タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

熱帯の珍鳥を求めて!ヨーク半島【4名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 10月2日(水)〜10月9日(水)
UPdate:2019/03/13 New!
■東京発568,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■大阪発568,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■食事条件: 朝1昼0夕6
■最少催行: 3名(最大4名様)
■同行ガイド: 太田裕(ケアンズ在住)
■添乗員: −
出発集合詳細
■成田空港18:25集合(18:35帰着予定)■関西空港19:00集合(19:30帰着予定)
予約状況
予約受付開始しました。よろしくお願いします。
予約・資料請求

キバシショウビン


 オーストラリアの最北端にツノのように突き出たヨーク半島。英名のケープヨーク、あるいは核心部であるアイアンレンジ国立公園といった名前でも有名なこのエリアはオーストラリアにおける最重要探鳥地です。氷河期にパプアニューギニアと陸続きになり、その後オーストラリア側に切り離されたこの半島は、ここでしか見られない固有種、それも熱帯らしい美麗種やユニークな種に溢れ、世界中のバーダー憧れの地となっています。
 しかしその極端な道路事情の悪さと原住民アボリジニ居住区としての特殊性、ほとんどない情報や不便な観光インフラのため、屈強なオーストラリア人やバードガイドでさえこの半島には地元のガイド同行によるツアーで出かけるのが普通です。通常の乗用車ではたどり着く事さえも不可能で、大型4WDに乗って出かけていっても1日に4回パンクした人もあるほどの悪路。その代わり、キバシショウビン、キビタイヒスイインコ、アカオオタカ、ヤシオウム、オオハナインコなど図鑑を彩るスーパースター達が待っています。
 他にもカオジロヒタキ、キタメグロヤブコマ、アカガオインコ、キアシオリーブヒタキ、チャイロガマグチヨタカ、チャムネミツスイ、チャバラニワシドリ、オオウロコフウチョウ、ナキカラスフウチョウ、ケープヨークエリマキヒタキ、ヒメヤブムシクイなど地域固有種がぞろぞろ揃い、オーストラリア産鳥類リストを増やすまたとない機会です。個人では絶対に訪れることが出来ないヨーク半島(ケープヨーク、あるいはアイアンレンジ国立公園とも)へこの限られた機会にぜひお越しください。4WDの都合上、定員はわずか4名です。尚、往路は一気にヨーク半島の先端部まで小型飛行機で飛び、復路を車利用にすることにより、コンパクトな日程での訪問を可能にしました。
 同行ガイドはケアンズ近郊在住の日本人バードガイド太田祐。彼は当地を多い時は1年で4回訪問した年もあり、現地事情にも精通しており安心です。                

(本文以外に出会いたい鳥)
ズアカミツスイ、コモンチョウ、シラボシリュウキュウガモ、クリハラヒメカッコウ、ノドジロムジミツスイ、ミミグロネコドリ、オオヒゲナシヨタカ、セグロモズガラスなど