タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

富士山五合目で秋景色の野鳥を楽しむ 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 10月10日(水)
UPdate:2018/08/06 New!
■東京発9,800円
■食事条件: 各自
■最少催行: 16名(最大26名様)
■同行ガイド: 中野泰敬(多人数の場合、アシスタント同行予定)
■添乗員: −
出発集合詳細
■新宿駅西口08:00(18:00帰着予定)
予約状況
予約受付開始しました。よろしくお願いします。
予約・資料請求

キクイタダキ


記録的な猛暑となった今夏、下界の暑さから離れ、富士山五合目でのんびりと高山鳥の水浴びを楽しみました。五合目、奥庭荘の周辺はカラマツが多く、10月に入るとそのカラマツが黄色く色づき始めます。黄葉のピークは毎年10月10日前後。黄色い絨毯を敷いたような裾野からそびえる富士山はとても美しく、時折ヒヨドリの群れが西へと飛んでいく風景は何とも言えません。
 さて、奥庭の水場を見てみましょう。夏鳥のメボソムシクイの姿はめっきり減ってしまいましたが、漂鳥のキクイタダキ、ルリビタキ、カヤクグリ、ウソなどは相変わらず水浴びにやって来ます。水場の周辺の木々もカラマツが多く、黄色く染まったカラマツに止まって水浴びの順番を待つ小鳥たちも、いつもより美しく見えます。それもそのはず、夏の換羽が終わり、小鳥たちも新たな装いでやって来ますので当然のことなのかもしれません。
 更に、この時期は渡りの時期でもあります。ふだん五合目には生息していない鳥たちの飛来もあるかもしれません。富士山を背景にサシバが舞う、ノスリが舞う、そのような光景を想像してしまうのは期待し過ぎでしょうか。
 8月とはまた異なった風景の富士山五合目。少し早く紅葉の秋の気分を楽しんでみませんか。10月の標高2000mですので、寒さが厳しい日もあるとおもいます。防寒着の用意は忘れずにお願いします。
                       バードガイド 中野泰敬
      
(出会いたい鳥)
アマツバメ、ノスリ、ホシガラス、キクイタダキ、コガラ、ヒガラ、ツバメ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、カヤクグリ、ウソなど