハシセイタカシギ、ワキアカチドリ、ハイイロハヤブサ(珍)、ミミジロセグロミツスイ(珍)

※当ツアーはワイバードオセアニア社が企画し、日本国内に於いては(株)ワイバードが販売するツアーです。