タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

ANAパース直行便で行く!オーストラリア南西部【8名様限定】【新コース】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 2月21日(金)〜2月29日(土)
UPdate:2019/04/26 New!
■東京発498,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■食事条件: 朝7昼7夕6
■最少催行: 6名(最大8名様)
■同行ガイド: 現地バードガイド
■添乗員: 太田祐(パースにて合流)
出発集合詳細
■成田空港09:00集合(08:20帰着予定)
予約状況
予約受付開始しました。よろしくお願いします。
予約・資料請求

キョウジョスズメ


オーストラリア大陸の左下の角、大都市パースを起点とするこのエリアは四方を大海や砂漠に隔てられ、独自の鳥相を持っています。大陸北東部にあるケアンズとは対角線上に位置し、ケアンズは訪問済みの方々もオーストラリアで新しい野鳥を一気に増やす最適の場所です。固有種が多くユーカリインコ、ココノエインコ、オジロクロオウム、ニシオジロクロオウム、ニシテンジクバタンといったインコやオウムの仲間たち、ニシキリハシミツスイ、ギンホオミツスイ、ニシトゲハシムシクイ、シロハラヒタキ、ニシハチマキミツスイ、キョウジョスズメ、ニシキバラモズヒタキといったカラフルな固有の小鳥たちが多く期待されます。また水鳥の豊かさでも有名なところです。

パース周辺はオーストラリア人にとっては最重要探鳥地の一角ですが、問題は日本から直行便が途絶えていたことでした。今回全日空が直行便でパースに就航することになり本当に久しぶりに道が開きました。この20年ぶりの機会にパースの著名ガイドがワイバード用にスケジュールをあけてくれました。来年はもうできない気がしますので、この機会をお見逃しなく。もちろんパースでの探鳥が少なくとも7度目になるケアンズ在住ガイドの太田が通訳兼アシスタントガイドとしてサポート致します。

なおこのツアーではチラッと見るだけでも非常に骨が折れることで有名なある固有種3種には初めから挑戦せず、そのほかの野鳥をゆとりを持って見る(撮る)方針です。日本の野鳥ファンが見たいと思うようなほかの固有種や美麗種、例えばオーストラリアムシクイ類3種類やサンショクヒタキ類2種類などに時間を向けています。

(そのほかの野鳥)
ニオイガモ、ゴマフガモ、オナガイヌワシ、ヒメアジサシ、ハシブトカモメ、オーストラリアクロミヤコドリ、ニジハバト、イワクサインコ、ワカナインコ、オグロインコ、マキエゴシキインコ(28インコ)、カレハミツスイ、オジロセンニョムシクイ、ヒロオトゲハシムシクイ、ハジロオーストラリアムシクイ、アオムネオーストラリアムシクイ、ウスアオオーストラリアムシクイ、ムラサキオーストラリアムシクイ、チャバラキノボリ、カオジロオーストラリアヒタキ、ハシブトモズヒタキ、マミジロオーストラリアマルハシ、エミュームシクイ、サンショクヒタキ、アカビタイサンショクヒタキ、クロズキンヒタキ、ハイイロモズガラス