タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

伊吹山のイヌワシとお花畑 《新幹線利用》【お一人様1部屋確保】 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 8月5日(月)〜8月6日(火)
UPdate:2018/11/26 New!
■東京・新横浜、発53,800円
■小田原発51,800円
■大阪・京都発43,800円
■岐阜羽島発32,800円
■食事条件: 朝1昼1夕0
■最少催行: 15名(最大24名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
出発集合詳細
■東京07:33発(21:10帰着予定)■新横浜07:52発(20:51帰着予定)■小田原08:08発(20:36帰着予定)■新大阪発08:16発(20:26帰着予定)■岐阜羽島09:30集合(19:00解散予定)
予約状況
予約受付開始しました。よろしくお願いします。
予約・資料請求

イヌワシ


滋賀県の伊吹山はイヌワシが見られる山として全国的に有名です。しかし、行ったら必ず見られるという鳥でもありません。いつ現れるのかわからず、また毎日現れるという訳ではありません。しかし8月は、何処へ行っても野鳥を探すのが困難で、干潟や休耕田でシギやチドリを見るということも考えられますが、8月の暑さがこたえます。こんな時期こそ、イヌワシの出現をじっくり待つというのはいかがでしょう。伊吹山は高山植物が豊富なことでも有名です。イヌワシを待っている間も、足元に目をやればシモツケソウやコオニユリなどたくさんの花が咲き乱れています。その花にはアサギマダラやサカハチチョウ、アカタテハなどの蝶も訪れ、飽きることはないでしょう。また、8月だというのにホオジロやマミジロ、カッコウなど数種類の野鳥のさえずりも楽しむことができます。そして何と言っても良いのが涼しいこと。下界は連日30度を超す日々が続きます。昨年は特に35度を超す異常な暑さに見舞われました。その暑さを逃れ、植物を愛でながらイヌワシを待つ。何とも贅沢な時間でしょうか。そして実際イヌワシが現れれば、こんな幸せなときはありません。
今までのツアーや、伊吹山を訪れた方々の話を一部紹介します。これまでのツアーでは霧が出た時以外は、毎回イヌワシに出会っています。しかも2羽同時ということもよくあります。小鹿を狩って持っていったのを見たという方もいます。ヒナを連れて飛行している姿を見たという方もいます。イヌワシではありませんが、ツキノワグマを見た方もいたようで、はてさて今回はどのような出会いがあるのか楽しみにしましょう。
今回のツアーもより確実性を求め日帰りではなく2日間の行程としました。もし、初日にイヌワシをしっかり見ることが出れば、2日目はお花畑を巡ることもできるでしょう。野鳥が見ることが難しい8月、日本で最もイヌワシとの遭遇率が高いと言われる伊吹山で、私と一緒に探しに行きませんか。
                         バードガイド:中野泰敬

(出会いたい鳥たち)
カッコウ、イヌワシ、ヤマガラ、マミジロ、キセキレイ、イカル、ホオジロなど

※ホテルはお一人様1部屋利用(昨年利用ホテルよりアップグレードしました)