タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

南オーストラリア アデレードとカンガルー島【8名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 10月10日(土)〜10月16日(金)
UPdate:2020/06/16 更新
■東京発498,000円 【旅行代金には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■食事条件: 朝4昼5夕5
■最少催行: 5名(最大8名様)
■同行ガイド: 現地在住バードガイド 
■添乗員: 太田祐(メルボルンから合流)
出発集合詳細
■羽田空港19:30集合(20:00帰着予定)
予約状況
日豪間の出入国及び検疫状況により中止とします。オーストラリアへのツアーは12月12日出発のケアンズより再開予定です。
予約・資料請求

ムラサキオーストラリアムシクイ


 昨年実施し大好評を得た南オーストラリア州へのツアー。今年も有名現地ガイドのスケジュールが抑え られ、ご案内が可能となりました。もちろん通訳兼アシスタントガイドとしてケアンズ永住者の太田も 同行。彼にとっても少なくとも6度目の南オーストラリア州での探鳥になり、ガイド二人体制で最大8名 様限定にてご案内します。
 南オーストラリア州の都であるアデレード周辺は変化に富む環境を有しています。ツアーの前半は動物 好きには世界的に有名なカンガルー島へフェリーで渡り2泊します。コガタペンギンやオーストラリアシ ロカツオドリ、テリクロオウム、ズグロチドリ 、フジビタイコバシミツスイ、シロハラシラヒゲドリな どの野鳥達の他に野生のコアラやハリモグラ、クロカンガルー、ダマヤブワラビーやニュージーランド
 オットセイ、間近で見るオーストラリアアシカの群れなど多くの哺乳類や南氷洋の絶景や浸食による奇 岩もお楽しみ頂けます。2019年後半にニュースになった山火事ですが、幸い島の西側を延焼させたにと どまり、ツアーで主に使用する東側は軽微な影響と報告されています。
 ツアー中盤では荒涼とした内陸部へ進み、ミナミメグロヤブコマやクリゴシウズラチメドリ、マミジロ キノボリ、クリビタイエミュームシクイ、ノドジロセスジムシクイといったランクの高い野鳥達が控えて います。2020年は少し訪問先を入れ替え、水場にどんどんやってくるインコ類やミツスイ類を中心とし た美麗種を皆様にハイドからしっかり見ていただきたいと思います。オーストラリア南部にて絶大な人 気を誇るムラサキオーストラリアムシクイやハジロオーストラリアムシクイのチャンスもあります。
 そうした広大な内陸部の自然の一方で南オーストラリア州南部は豊富な湿地帯で知られスケールの大き さに驚かされます。それらは大量の水鳥と猛禽類の住処になっており、アカヒメクマタカやウスユキ チュウヒ、ミナミチュウヒやオナガイヌワシといった猛禽類からロウバシガン、ニオイガモなどの個性 的な大型水鳥達、数え切れないカモ達、そしてヒメクイナ、ミナミクロクイナ、ミナミヒメクイナといっ たクイナ類との出会いにもチャンスがありボートツアーも予定しています。インコやオウム類も種類が 多く、マキエゴシキインコ、セイキインコ、オグロインコ、アカクサインコ(複数の亜種)、ヒムネキ キョウインコ他が期待されます。
 クロカンガルー、アカカンガルー、オオカンガルー、キタケバナウォンバットなどを夜の草原でオープ ンカーから探すナイトサファリツアーなども実に個性的。また今年は春真っ盛りの時期に開催時期を変 更したことにより、より条件のよい探鳥が期待されます。

【出会いたい鳥】  コガタペンギン、ニオイガモ、ロウバシガン、ズグロチドリ 、オーストラリアシロカツオドリ、ヒメ クイナ、ミナミヒメクイナ、ミナミクロクイナ、アカヒメクマタカ、ミナミチュウヒ、シラガトビ、ウ スユキチュウヒ、オーストラリアアオバズク、メンフクロウ、マキエゴシキインコ、セイキインコ、オ グロインコ、複数のアカクサインコ亜種、テリクロオウム、キイロオクロオウム、ハジロオーストラリ アムシクイ、ムラサキオーストラリアムシクイ、クリビタイエミュームシクイ、ノドジロセスジムシク イ、フジビタイコバシミツスイ、クリゴシウズラチメドリ、マミジロキノボリ、サンショクヒタキ、ミ ナミメグロヤブコマ、ノドアカモズヒタキ、ムナジロウ、キバシヘラサギ、ハシブトゴイ、マミジロモ リツバメなど

【出会いたい野生動物】
ミナミケバナウォンバット、コアラ、クロカンガルー、アカカンガルー、オオカンガルー、ハリモグ ラ、ダマヤブワラビー、ニュージーランドオットセイ、オーストラリアアシカなど

※往復共にカンタス航空の羽田〜メルボルン直行便を利用予定。ガイドの太田はメルボルン空港にて皆さまをお待ちいたします。