タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

宮が瀬湖と城山湖〜ガイド(中野)が地元をご案内【最大26名様】 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 2月14日(水)
UPdate:2017/10/01 更新
■東京発12,000円
■食事条件: 各自
■最少催行: 15名(最大26名様)
■同行ガイド: 中野泰敬(20名を越える場合はアシスタントガイド同行予定)
■添乗員: −
出発集合詳細
■新宿駅西口08:30集合(17:30帰着予定)
予約状況
ツアー予約受付開始しました。宜しくお願いします。
予約・資料請求

ベニマシコ


神奈川県北西部に位置する宮ケ瀬湖は、西に丹沢山系を抱き深い森に囲まれた人口湖です。夏にはキビタキやオオルリ、ヤブサメ、クロツグミなどが渡来しさえずりを響かせますが、バードウォッチングに最も良い時期は冬鳥が集まる12月から3月です。湖の周りには林道が整備されており、その一つ早戸川林道を歩きながら鳥を探していきます。
 湖には数は少ないですがカルガモやマガモの姿が見られ、時にはオシドリの姿も見られます。湖に突き出た木々はカワウのコロニーになっており、騒がしい声が森に響きます。宮ケ瀬湖の鳥と言って見逃せないのがヤマセミ。しかしヤマセミに出会うことは難しく、運が大きく左右します。一昨年は見る事が出来ましたが、昨年は叶いませんでした。やはり、その時の運が大事ということでしょう。
宮ケ瀬湖は山中のダム湖にもかかわらずミサゴが毎年飛来します。周辺の木や湖に浮かんだ筏の上で羽を休めている姿を見ることができるでしょう。猛禽類と言えば、丹沢山系はクマタカの生息地になっており数番のクマタカが記録されています。上空を飛ぶクマタカの雄姿が見られることを期待したいところです。
 林ではジョウビタキやルリビタキ、カヤクグリ、ウソなど冬鳥が私たちの目を楽しませてくれるでしょう。ベニマシコが多いのも宮ケ瀬湖の特徴です。草の種子をついばむ愛らしい姿を見つけていきましょう。
 宮ケ瀬湖から車で30分ほどのところに、もう一つの目的地、城山湖があります。ここは毎年ハギマシコが渡来する地として有名で、今回のツアーでも期待したいところです。ハギマシコの渡来数は年による変動が大きく、数羽しか渡って来ない年もあれば、100羽もの大きな群れが見られることもあります。さて今回はどのくらいの群れが渡って来てくれるでしょうか。他にもウソやビンズイ、マヒワなどが飛来し、湖ではオシドリやコガモ、キンクロハジロ、時にはトモエガモの姿が見られます。
 神奈川県北西部に位置する2つの湖は私の地元。事前の下見を行い、皆さんをご案内していきます。冬鳥をゆっくり楽しみましょう。
                                  
バードガイド 中野泰敬  

(出会えそうな鳥)
オシドリ、トモエガモ、クマタカ、カワセミ、ヤマセミ、モズ、カケス、シロハラ、ジョウビタキ、ルリビタキ、カヤクグリ、ビンズイ、アトリ、ハギマシコ、ベニマシコ、ウソ、アオジ、カシラダカなど