タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

撮影の旅 とっておきの冬の石垣島(お一人様1部屋利用)【7名様限定】(追加設定) 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 1月25日(木)〜1月27日(土)
UPdate:2017/12/01 New!
■東京発129,000円
■大阪発129,000円
■食事条件: 朝2昼0夕0
■最少催行: 5名(最大7名様)
■同行ガイド: 本若博次(石垣島在住)
■添乗員: −
出発集合詳細
■羽田空港07:00〜09:00集合(17:30〜19:30帰着予定)
■関西又は伊丹空港07:00〜09:00集合(18:00〜21:00帰着予定)
予約状況
ツアー予約受付開始しました。宜しくお願いします。
予約・資料請求

ズグロミゾゴイ


寒い時期だからこそ暖かい石垣島での撮影&観察はいかがでしょう。
この時期は冬鳥たちのオンパレード。また2015年5月から棲み着いているカタグロトビはまるで留鳥のように繁殖活動を続けています。
 その中でも冬鳥の代表格はギンムクドリやカラムクドリ、ホシムクドリの群れでしょう。その数の多さは他の地域では味わえない醍醐味があります。とくにホシムクドリは、毎年数が増え、昨年は300羽以上の大群でした。丹念に観察するとその中にバライロムクドリが見つかるかもしれません。また留鳥化したインドハッカも数が増えています。ホオジロハクセキレイや冬羽のキガシラセキレイも毎年のように見られています。
 留鳥では、何といってもカンムリワシでしょう。繁殖期に入ってデイスプレイ飛行や鳴き交わしなどいろいろな行動が観察され、幼鳥と親鳥の子別れのケンカが見られるのもこの季節です。時々冠羽を立てます。ムラサキサギやズグロミゾゴイ、シロハラクイナものんびりとエサを探す行動が期待できます。
 また、この時期に見られたに珍しい鳥たちとしては、ヤツガシラ、クロウタドリ、タカサゴモズ、レンカクなどでしょうか。近年の暖冬の影響で、すでに渡りが始まっているかもしれません。期待できる冬の石垣島を楽しんでください。
 11月から3月までは、比較的雨が多く、雨具の用意はした方がいいでしょう。出かける前に天気は予報をチェックして用意してください。雨は決して降りっぱなしではありません。逆にたくさんの幸運をもたらしますので、がっかりしないでください。いい出会いが待っていますよ。
                      バードガイド 本若博次 

<この時期、期待できそうな鳥>
カンムリワシ、ミサゴ、チョウゲンボウ、サシバ、チュウヒ(大陸型)、ハヤブサ(オオハヤブサ)、カタグロトビ、ムラサキサギ、ズグロミゾゴイ、アカガシラサギ、クロサギ(白色型)、アカアシシギ、ヒバリシギ、チュウジシギ、セイタカシギ、ムナグロ、シロハラクイナ、クロハラアジサシ、ハチジョウツグミ、インドハッカ、ツメナガセキレイ、キガシラセキレイ、ギンムクドリ、カラムクドリ、ホシムクドリ、ムクドリ、ベニバト、ムネアカタヒバリ、シベリアアオジ、シマアカモズ、タシギ、タゲリ、チュウダイズアカアオバト、キンバト。

<この時期に以前に見られた珍鳥>
ヤツガシラ、タカサゴモズ、ズグロチャキンチョウ、クロウタドリ、レンカク、ヤツガシラ、ベニバト。

※ホテルのお部屋はお一人様一部屋(個室)をご用意します。
※ツアーの最大のポイントは、地元で牧場を経営しながら野鳥カメラマンとして活躍中の本若さんがご案内する、とっておきの特別な撮影ポイントです。ここでは詳細をお知らせ出来ませんが、撮影目的のお客様方には条件さえ整えば、きっと大満足して頂けると思います