タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

【旅行代金が実質半額に!GoToトラベルキャンペーン対象ツアー】撮影の旅 まるごと3連休 伊豆沼でガンを撮る!【12名様限定】《全員バス窓側席確約》 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 11月21日(土)〜11月23日(月)
UPdate:2020/10/06 更新
■(お支払い実額)くりこま高原発52,000円 <1名様1部屋>※通常旅行代金80,000円
■食事条件: 朝2昼0夕2
■最少催行: 8名(最大12名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■東北新幹線・くりこま高原駅1205集合(1815解散予定)
予約状況
残席僅かとなりました。
※さらに地域共通クーポン12,000円分が付保されます。
※野鳥誌10月号掲載の広告内容と若干異なっています。申し訳ございません。
※政府補助金事業のため、仮予約(仮押さえ)はご遠慮ください。
※取消料の基準となる旅行代金は80,000円となります。
予約・資料請求

シジュウカラガン


 宮城県北部に位置する伊豆沼と蕪栗沼は、ガン類の日本最大の越冬地になっており、その数は十万羽を超します。そのガンたちが織りなす光景は、一度は写真に収めたいと思う素晴らしい光景です。
 先ずは早朝の飛び立ち。東の空が茜色に染まり、朝日が昇るとガンたちが一斉に飛び立ちます。朝日を背景に飛び立つガンの群れの写真は年賀状にふさわしい一コマ。誰もが綺麗、美しい、素晴らしいと思ってくれるでしょう。その一コマに負けず劣らずの光景は夕方にも現れます。西の空が赤く染まる夕焼け空に、田んぼで休んでいたガンたちが沼に帰ってきます。沼に到着したガンたちは、沼の上空を一回り、二回りして沼へと降りていき、早朝とはまた違った光景が広がります。朝夕の伊豆沼・蕪栗沼では、風景的な写真撮影にチャレンジしていきましょう。このツアーでは朝のシーンが2回、夕方のシーンには3回チャレンジ出来ますので、きっと素晴らしいシャッターチャンスが訪れることでしょう。
 そして日中は、種類を追ってみましょう。伊豆沼・蕪栗沼には5種類のガンが飛来します。その多くはマガンですが、日中は田んぼで餌を取り、羽を休めています。また時には飛び立ち田んぼを移動。青空を背景に群れをなして飛ぶ姿を撮影したり、マイクロバスの中から近距離で撮影したりしてみましょう。ヒシクイはマガンと行動が少し違い、日中も蕪栗沼で過ごす個体が多く、蕪栗沼に出向けば近距離で撮影することができます。特筆すべきは他の3種類。シジュウカラガンは、現在数千羽が越冬しにやって来ています。毎年決まった田んぼで餌を取り、行ってみると一枚の田んぼにシジュウカラガンが群れている光景に出くわします。その光景も見事ですが、その群れに混じるように飛んでくる別の群れがいたり、時には一度に飛び立ったりすることがあり、そのような時には皆さんのシャッターの音が鳴りやまない、誠に素晴らしい光景です。かわいらしいカリガネも、毎年決まった田んぼで羽を休めており、見られなかったことはありません。しかし、いつもマガンの群れに混じっていて警戒心が強く、近づくのに苦します。ですが、皆で気を付けながら時間をかけ近づき何とか物にしています。撮影した画像を見ると、カリガネは本当にかわいく笑みがこぼれます。さて、人気のハクガンは毎年数羽飛来するのですが、どのマガンの群れに混じっているのかわからず、いつも苦労させられます。しかし、毎年何とか撮影していますが、どのくらいの距離で撮影できるかどうかはその時の運次第と言ったところです。
 ガン以外には、青空を舞うハクチョウも美しく、その他にベニマシコなどの小鳥類、チュウヒなどの猛禽類、タゲリやツルシギなどのシギ・チドリ類などの撮影に取り組んでいきます。そろそろ寒さが厳しくなるころです。ダウンジャケットや手袋など防寒対策の準備をしてご参加ください。
                                   バードガイド 中野泰敬

(撮影したい鳥たち)
ヒシクイ、マガン、カリガネ、ハクガン、シジュウカラガンオオハクチョウ、タゲリ、ツルシギ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ、ハヤブサ、ミヤマガラス、ベニマシコ、カシラダカなど

【旅行日程】
<1日目>くりこま高原➡伊豆沼・蕪栗沼周辺にて撮影➡ホテル(泊)
<2日目>終日、伊豆沼・蕪栗沼周辺にて撮影 ホテル(泊)
<3日目>伊豆沼・蕪栗沼周辺にて撮影➡くりこま高原

※東京方面からは下記の列車が便利です。お手数ですが各自にてご手配ください。
(大阪・名古屋方面からも東京駅乗り換えにてご参加可能です)
往路 東京0940➡大宮1006➡(やまびこ55号)➡1201くりこま高原
復路 くりこま高原1846➡(やまびこ64号)➡2046大宮➡2112東京