タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

タイ中部 ケーンクラチャンとカオヤイ【11名様限定】《新コース》 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 1月24日(日)〜1月30日(土)
UPdate:2020/05/01 New!
■羽田発349,240円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■成田発346,090円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■大阪発346,530円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■福岡発347,510円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■名古屋発349,500円 【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
■食事条件: 朝5昼5夕6
■最少催行: 8名(最大11名)
■同行ガイド: 現地バードガイド2名体制
■添乗員: 山本真里(通訳兼務)
出発集合詳細
■羽田空港08:30集合(06:55帰着予定)
■成田空港07:45集合(07:40帰着予定)
■関西空港09:00集合(07:20帰着予定)
■福岡空港09:40集合(08:10帰着予定)
■中部空港09:00集合(07:30帰着予定)
■千歳空港08:00集合(08:20帰着予定)
※千歳発361,840円【ツアー価格には空港施設使用料、空港税等の諸費用を含む】
予約状況
予約受付開始しました。よろしくお願いいたします。
※このツアーは「価格変動型航空運賃」利用ツアーです。表示の旅行費用は現在のものであり、ツアー催行決定までは価格は変わりません。
※利用航空会社(タイ航空)座席の空き状況により、旅行費用が変動します。(一般的には早めのご予約がお得になり、出発日が近くなるにつれ高くなります。)
※今回のツアーの最大旅行費用は、それぞれの旅行費用に約2万円を加えた金額です。
※ツアー催行決定後、1週間以内に旅行費用をお支払いください。またお支払い後のお客様都合によるお取り消しに対し、ご出発の1か月前までであっても航空券に対するお取り消し料(20,000円)がかかりますのでご注意ください。(詳しくはツアー資料をご請求のうえ、ご確認ください。)
★弊社は価格変動型ツアーについて観光庁の認可を受けています。
予約・資料請求

ルリヤイロチョウ


 10数年前から毎年弊社タイツアーを案内し続けている現地ベテランバードガイド2名に、彼らの一言一句を同時通訳する経験豊かな女性添乗員が同行するチームワーク十分な安心感。さらに、小回りの効くワゴン車2台に分乗し、それぞれに鳥を見つけるのが早い専属ドライバーが付き、探鳥地ではバーダーとカメラマンそれぞれに1名のガイドがご案内、さらに必要に応じてテント式のハイドや椅子までご用意。最大11名様に対して5名のスタッフがお世話する至れり尽くせりのシリーズです。
 2021年のタイ中部ツアーは大幅にリニューアルし、2つの国立公園と水鳥の楽園で知られる淡水湖など様々な環境を巡る新たなコースでお届けします。最初に訪れるケーンクラチャン国立公園はタイ最大の面積を誇り、タイ北方と南方の分岐点に位置することから多種多様な植物相や動物相が見られ、300種を超える鳥が生息しています。終日探鳥では、コガネゲラ、ズアカミユビゲラ、オオサイチョウ、キタカササギサイチョウ、オニクロバンケンモドキ、ハシブトアオバト、カザリオウチュウ、モモグロヒメハヤブサなどを観察。翌日は国立公園近くのハイドでアオアシミヤマテッケイ、ルリヤイロチョウ、オオマルハシ、キンバト、キエリアオゲラなどを狙い、午後は耕作地や湿地で探鳥後、ラチャブリー県へ移動します。
 さらに翌朝も湿地や耕作地で探鳥を続け、午後は野生生物の宝庫として世界自然遺産に指定された、標高1000m のカオヤイ国立公園へ。ホテルにチェックイン後、夕刻までサイチョウやハナドリ、キヌバネドリの仲間などを探します。最終日はタイ最大の湖、ブンボーラペット湖にボートを浮かべ、湖面からゆったりと水鳥ウォッチング。ナンキンオシなどのカモ類の他、ブロンズトキやヒメヤマセミなどを観察し、時間に余裕があればバンプーレクリエーションセンターに立ち寄り、数千羽のチャガシラカモメ、珍しいハシボソカモメなどを見て空港へ向かいます。
観察、撮影目的どちらの方にも楽しんで頂ける内容を心がけ、また長い経験から宿泊ホテルや食事も厳選し快適なバードウォッチングをお約束。サービス精神旺盛なプロのガイド2名と、きめ細やかな心配りが出来る探鳥ツアーに精通した添乗員と専属ドライバーがお供する旅にぜひご参加ください。

(出会いたい鳥たち)
アオアシミヤマテッケイ、リュウキュウガモ、ナンキンオシ、クロカンムリコゲラ、キエリアオゲラ、コガネゲラ、ズアカミユビゲラ、オオサイチョウ、シワコブサイチョウ、キタカササギサイチョウ、ヤマキヌバネドリ、
ズアカキヌバネドリ、アオショウビン、ヤマショウビン、ヒメカッコウ、オニクロバンケンモドキ、アオムネハチクイ、チャガシラハチクイ、オオスズメフクロウ、インドコキンメフクロウ、メンフクロウ、ハシブトアオバト、キンバト、ツルクイナ、セイケイ、レンカク、アジアレンカク、マミジロクイナ、ヒメツバメチドリ、
インドトサカゲリ、チャガシラカモメ、ハシボソカモメ、シロガシラトビ、チュウヒ、カラフトワシ、モモグロヒメハヤブサ、アジアヘビウ、ムラサキサギ、インドトキコウ、ルリヤイロチョウ、アオバネコノハドリ、ヒメコノハドリ、タカサゴモズ、カザリオウチュウ、カバイロハッカ、メグロヒヨドリ、ハクオウチュウ、オオマルハシ、セアカハナドリ、チャノドコバシタイヨウチョウ、キバラタイヨウチョウ、キムネコウヨウジャク、キンイロコウヨウジャクなど多数