タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

初夏の戸隠で夏鳥を満喫!【最大16名様】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 5月27日(木)〜5月28日(金)
UPdate:2020/12/23 New!
■東京発42,000円 <男女別相部屋>
■東京発45,000円 <2名様1部屋>
■東京発49,000円 <1名様1部屋>
■食事条件: 朝1昼1夕1
■最少催行: 12名(最大18名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
〜2名様1部屋プランは必ずお連れ様同士でお申込みください。
〜1名様1部屋プランには限りがございます。
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■新宿駅西口07:30集合(19:00帰着予定)
予約状況
※GoToトラベルキャンペーン実施期間が延長となった場合、割引価格となります。
■取消料のご案内
5月7日(金)以降 :通常旅行代金の20%
5月20日(木)以降 :通常旅行代金の30%
5月26日(水)以降 :通常旅行代金の40%
出発当日旅行開始前 :通常旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 :通常旅行代金の100%
※弊社営業時間外又は弊社休業日にキャンセルのご連絡を頂いた場合は翌営業日扱いとなります。
予約・資料請求

サンショウクイ


長野県の北部に位置する戸隠高原は、野鳥の宝庫ということで全国的に有名な探鳥地です。5月の新緑の頃には多くのバーダーが、ここ戸隠を訪れます。それは野鳥が多いというばかりでなく、野鳥との距離が比較的近いということも理由の一つでしょう。ワイバードでは、毎年秋に、ムギマキとマミチャジナイを狙うためにツアーを組んでいますが、久しぶりに新緑の時期にも、夏鳥狙いで組んでみました。
 さて、戸隠と言えば、欠かすことができないのが森林植物園。キビタキ、オオルリ、コルリ、クロツグミ、サンショウクイなどなど多くの野鳥が見られます。ミズバショウの園地ではオオジシギの姿もあるでしょう。コサメビタキが巣を作る様子もよく見られており、今回もタイミングがあれば見ることができるはずです。ニュウナイスズメも常連。姿形が似ているアオジ、ノジコの共演も見どころです。違いを見比べてみましょう。姿を探すのが難しいクロジも植物園で比較的探しやすく期待したいところです。カラ類やキツツキ類は森の常連。巣作りの様子や子育てをしている様子が見られるかもしれません。
 牧場や宿周辺のスキー場は広場や草地になっており、そのような場所はコムクドリやノビタキの環境。ホオジロやビンズイにも期待できます。そして空を見上げれば猛禽類の姿があるかもしれません。ノスリはもちろんですが、戸隠山周辺ではイヌワシを見かけることが少なくありません。オープンスペースでは常に上空にも気を配りたいものです。
 さて、戸隠と言って忘れてならないのがアカショウビン。かつては植物園内で繁殖し姿も見やすかったのですが、今は植物園の外で繁殖しているようです。偶然性が強いと思いますが、アカショウビンとの出会いにも期待しましょう。
 今回のツアーは東京からの一泊バスツアーになりますが、早朝探鳥もあり、充分に夏鳥を観察できるでしょう。是非とも多くの野鳥を育む戸隠の大自然を味わってみてください。徒歩での探鳥が中心になりますので、履きなれたシューズでご参加ください。
                         バードガイド 中野泰敬

(出会いたい鳥たち)
ツツドリ、ホトトギス、オオジシギ、イヌワシ、アカショウビン、オオアカゲラ、サンショウクイ、カケス、コガラ、センダイムシクイ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、コムクドリ、クロツグミ、アカハラ、コルリ、ノビタキ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、ニュウナイスズメ、イカル、ノジコ、アオジ、クロジなど

【旅行日程】
 1日目:新宿7:30➜戸隠牧場 ➜森林植物園 ➜宿
 2日目:早朝徒歩にて探鳥➜宿➜森林植物園 ➜14:00宿(昼食)➜ 19:00新宿