タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

直行便で行くネパール ヒマラヤ山麓と低地の鳥【10名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 3月14日(土)〜3月21日(土)
UPdate:2019/10/18 更新
■東京発419,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■大阪発398,000円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■食事条件: 朝6昼6夕7
■最少催行: 6名(最大10名様)
■同行ガイド: 中野泰敬 現地日本語バードガイド
■添乗員: −
出発集合詳細
■羽田空港08:00集合(15:35〜16:25帰着予定)
■関西空港11:45集合(11:55帰着予定)
予約状況
催行決定いたしました。キャンセルにより2席空席でました。
(航空会社のスケジュールが決まり次第、正式に催行決定となります。)
予約・資料請求

トキハシゲリ


 この度、関西空港からネパールの首都・カトマンズまでの直行便が運航を開始、それに合わせての企画です。ネパールと聞くと、エベレストを始めとするヒマラヤ山脈が思い浮かぶために、標高の高い国という印象を持たれるかもしれません。でも実は隣国インドに拡がる平原は海抜わずか100mほど。小さい国ながらとても高低差が大きく、他のアジアの国に比べ多様な鳥類相を有することから、短期間で多種の野鳥と出会うことが可能です。また登山やハイキング等を主とした観光立国のため、ホテルなどの設備も整っており、さらには興味深いチベット仏教文化を垣間見ることも楽しみのひとつです。
 最初に訪れるのはヒマラヤの山々を一望出来るポカラ。湖畔や河川、森林地帯とさまざまな環境で観察します。また、インドとの国境に位置するチトワン国立公園は湖沼、草原、森林と多種の環境が存在することから世界遺産にも登録されており、ネパールで観察可能な鳥の約半数が生息すると言われ、ベンガルトラやインドサイの生息地としても有名です。移動中にはトキハシゲリやカベバシリなどを探しながら向かい、公園内ではアカアシトキ、ヒメツバメチドリ、モモアカヒメハヤブサ、キタカササギサイチョウ、オジロノビタキなどと共に、今では限られた場所にしか生息しない稀少種のベンガルショウノガンも探します。
 現地では日本語の話せるバードガイドも全行程に同行。新たな野鳥との出会いを求め、ぜひご参加ください。

【出会いたい鳥たち】
ヒゲワシ、シロエリハゲワシ、ミミハゲワシ、イヌワシ、ボネリークマタカ、ミヤマハッカン、チャバラアカゲラ、オオゴシキドリ、トキハシゲリ、ヒメツバメチドリ、アカアシトキ、ヒゴロモ、カザリオウチュウ、カベバシリ、タテジマヤブチメドリ、セアカチメドリ、アカハラコノハドリ、シロボオシカワビタキ、ノドグロヒタキ、キバラオウギビタキ、セボシエンビシキチョウ、ハイバネツグミ、カラフトムシクイ、オジロゴジュウカラ、レンジャクノジコ、アカオタイヨウチョウ、サンジャク、ヘキサンなど多数