タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

圧巻!有明海のシギ・チドリと諫早干拓 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 11月4日(木)〜11月6日(土)
UPdate:2021/10/12 更新
■東京発86,000円 <2名様1部屋>
■東京発89,000円 <1名様1部屋>
■長崎(佐賀解散)発54,000円 <2名様1部屋>                           
■長崎(佐賀解散)発57,000円 <1名様1部屋>
■食事条件: 朝2昼0夕0
■最少催行: 14名(最大24名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
〜2名様1部屋プランは必ずお連れ様同士でお申込みください。
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■羽田空港集合08:45(14:00帰着予定)
■長崎空港集合11:50(佐賀空港11:20帰着予定)
予約状況
東京発着は一旦お預かりとなります。お問い合わせください。
■取消料のご案内
10月14日(木)以降 :通常旅行代金の20%
10月28日(木)以降 :通常旅行代金の30%
11月2日(火)以降 :通常旅行代金の40%
出発当日旅行開始前 :通常旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 :通常旅行代金の100%
※弊社営業時間外又は弊社休業日にキャンセルのご連絡を頂いた場合は翌営業日扱いとなります。
予約・資料請求

ダイシャクシギとホウロクシギ


 シギやチドリの渡りが8月から始まっています。その多くは南の国で越冬しますが、日本で越冬する個体も少なくありません。しかも最近は温暖化のせいでしょうか、越冬する種類が増えてきたようにも感じます。さて、日本でのシギやチドリの最大の越冬地は有明海です。冬の九州縦断ツアーで訪れる佐賀県の東与賀干潟には、物凄い数のシギやチドリが越冬します。またズグロカモメやクロツラヘラサギ、ヘラサギが越冬し、ツクシガモも多数越冬していますが、このツアーの時期にはツクシガモは残念ですが、まだ飛来していないでしょう。しかし、この時期でも有明海の干潟活動する鳥の多さに驚かされることでしょう。しかも11月は、それら越冬組の鳥たちはもちろん、渡り途中のシギやチドリも羽を休めているはずです。珍鳥との出会いにも期待したいところです。更に11月上旬は、干潟に生育するシチメンソウが真っ赤に染まり、シギやチドリとの取り合わせは格別。絵になる写真が撮影できそうです。
今回のツアーは多くの鳥が期待出来る東与賀干潟を2日間に亘り観察しようとするものです。有明海の干潟をまだご覧になっていない方は、その広さ、そこで暮らす鳥たちの多さにびっくりされることでしょう。東与賀干潟の観察は午前中の満潮時がよく、このツアーも、ベストな汐の時間に合わせ出発日を設定しています。2日間しっかり観察し、その中から珍しい鳥との出会いにも期待しましょう。
潮が引くと広大な干潟が現れ、鳥との距離も遠くなってしまうため、観察は午前中に限られます。そこで午後は佐賀市内の公園でカササギを観察、撮影したり、干潟周辺の葦原でツリスガラなどの小鳥を探したりしたいと思います。畑や田んぼにはコチョウゲンボウがいるかもしれませんし、ミヤマガラスの群れに混じってコクマルガラスが見つかるかもしれません。
シギやチドリは識別が難しく嫌いだという方がおられますが、広大な干潟に暮らす物凄い数のシギやチドリの光景を見るだけでも感動ものです。普段、関東では少ないクロツラヘラサギやズグロカモメの数の多さも、場所が変わるとこんなにも変わるものだと実感できるでしょう。
さて、今回のツアーは、初日に諫早干拓でも観察を加えました。干拓地は広大な葦原と畑が広がり、畑にはタゲリや、早くもマナヅルの姿があるかもしれません。葦原ではチュウヒとハイイロチュウヒが狙いです。日中に舞うハイイロチュウヒの雄は本当に美しいものです。そして最大の狙いは、毎年1羽越冬しているナベコウです。探し出すのは難しいのですが、今回はどうでしょう。出会えるよう祈るばかりです。
有明海の干潟を中心に、公園、葦原、畑、池など、様々な環境を巡り、この時期に見られる九州の野鳥を見ていきましょう。満潮時を狙って観察しに行きますので、汚れても良い靴、長靴などがあると便利です。
                                  
バードガイド 中野泰敬

(出会いたい鳥)
トモエガモ、ナベコウ、ヘラサギ、クロツラヘラサギ、マナヅル、クイナ、ヒクイナ、タゲリ、ダイゼン、メダイチドリ、ミヤコドリ、ダイシャクシギ、ホオロクシギ、ツルシギ、アカアシシギ、コアオアシシギ、キョウジョシギ、ハマシギ、ニシセグロカモメ、ズグロカモメ、ミサゴ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、コチョウゲンボウ、カササギ、コクマルガラス、ミヤマガラス、ツリスガラ、ホシムクドリ、ニュウナイスズメなど

※旅行出発日は遠浅で知られる有明海の潮の満干に合わせて設定しています。

【旅行日程】
11月4日:羽田09:35✈SNA033✈11:40長崎空港=諫早干拓=鹿島市内(泊)
11月5日:鹿島=東与野干潟=佐賀森林公園=白石町=鹿島市内(泊)
11月6日:鹿島=東与野干潟=佐賀空港12:10✈ANA982✈13:45羽田空港

※関西方面からご参加の方は往路、JAL2573便(伊丹09:45発)またはスカイマーク141便(神戸09:40発)にて長崎空港へ、復路は佐賀空港からリムジンバスにて佐賀駅へ、佐賀よりJR利用が便利です。