タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

ボルネオ キナバル山麓とタビン野生動物保護区 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 9月6日(木)〜9月13日(木)
UPdate:2018/04/16 更新
■東京発398,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■食事条件: 朝6昼6夕7
■最少催行: 10名(最大15名様)
■同行ガイド: 中野泰敬 現地日本語バードガイド
■添乗員: −
出発集合詳細
■成田空港07:30集合(07:10帰着予定)
※横浜05:43発、東京06:18発の成田エキスプレス、或いは上野06:40発、日暮里06:45発の京成スカイライナーのご利用をお勧めします。
予約状況
ツアー催行決定となりました。残1席です。お急ぎください。
予約・資料請求

カザリショウビン


 ボルネオの野鳥を知り尽くしたベテラン現地バードガイド(日本語対応可能)の全面協力により、弊社ボルネオツアーが復活しました。ゆったり8日間の行程ながら行き先を2か所に絞り、じっくりと探鳥しますので、撮影目的の方にもおすすめです。
 最初にご案内するのはコタキナバルから国内線で1時間のラハダトゥから車でさらに2時間、少し前までは研究者しか立ち入りが許されなかった「タビン野生動物保護区」。過去のツアーで訪ねていたダナンバレーよりも鳥が見やすい事から欧米のバードウォッチャーが注目の場所です。そして3泊4日滞在するタビンワイルドライフリゾートはそのマレーシア最大の保護区内に建てられた高級熱帯雨林リゾート。それぞれ独立した宿泊ロッジのバルコニーで外をじっと眺めているだけでも数々の野鳥が観察可能で、保護区には野生のオラウータンやゾウ、サイも生息しています。滞在中はナイトサファリを含む様々なバードウォッチングプログラムをご用意。きっとご満足いただける事でしょう。
 次にご案内するのはキナバル山の山麓に位置する標高1500mのキナバル公園。深く広大な熱帯雨林の森の中でここだけが開けているため、探鳥に適した場所として有名です。早朝ウォッチングでは一度に数多くの野鳥と出会うことでしょう。また赤道直下といえ高度があるので昼間の気温もさほど上がらず快適にお過ごし頂けます。もちろんコタキナバル周辺の湿地などにもご案内。さまざまな環境の中で数多くの野鳥との出会いを目指します。
尚、往復共に成田〜コタキナバル直行便(所要約6時間)を利用しますので、地方からのご参加の方は成田空港近くのホテル又は都内での前泊が必要となります。

(タビン野生保護区で出会いたい鳥たち)
カササギサイチョウ、クロサイチョウ、サイチョウ、クビワヒロハシ、クロアカヒロハシ、クロアカヤイロチョウ、カザリショウビン他多数
(キナバル山麓で出会いたい鳥たち)
キイレゴシキドリ、ボルネオシラガオナガ、ノドグロキンバネドリ、オオミドリヒロハシ、キナバルコノハドリ、ボルネオノドアカハナドリ、ボルネオヘキサン他多数