タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

【旅行代金が実質半額に!GoToトラベルキャンペーン対象ツアー】銚子でカモメウォッチング 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 12月21日(月)
UPdate:2020/10/21 更新
■(お支払い実額)東京発7,800円 ※通常旅行費用12,000円
■食事条件: 各自(予めご用意ください)
■最少催行: 15名(最大26名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
資料請求は受け付けておりません。
出発集合詳細
■東京駅丸の内口・東京海上日動火災ビル前08:30集合(19:00帰着予定)
予約状況
催行決定しました。残席3席、お急ぎください。
※さらに地域共通クーポン2,000円が付保されますので、実質5,800円とお買い得です!
※政府補助金事業のため、仮予約(仮押さえ)はご遠慮ください。
※取消料の基準となる旅行費用は12,000円となります。

■お取消料のご案内
12月11日(金)以降 :通常旅行代金の20%
12月14日(月)以降 :通常旅行代金の30%
12月19日(土)以降 :通常旅行代金の40%
出発当日旅行開始前 :通常旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 :通常旅行代金の100%
予約・資料請求

ミツユビカモメ


日本有数のカモメの飛来地、銚子漁港。ウミネコ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ユリカモメなど普段見慣れているカモメ類に加え、関東では珍しいシロカモメやワシカモメ、ミツユビカモメ、また日本では数の少ないカナダカモメなど、多くのカモメ類がここに集結。多い日には10種類ほどのカモメが確認されます。さて、カモメ類は年齢や季節によって羽の色が異なるため識別が苦手だという声をたくさん聞きます。だからこそ、多くの種類のいる銚子でじっくりと観察するのはいかがでしょう。何種類ものカモメを同時に見ることで、その違いが分かりやすくなります。先ずは成鳥から覚え、徐々に羽色の違う若鳥と覚えていけば識別ができるようになるでしょう。腰を据えて納得のいくまで観察、撮影してみましょう。
また、漁港内ではヒメウ、カンムリカイツブリ、アカエリカイツブリ、ハジロカイツブリ、ミミカイツブリなどのカイツブリ類、スズガモ、クロガモ、シノリガモ、ウミアイサなどのカモ類は常連で、海が荒れればアビ、シロエリオオハム、ウミスズメなどにも期待でき、さらに思いもよらない出会いがあるかもしれません。
冬の漁港は風の状況により肌寒く感じますので十分な防寒装備でお出かけ下さい。堤防上に並ぶカモメ類観察時は三脚使用の大型の撮影機材もご使用いただけます。
バードガイド:中野泰敬

(出会いたい鳥たち)
スズガモ、クロガモ、シノリガモ、ウミアイサ、ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、アカエリカイツブリ、カムリカイツブリ、アビ、シロエリオオハム、ヒメウ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、カナダカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミスズメなど。

【日程】
東京駅08:30➡銚子漁港周辺➡19:00東京駅