タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

大洗〜苫小牧航路 海鳥ウォッチング《3月出発》【最大15名様】 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 3月22日(金)〜3月24日(日)
UPdate:2018/10/29 更新
■大洗発18,800円
■食事条件: 各自
■最少催行: 8名(最大15名様)
■同行ガイド: 中村咲子
■添乗員: −
出発集合詳細
■大洗フェリーターミナル22:20集合(19:30帰着予定)
予約状況
ツアー催行決定となりました。残席はまだございます。
予約・資料請求

エトロフウミズスメの群れ


3月の大洗〜苫小牧航路はウミスズメ類が期待できる時期。ウトウ、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、エトロフウミズスメを中心に観察します。とくに青森沖あたりでは見渡す限りウミスズメ類が観察できる可能性が高く、ぜひともその景色を皆様にも体験していただきたいと期待しています。エトロフウミズスメはいくつもの大きな群れになっていることが多く、群れになった黒い塊が蠢く様子は圧巻です。またウミスズメは船に驚き、船の手前からぷくぷくと湧いて出てくる様子も見所です。その中にコウミスズメも混じっている事もあり、期待したいところです。また前回3月のツアーでは普段はなかなか観察が難しいウミオウムも複数確認されていますが、今回はどうでしょうか。他にも愛らしい顔が人気のミツユビカモメやフルマカモメ、アホウドリ類のコアホウドリやクロアシアホウドリ、トウゾクカモメ類などにも会える季節です。岩手沖以南ではアビ類の観察が多くなり3種は観察できるかと思います。
海生哺乳類との出会いは、キタオットセイが多く見られる時期ですので、その愛らしい姿を楽しみましょう。イルカは冷たい海に生息するイシイルカ、小笠原や沖縄で繁殖を終えてアラスカなどを目指して北上し始めているザトウクジラにも会える可能性があります。
3月の風はとても冷たく、長時間の観察は寒さとの戦いにもなりますので、暴風・防寒対策はしっかりとお願いいたします。


【出会いたい鳥たち】
ウトウ、ウミオウム、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、コウミスズメ、エトロフウミスズメ、フルマカモメ、ミツユビカモメ、オオミズナギドリ、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、トウゾクカモメ、クロトウゾクカモメ、シロエリオオハム、オオハム、アビ

★利用船室は往復共にカジュアルルーム(広々とした一段ベッド)利用となります。また船の出航時刻は深夜ですが、早めに乗船して頂き、朝からの観察に備えます。

《ご集合場所へは水戸駅北口B番乗り場21:35発の大洗フェリーターミナル行きのバス(運賃610円)が便利です。フェリーターミナルにはご集合時刻20分前の21:58に到着予定です。》
※水戸駅までの交通機関
@JR特急利用:品川19:45➡東京19:53➡上野20:00➡(特急ひたち27号)➡21:07水戸
AJR普通電車利用:上野19:09➡北千住19:20➡柏19:40➡土浦20:29➡21:22水戸
B高速バス利用:JR東京駅八重洲口発、水戸駅行きは約10分毎に発車。所要時間は2時間ですが、万が一の渋滞に備え余裕を持ってご利用ください。

■帰路はフェリーターミナル20:15発水戸駅行きのバスがあり、水戸駅からは20:53発常磐線特急または21:00発普通電車で都内までご利用になれます。またタクシーにて鹿島臨海鉄道の鹿島駅へ、20:05発の水戸行きをご利用になれば、20:27発の品川行特急がご利用になれます。
■マイカ―ご利用の方は大洗フェリーターミナル前に無料の駐車場がございます。