タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

ウミスズメ類に期待!春の大洗苫小牧航路 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 3月26日(金)〜3月28日(日)
UPdate:2021/01/19 更新
■大洗発20,000円
■食事条件: 各自
■最少催行: 10名(最大20名様)
■同行ガイド: 中村咲子
■添乗員: −
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■大洗フェリーターミナル22:20集合(19:30帰着)
予約状況
あと僅かで催行決定となります。
※GoToトラベルキャンペーン実施期間が延長となった場合、お支払い実額13,000円(+地域共通クーポン3,000円付)となります。
■取消料のご案内
3月6日(土)以降 :通常旅行代金の20%
3月19日(金)以降 :通常旅行代金の30%
3月25日(木)以降 :通常旅行代金の40%
出発当日旅行開始前 :通常旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 :通常旅行代金の100%
※弊社営業時間外又は弊社休業日にキャンセルのご連絡を頂いた場合は翌営業日扱いとなります。
予約・資料請求

エトロフウミスズメ


 3月の大洗苫小牧航路はウミスズメ類に期待!ウトウ、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、エトロフウミズスメをメインに観察します。とくに青森沖あたりで見られる可能性が高く、見渡す限りのウミスズメ類を観察することも可能。ぜひ皆様にもそんな感動的なシーンを体験していただきたいものです。
 エトロフウミズスメはいくつもの大きな群れになっていることが多く、群れになった黒い塊が蠢く様子は圧巻です。またウミスズメは船に驚き、船の手前からぷくぷくと湧いて出てくる様子も見所です。その中にコウミスズメも混じっていますので、期待しましょう。また過去のツアーでは観察頻度の少ないウミオウムも複数確認されていますので、ぜひ出会いたいものです。他にも愛らしい顔が人気のミツユビカモメやフルマカモメ、コアホウドリやクロアシアホウドリ、トウゾクカモメ類などにも会える季節です。岩手沖以南ではアビ類の観察が多くなり3種は観察できるかと思います。
 海生哺乳類との出会いは、キタオットセイが多く見られる時期ですので愛らしい姿が楽しめます。イルカは冷たい海に生息するイシイルカ、ザトウクジラにも会える可能性があります。3月の風はとても冷たく、長時間の観察は寒さとの戦いにもなりますので、暴風・防寒対策はしっかりとお願いいたします。

バードガイド 中村咲子

【出会いたい鳥たち】
ウトウ、ウミオウム、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、コウミスズメ、エトロフウミスズメ、フルマカモメ、ミツユビカモメ、オオミズナギドリ、コアホウドリ、クロアシアホウドリ、トウゾクカモメ、クロトウゾクカモメ、シロエリオオハム、オオハム、アビなど