タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

憧れの海鳥を求めて!豪華客船で行く北太平洋横断クルーズ
9月5日(木)〜9月21日(土)
UPdate:2018/06/28
■東京発439,000円 (海側窓付2名1室)【空港使用料・寄航料・船内諸費用全て含む】
■東京発478,000円 (海側バルコニー付2名1室)【空港使用料・寄航料船内費用全て含む】
■東京発578,000円 (海側窓付1名1室)【空港使用料・寄航料・船内諸費用全て含む】
■東京発636,000円 (海側バルコニー付1名1室)【空港使用料・寄航料船内費用全て含む】
■食事条件: 朝16昼16夕16
■最少催行: 12名(最大24名)
■同行ガイド: 中村咲子 専任女性クルーズコーディネーター同行 現地バードガイド(バンクーバーのみ)
■添乗員: −
※帰着は横浜港大さん橋となります。
出発集合詳細
■成田空港14:30〜16:00、或いは羽田空港19:30集合予定
■横浜港(大桟橋客船ターミナル)へは9月21日早朝着岸、下船は09:00〜11:00頃予定
予約状況
予約受付開始しました。よろしくお願いいたします。
予約・資料請求

マダラシロハラミズナギドリ


バンクーバーから横浜港まで15日間にも及ぶクルーズの旅。しかも航海する海域はあまりの鳥影の多さからアリューシャンマジックと呼ばれる海鳥ファン憧れの海域です。そして乗船する船は極上の美食で知られた豪華客船「セレブリティミレミアム」。9万トンの大型クルーズ船ながら、海鳥観察を行なう4階の広いプロムナードデッキはおがさわら丸とほぼ同じ高さ、鳥との距離も心配無用です。しかも海鳥観察につきものの船酔いの心配も少なく、ゆったりと海鳥観察が行えます。また今回のツアーではこの航路で2度の海鳥観察を経験した女性バードガイドの他に、クルーズ船の旅に精通した専任女性クルーズコーディネーターが全行程同行。海鳥観察以外の時間帯も、慣れない外国船の旅を思う存分楽しんで頂けます。船内の各種プログラムも充実していますので、バードウォッチング(海鳥観察)に興味のない方との2人旅でも十分に楽しんで頂けるでしょう。
さて、旅は東京(羽田又は成田)から空路バンクーバーへ。バンクーバーでは1泊し、市内及び近郊の探鳥地を現地バードガイドがご案内します。早速翌日から乗船。横浜港に向けての壮大な船旅の始まりです。船は先ずアラスカに向け北上。毎日緯度が変わるため出現種も日毎に変わり飽きさせません。途中、アラスカ州南部のシトカ、或いはアリューシャン列島のダッチハーバーに寄港。徒歩にて探鳥します。そしていよいよ船は日本の珍鳥のオンパレード海域へ!海鳥や海生哺乳類の聖地とも呼ばれる憧れのアリューシャン列島・ベーリング海を横断します。日本では1〜数回のレコード程度の珍鳥も現れ、シロハラアカアシミズナギ、アカアシミツユビ、シラヒゲウミスズメ、マダラシロハラ、ツノメドリ、クビワカモメ等、憧れの海鳥との出会いに期待しましょう。また2016年は世界最大の哺乳類、シロナガスクジラにも遭遇し、シャチも多く観察される海域で数多くの海生哺乳類との出会いにも期待できます。また大型船なので渡り途中の小鳥が羽を休めるため船に降りてくることも多く、果敢に海を渡る小鳥の姿に胸を打たれます。最後は千島列島沖から北方四島の北を通過し、日本への最初の上陸は小樽港。その後、函館港にも寄港し横浜港にて下船します。
2名の女性スタッフが造り上げる気配り満載の豪華客船の旅。この機会に壮大な海鳥観察の旅にお出かけになりませんか?

※男女別の相部屋はお受けできません。お一人参加の方はお一人様1部屋利用となります。
※3名1部屋ご希望の方はご相談ください。
※2019年4月末にてご予約を締め切ります。お早めにお申し込みください。

(航路上にて出会いたい鳥たち)
クロアシアホウドリ、コアホウドリ、アホウドリ、フルマカモメ、ミツユビカモメ、アカアシミツユビカモメ、マダラシロハラミズナギドリ、ミナミオナガミズナギドリ、シロハラアカアシミズナギドリ、コシジロウミツバメ、ハイイロウミツバメ、トウゾクカモメ、クロトウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、オオトウゾクカモメ、クロワカモメ、クビワカモメ、アメリカウミスズメ、エトロフウミスズメ、マダラウミスズメ、シラヒゲウミスズメ、エトピリカ、ツノメドリ、ハクトウワシ、アメリカハイイロチュウヒ、アカオノスリ、オオキアシシギ、コキアシシギ、アメリカオオハシシギ、、ワタリガラス、ヒメレンジャク、サバンナシトド、ミヤマシトド、ユキヒメドリ、ウタスズメ

参考:海生哺乳類
シャチ、ナガスクジラ、イシイルカ、カルフォルニアアシカ、ラッコ、ザトウクジラ、マッコウクジラ、シロナガスクジラ、カマイルカ