タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

冬の道東決定版 流氷の海ワシ(お一人様バス座席2席確保!)【15周年記念特別価格ツアーH】(追加設定) 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 2月21日(水)〜2月24日(土)
UPdate:2017/11/29 New!
■東京発116,000円 【ワイバード15周年記念第9弾!前回旅行価格の10%引き!】
■大阪発127,800円 【ワイバード15周年記念第9弾!前回旅行価格の10%引き!】
■食事条件: 朝3昼3夕3
■最少催行: 15名(最大23名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
出発集合詳細
■羽田空港11:30集合(16:30帰着)
■伊丹空港08:10〜09:10集合(18:10〜19:10帰着)
予約状況
ツアー予約受付開始しました。宜しくお願いします。
予約・資料請求

オオワシ


冬に生きる北海道の野鳥を林、海、港などを巡りながら余すところなく観察しよう!というのがこのツアー。毎年ご好評を頂いておりましたが、実は今回からシマフクロウの観察を取りやめました。この時期、彼らは繁殖時期を迎え、姿を見せることが少なくなります。明け方まで粘ってようやく観察出来れば運が良いほうで、見られなかった事もあります。また2月は、流氷のワシやタンチョウを絡めて海外のバードウォッチャーがたくさんシマフクロウを見にやって来ます。宿はごったがえし、以前のように宿を貸し切って見ることも叶いません。実はシマフクロウの観察は11月から1月が最も良く、また2月は宿に泊まる撮影プランもありますので、シマフクロウを見たいという方は他のツアーにご参加いただければと思います。
 さて北海道の魅力は何もシマフクロウだけではありません。流氷の時期、氷上で餌を取るオオワシとオジロワシの姿は迫力満点。10mほどの距離で見ることができます。また船の出航は早朝。国後島から上る日の出、その日の出を背景に飛ぶワシたちの姿もまた格別です。そして道東は小さな漁港が多く、丹念に巡ります。海や港ではコオリガモやクロガモ、ビロードキンクロなど、本州ではあまり見られない海ガモの姿があり、ウミスズメ類やアビ類にも期待しましょう。林ではミヤマカケスやハシブトガラ、ゴジュウカラなどを探し、運が良ければ人気のシマエナガにも出会えるでしょう。最終日に訪れる屈斜路湖は白鳥の渡来地。人工物がない雪をかぶった山々を背景に飛ぶハクチョウの姿は美しいものです。そして北海道と言えばタンチョウ。給餌場を訪れ、彼らの美しいダンスを見に行きましょう。
 冬の北海道は寒さが厳しく、敬遠する方もおられますが、防寒をしっかりすれば大丈夫です。かえって4月や5月の北海道の方が気が緩み、寒さを強く感じることがあります。冬だからこそ見られる野鳥たちの風景、どうぞチャレンジしてみてください。
      
(出会いたい鳥たち)
オオハクチョウ、シノリガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、オオハム、ヒメウ、チシマウガラス、タンチョウ、シロカモメ、ワシカモメ、ウミスズメ、オオワシ、オジロワシ、ベニヒワ、ハギマシコ、ユキホオジロなど

【簡単な行程】
@伊丹✈羽田✈中標津➜標津漁港➜羅臼(泊)
A羅臼(船)➜野付半島➜走古丹➜花咲漁港➜根室(泊)
B根室➜根室漁港➜霧多布➜川湯温泉(泊)
C川湯温泉➜屈斜路湖➜中標津✈羽田✈伊丹

★ワイバードはおかげさまで創業15周年を迎えます。そこでお客様への感謝の気持ちを込め、国内人気ツアー15コースを前回の旅行費用より10〜15%値下げでご案内。この機会にぜひ!ご参加ください。(このツアーは10%割引となります)
■東京発➜前回129,000円×90%=116,000円
■大阪発➜前回142,000円×90%=127,800円

※シマフクロウが目的の方には5月29日出発の『2つの道東クルーズとシマフクロウ』をお勧めします。どちらも15周年特別価格です。