タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

タイ中部 ヘラシギの越冬地とカオヤイ【11名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 12月17日(月)〜12月23日(日)
UPdate:2018/11/26 更新
■東京発329,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■大阪発329,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■名古屋発329,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■食事条件: 朝5昼5夕6
■最少催行: 7名(最大11名様)
■同行ガイド: 現地バードガイド2名体制
■添乗員: 同行(通訳を兼ねています)
出発集合詳細
■羽田空港08:30集合(06:55帰着予定)
■関西空港09:00集合(06:25帰着予定)
■中部空港09:00集合(07:30帰着予定)
予約状況
催行決定となりました。受付は終了しております。
予約・資料請求

ヘラシギ


9年前から毎年弊社タイツアーを案内し続けている人気の現地バードガイド2名に、彼らの一言一句を同時通訳する経験豊かな女性添乗員が同行する新シリーズ第一弾!すでに今年1月のツアーを共に巡っており、チームワークも十分です。
今回はヘラシギの越冬地として有名なペッチャブリーやファイ・カ・ケン野生動物保護区、カオヤイ国立公園など様々な環境を巡る欲張りコース。最初に訪れる塩田ではヘラシギの他にも数多くのシギ類やカワセミの仲間などを観察。日暮れにはメンフクロウも見られるでしょう。翌日は湖や農耕地でレンカクやタイヨウチョウの仲間を、4日目はファイ・カ・ケン野生動物保護区で猛禽類やサンジャクなどを探します。5日目には標高1000mと比較的涼しいカオヤイ国立公園に移動、タイ最大の自然湖にボートを浮かべ、湖面からゆったりと水鳥ウォッチング。ナンキンオシなどのカモ類の他、ブロンズトキやヒメヤマセミも観察。夕方には洞窟から出てくるコウモリの群れが圧巻、その数は何と100万匹以上とも言われています。最終日はサイチョウやキヌバネドリの仲間を探し、夕方にはバンコクに戻ります。
観察、撮影目的どちらの方にも楽しんで頂ける内容を心がけ、また長い経験から宿泊ホテルや食事も厳選し快適なバードウォッチングをお約束。必要に応じてテント型のハイドもご用意します。サービス精神旺盛なプロのガイドと、きめ細やかな心配りが出来る探鳥ツアーに精通した添乗員がお供する新たな旅にぜひご参加ください。

※東京からのお客様は便利な羽田空港発着便を利用します。

(出会いたい鳥たち)
リュウキュウガモ、ナンキンオシ、メジロガモ、ヒメアオゲラ、コシアカアオゲラ、キタタキ、オオサイチョウ、キタカササギサイチョウ、ヤツガシラ、ヒメヤマセミ、ナンヨウショウビン、ヒメカッコウ、オニクロバンケンモドキ、ミドリハチクイ、メンフクロウ、セイケイ、アジアレンカク、マミジロクイナ、エリマキシギ、ヘラシギ、カラフトアオアシシギ、シベリアオオハシシギ、ヒメツバメチドリ、カタグロツメバゲリ、インドトサカゲリ、クロカッコウハヤブサ、シロガシラトビ、カタグロトビ、モモアカヒメハヤブサ、アジアヘビウ、ジャワアカガシラサギ、インドトキコウ、スキハシコウ、ヒメコノハドリ、サンジャク、セアカハナドリ、チャノドコバシタイヨウチョウ、キバラタイヨウチョウ、キムネコウヨウジャク、キンイロコウヨウジャク他多数。