タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

【旅行代金が大幅割引に!GoToトラベルキャンペーン対象ツアー】撮影の旅 風連湖の海ワシとタンチョウ【14名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 1月29日(金)〜1月31日(日)
UPdate:2020/09/10 New!
■(お支払い実額)東京発92,000円 <2名様1部屋>※通常旅行代金120,000円
■(お支払い実額)東京発99,000円 <1名様1部屋>※通常旅行代金127,000円
■食事条件: 朝2昼0夕1
■最少催行: 10名(最大14名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
〜2名様1部屋プランは必ずお連れ様同士でお申込みください。
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■羽田空港11:30集合(16:35帰着予定)
予約状況
※さらに地域共通クーポン12,000円分が付保されます。ご予約はお早めに!
※政府補助金事業のため、仮予約(仮押さえ)はご遠慮ください。
※取消料の基準となる旅行代金はお二人1部屋120,000円、お一人1部屋127,000円となります。
予約・資料請求

オオハクチョウ


 毎年恒例の冬の道東への撮影の旅ですが、GoToキャンペーン実施期間に合わせ1月最後の3日間としたこのツアーでは少々コースを変更し、新たな撮影ポイントとして屈斜路湖を加えました。中標津空港近くの公園でフクロウを探したあとは真っすぐ屈斜路湖へ。ここは所々で温泉が湧き、湖が凍らない場所があります。そんな場所ではオオハクチョウが塒をとり、朝、いくつかの餌場に向かって飛んで行きます。湖畔近くの川湯温泉に1泊した後の朝食後には、その餌場で待ち受けオオハクチョウが飛んでくるのを待ちます。撮影場所の風景は人工物が全くなく、雪をかぶった山々を背景に美しい風景が広がります。全面結氷した屈斜路湖も美しく、気温がグッと下がれば周辺の木々は霧氷と化し、また一段と美しい風景が広がります。オオハクチョウの他にマガモ、カワアイサ、時にオジロワシが飛ぶこともあり、そのような鳥を美しい風景とともに狙っていきます。
 屈斜路湖の撮影が終われば鶴居村に行ってみましょう。2羽で鳴き合い、ダンスをし、飛行姿も美しい、もちろんタンチョウの撮影です。近くにはフクロウの塒の洞もあり、2羽で休んでいるシーンを期待しましょう。その後は霧多布岬へ。ケアシノスリ、オオワシ、オジロワシに期待です。そして霧多布港と花咲港では海ガモを狙っていきます。道東の港はコオリガモが多く、その他クロガモ、シノリガモ、ウミアイサ、ホオジロガモなどが狙えるでしょう。運が良ければウミスズメ類がいるかもしれません。
 そして最終日は風連湖を訪れます。風連湖ではオオワシ、オジロワシに餌をやっており、僅か50mほどの距離に100羽ほどのワシたちが集まります。魚を持って目の前を飛行、また魚の奪い合い、時にキタキツネが現れることもあり、1時間ほどの撮影が、あまりにも夢中になりあっという間に過ぎていきます。気が付けば3000カット撮影しているということにもなるでしょう。2月後半のような流氷船でのプログラムがない代わりに、風連湖で思う存分ワシたちを撮影していきましょう。
 お忙しい方々にもご参加頂きやすいように、週末利用の2泊3日で企画した新ツアー。厳しい寒さに生きる北海道の鳥たちの暮らしぶりを思う存分撮影していきましょう。
                                   バードガイド 中野泰敬

(撮影したい鳥たち)
オオハクチョウ、シノリガモ、クロガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、タンチョウ、ワシカモメ、シロカモメ、ウミスズメ、オジロワシ、オオワシ、ケアシノスリ、フクロウ、ミヤマカケス、シマエナガ、ゴジュウカラ、ハシブトガラなど

【旅行日程】
<1日目>羽田12:20(ANA377)14:00中標津➡屈斜路湖周辺➡川湯温泉(泊)
<2日目>川湯温泉➡屈斜路湖周辺➡鶴居村➡霧多布➡根室(泊)
<3日目>根室➡風連湖➡花咲漁港➡中標津14:40(ANA378)16:35羽田

※中標津空港発着はお受けしていません。また大阪・名古屋方面からご参加のお客様は羽田空港までの交通機関の予約は各自でお願いします。(GoTo事業規定に沿ったツアー運営にご協力ください)