タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

撮影の旅 台湾金門島(羽田発着)【12名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 12月5日(水)〜12月8日(土)
UPdate:2018/07/25 New!
■東京発209,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■食事条件: 朝3昼0夕3
■最少催行: 8名(最大12名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
出発集合詳細
■羽田空港08:30集合(19:55帰着予定)
予約状況
予約受付開始しました。よろしくお願いします。
予約・資料請求

エンビタイヨウチョウ


12月9日出発の台湾金門島と烏來ツアーが早々に満席となったため、新たに毎年好評を頂いている台湾・金門島への撮影ツアーを追加設定しました。金門島は冬鳥の宝庫として約80種類もの野鳥が生息しています。留鳥としてヤツガシラ、クロウタドリ、アオショウビン、ヒメヤマセミ、タカサゴモズ、ベニバトなどが棲み、そこに冬鳥のオニアジサシ、コイカル、ギンムクドリ、カラムクドリ、ナベコウなどが加わり、一層賑やかになります。しかも、どの野鳥を見ても日本では珍鳥級の鳥ばかり。これらの鳥を、余すことなく撮影しようというのが、このツアーの目的です。
宿は、養魚場と干潟が広がる海辺近くにあり、早朝から撮影が始まります。干潟ではアカアシシギやダイシャクシギ、ハマシギ、ツルシギなどが餌を取り、わずかに残った水路めがけヒメヤマセミがダイビング。年によってはソリハシセイタカシギが飛来していたり、クロツラヘラサギが群れで見られたりもします。さて、今年はどんな光景が我々を待ち受けているでしょうか。養魚場の周りの芝生ではクロウタドリやヤツガシラが、樹にはギンムクドリやカラムクドリの姿が見られたりと、朝からシャッターを押す指が止まりません。
金門島は、島自体が探鳥地と言っても過言ではありません。森林や湿地、干潟、海岸など、様々な場所を巡って撮影に取り組んでいきましょう。ただ残念なことは、毎年冬に渡来していたヤマショウビンの姿が最近見られなくなりました。また留鳥として棲んでいたカタグロトビも数が激減。見られることを祈るばかりです。そんな数を減らす鳥がいるかと思えば、最近数が増えてきたのがエンビタイヨウチョウ。その美しさから金門島のスターになりつつあります。必ず撮影して帰りましょう。
                          バードガイド 中野泰敬
       
(撮影したい鳥たち)
タイワンキジ、カノコバト、ベニバト、ナベコウ、アカガシラサギ、シロハラクイナ、オオバンケン、越冬中のシギやチドリ、オニアジサシ、ヤツガシラ、アオショウビン、ヒメヤマセミ、カタグロトビ、タカサゴモズ、カササギ、クビワガラス、キマユムシクイ、ギンムクドリ、カラムクドリ、ハッカチョウ、クロウタドリ、マミジロタヒバリ、コイカル、クロヒヨドリ、クロエリヒタキ、ベニサンショウクイ、など