タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

撮影の旅 シマエナガと道東の海鳥【12名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 3月19日(金)〜3月22日(月)
UPdate:2021/02/27 更新
■東京発158,000円
■食事条件: 朝3昼0夕2
■最少催行: 8名(最大12名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
※3泊目のみ個室確約。1泊目及び2泊目は男女別の相部屋となります。
(1泊目及び2泊目の個室希望は承れません)
出発集合詳細
■羽田空港10:30集合(20:20帰着予定)
予約状況
ツアー催行中止となりました。申し訳ございません。
■取消料のご案内
2月27日(土)以降 :通常旅行代金の20%
3月12日(金)以降 :通常旅行代金の30%
3月18日(木)以降 :通常旅行代金の40%
出発当日旅行開始前 :通常旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 :通常旅行代金の100%
※弊社営業時間外又は弊社休業日にキャンセルのご連絡を頂いた場合は翌営業日扱いとなります。
予約・資料請求

シマエナガ


 今年は緊急事態宣言延長による自粛要請により、1月〜2月出発の道東ツアーが全て中止となってしまいました。そこで自粛期間明けに何とか代替えプランをと検討した結果、毎年恒例のシマエナガ撮影ツアーを3月中旬に企画することにしました。3月中旬ともなるとシマフクロウの出現が悪くなり、オオワシの数も減り、タンチョウも繁殖のため湿原に移動していってしまいます。そこで今回は、シマエナガの宿に2泊したあと、海鳥や小鳥を求め、漁港や岬を巡ってみようと思います。
 先ずはシマエナガ。宿の庭に餌台が設置してあり、餌台にはヒマワリと牛脂。ヒマワリにはハシブトガラやシジュウカラ、ゴジュウカラ、シメなどが訪れます。牛脂にはシマエナガはもちろん、アカゲラやコゲラと言ったキツツキ類が、加えて昨年まではオオアカゲラがやって来ていましたので期待したいところです。餌台に来る野鳥の良い点は警戒心が薄いこと。近距離での撮影が可能ですので、画像がとてもシャープに仕上がります。メインとなるシマエナガは、いくつかのグループで訪れるため2羽だったり、6羽だったり。昨年は30分おきぐらいにやって来ていましたので、何回も撮影チャンスが訪れました。まるまるたっぷり一日、その宿での撮影を考えておりますので、心置きなく撮影に取り組んでいきましょう。
 その後は漁港や岬を巡りコオリガモやクロガモ、ウミアイサ、カワアイサなどの海ガモやカモメ類を狙っていきます。北海道の漁港で見るカモ類は本州では少ない種類が多く、また距離も近いことが多いので撮影したという感覚が大きく残ります。カモメ類も同様で本州では少ないワシカモメやシロカモメが普通に見られます。3月には夏羽の個体も多くなり、真冬とは違い美しくなったカモメたちの撮影にも興奮することでしょう。その他にアビの仲間やウミスズメの仲間にも期待しましょう。
 岬では小鳥たちに期待です。3月は雪解けの時期になります。雪で隠れて木の実や草の種子などが現れ、道路脇でそれら路ついばんでいる小鳥たちが目立つようになります。どんな小鳥に出会えるか分かりませんがマヒワ、ベニヒワ、ハギマシコ、オオマシコ、ユキホオジロなどが頭に浮かびます。納沙布岬ではチシマウガラスに期待、霧多布岬ではケアシノスリに期待しましょう。そして野付半島ではコミミズクでしょうか。期待だけで終わらないことを祈っています。
 3月中旬ですが、北海道はまだまだ寒い日が続き、相当厳しい場合もあるでしょう。シマエナガの撮影では宿の庭での撮影ですので、寒くなったら宿に逃げ込みコーヒータイム、ということが可能ですが、漁港や岬ではそうはいきません。しっかりした防寒着をご用意してご参加ください。
                                      バードガイド 中野泰敬

(撮影したい鳥たち)
オオハクチョウ、クロガモ、シノリガモ、コオリガモ、ウミアイサ、カワアイサ、チシマウガラス、ヒメウ、タンチョウ、ワシカモメ、シロカモメ、オジロワシ、フクロウ、オオアカゲラ、アカゲラ、コゲラ、ミヤマカケス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、シマエナガ、ゴジュウカラ、シメなど

【旅行日程】
1日目:羽田11:15✈ADO077✈13:00女満別➜涛沸湖➜網走港➜弟子屈(泊)
2日目:終日、宿にてシマエナガ撮影 弟子屈(泊)
3日目:弟子屈➜野付半島➜走古丹➜花咲漁港➜根室(泊)
4日目:根室➜納沙布岬➜漁港巡り➜霧多布➜釧路18:30✈ADO074✈20:20羽田
■利用航空会社:エアドゥ

※大阪・名古屋からのお客様は下記交通機関にてご参加可能です。
(往路) 新大阪発07:00〜07:30頃、名古屋発08:00〜08:20頃の新幹線にて品川下車、京急にて空港へ 
(復路) 空港➡(京急)➡品川21:31➡(のぞみ265号)➡22:57名古屋➡23:45新大阪
〜新幹線は各自ご手配ください。
〜帰路は到着便の遅延に備え、当日のお求めをお勧めします。
(遅延の場合、名古屋までの新幹線は22:21発までございますが、大阪行きはありません)