タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

アオツラカツオドリの繁殖地 西之島特別クルーズ(母島1泊探鳥を含む)【13名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 10月9日(金)〜10月14日(水)
UPdate:2020/07/08 更新
■東京(竹芝)発149,000円
■食事条件: 朝3昼3夕3
■最少催行: 10名(最大13名様)
■同行ガイド: 中村咲子
■添乗員: −
出発集合詳細
■東京・竹芝桟橋10:00集合(15:00帰着予定)
予約状況
西之島の火山活動が再び活発化した為、ツアー中止となりました。(7月22日発表)
おがさわら丸の船室アップグレードはお問い合わせください。
予約・資料請求

おがさわら丸から望む西之島


待ちに待ったおがさわら丸による西之島特別航路が復活しました!2017年・2018年と開催され私もバードガイドとして乗船、3度目のツアーとなります。
西之島は父島から西に130qに位置する海底火山です。2013年に海底噴火が起きて以来、年々面積を増やし成長を続けており、過去に参加されたお客様からも再び行きたいとの声が上がるほど魅力的な島です。特別航路は朝に父島を出発し、約3時間ほどで西之島近海に到着。約1時間ほど島を周回して夕方には父島に帰ってきます。西之島は9種類ほどの海鳥が繁殖する島としても注目されており、最も注目されるのはアオツラカツオドリです。前回訪問時には数多くの姿が確認でき、今も彼らが複数繁殖していることが確認されています。また、好奇心旺盛な個体が船についてくることもあるので、その美しく大きな姿に魅了されることでしょう。クロアジサシ、オオアジサシ、セグロアジサシも繁殖期が落ち着いているものの観察の可能性があるといえるでしょう。
小笠原へは東京・竹芝から船で24時間。乗船中はもちろんデッキで海鳥観察を行ないます。沖合でしか会えない海鳥は大変魅力的で、姿形だけではなく、種によって飛び方が違うことなど、観察していくほどにその面白さに気づくでしょう。小笠原海域まで行くと、そこまで来ないと会えない海鳥たちがたくさんいます。オナガミズナギドリやシロハラミズナギドリ、そして小笠原固有種のセグロミズナギドリ(オガサワラミズナギドリ)とオガサワラヒメミズナギドリとの出会いにも期待しましょう。またおがさわら丸やははじま丸にはたくさんのカツオドリが船についてきます。船に驚いて飛ぶトビウオやダツ類を狙うためで、ハンティングする姿はとても面白く夢中になってしまいます。手が届きそうなほど近い距離でカツオドリに会えてしまうのもこの旅の見どころの一つです。
島内ではアカガシラカラスバトやメジロやノスリなど小笠原亜種を求めて探鳥します。母島でのメインターゲットとなるのはやはり固有種であるメグロです。世界でここにしか生息しませんが、近年非常に個体数を増やしていますので、あちこちで見かけます。メジロとはまた違う、おっとりとした性格とかわいらしい声に愛らしさがたまりません。父島とは違い緑の深さを感じる母島はまた違った魅力でいっぱいです。夜は星空観察などにでかけるのもよいでしょう。
滅多にない西之島を見るチャンスです!そして、生き物、海、植物、星空、、、自然の魅力でいっぱいの小笠原。ぜひ私と一緒に堪能しにまいりませんか?
                      
バードガイド:中村咲子

(出会いたい鳥たち)
オオミズナギドリ、オナガミズナギドリ、シロハラミズナギドリ、セグロミズナギドリ、オガサワラヒメミズナギドリ、アナドリ、ハジロミズナギドリ・クビワオオシロハラミズナギドリ・カワリシロハラミズナギドリ・トウゾクカモメ・クロアジサシ、セグロアジサシ、カツオドリ、アカアシカツオドリ、アオツラカツオドリ・ハシナガウグイス、メジロ、メグロ・アカガシラカラスバト、オガサワラノスリ、イソヒヨドリ、ムナグロ・アホウドリ・クロアシアホウドリ、コアホウドリ・ムナグロ・キョウジョシギ