タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

【旅行代金が実質半額に!GoToトラベルキャンペーン対象ツアー】浜名湖のアオバトと御前崎のシギチドリ 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 9月10日(木)〜9月11日(金)
UPdate:2020/08/03 更新
■(お支払い実額)東京(新宿)発26,000円 <2名様1部屋>※通常旅行代金40,000円
■(お支払い実額)東京(新宿)発29,000円 <1名様1部屋>※通常旅行代金43,000円
■食事条件: 朝0昼1夕0
■最少催行: 18名(最大28名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
※1名様1部屋プランのお客様にはバス座席お一人様2席ご提供。
〜2名様1部屋プランは必ずお連れ様同士でお申込みください。
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■新宿駅西口07:30集合(18:00帰着予定)
予約状況
あと僅かで催行決定となります。宜しくお願いします。
※さらに地域共通クーポン6,000円が付保されます。
(クーポン配布開始時期が延期となった場合はその限りではありません。)
※新型コロナウイルス感染症の状況により受付条件が異なる場合があります。
※政府補助金事業のため、仮予約(仮押さえ)はご遠慮ください。
※取消料の基準となる旅行費用は2名様1部屋プランは40,000円、1名様1部屋プランは43,000円となります。
予約・資料請求

アオバト


 山地に棲むアオバトは、ミネラルを補給するため海水を飲みに来ることが知られています。そのピークは8月から9月と言われており、今回のツアーではその時期に合わせ、浜名湖で海水を飲むアオバトを見に行こうと思います。
浜名湖は大きな湖ですが海から海水が流れ込み、いわゆる汽水湖に当たります。アオバトが水を飲む地点は数ヶ所ありますが、朝早くから観察するため、午前中に順光となるポイントを選びました。しかも彼らの飛来場所は観察を行なう場所から近いため目の前をアオバトが飛び、肉眼でもアオバトの美しい緑色を良く見ることが出来ます。また、毎年ここには、アオバトを狙いにハヤブサが姿を見せています。地元の方が撮られたアオバトを狙うハヤブサの写真を見せて頂きましたが、話を伺うと、その距離が近いことに驚かされます。はてさて、今回もハヤブサが来てくれているでしょうか。アオバトを狙うハヤブサにも期待したいですね。
9月のこの時期はシギやチドリの渡りの時期でもあります。静岡県最南端の御前崎に立ち寄ってみましょう。ここは岩礁が広がり、その岩礁の上でトウネンやメダイチドリ、チュウシャクシギなどが餌を取っているでしょう。また砂浜が広がる場所ではミユビシギやキアシシギがいるかもしれません。またクロサギが見られる場所としても有名な場所ですので探してみましょう。移動途中にある池や田んぼを覗くと、関東では珍しいケリが普通に見られます。また渡りの時期ですのでクロハラアジサシにも期待できそうです。
野山の小鳥が見づらくなった時期、大磯とは少し違った環境でアオバトを楽しんでみませんか。皆さんに、大いに楽しんでもらえればと思いツアー直前には下見に行ってきます。ただ、9月は残暑が厳しい時期でもあります。干潟での観察も行ないますので、熱中症対策を十分に取って、もちろんコロナ感染予防策も取って2日間を楽しんでいきましょう。
                                  
バードガイド 中野泰敬

(出会いたい鳥たち)
キジ、アオバト、アマサギ、チュウサギ、クロサギ、アマツバメ、ケリ、ダイゼン、メダイチドリ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、ミユビシギ、トウネン、クロハラアジサシ、オオタカ、カワセミ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズなど

【行程】
■9月10日(木):新宿07:30=(新東名&東名)=袋井市大池=浜名湖周辺==18:00浜松市内(泊)
■9月11日(金):ホテル07:00=浜名湖周辺=御前崎=(東名&新東名)==18:00新宿