タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

渡り途中の珍鳥を求めて!粟島3日間B班【12名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 5月6日(金)〜5月8日(日)
UPdate:2021/11/18 New!
■村上駅(新潟県)発60,000円 <2名様1部屋>                             
■村上駅(新潟県)発58,000円 <男女別相部屋>     
■岩船港(新潟県)発59,000円 <2名様1部屋>                  
■岩船港(新潟県)発57,000円 <男女別相部屋>
■食事条件: 朝2昼2夕2
■最少催行: 6名(最大12名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
〜2名様1部屋プランは必ずお連れ様同士でお申込みください。
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■村上駅09:15集合(15:15帰着予定)■岩船港10:00集合(14:35帰着予定)
予約状況
※コロナワクチン接種2回終了済みの方のみご参加頂けます。
※6日間コースと合同で実施します。(2コース合わせて12名様限定です)
■取消料のご案内
4月15日(金)以降 :通常旅行代金の20%
4月29日(金)以降 :通常旅行代金の30%
5月2日(月)以降 :通常旅行代金の40%
出発当日旅行開始前 :通常旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 :通常旅行代金の100%
※弊社営業時間外又は弊社休業日にキャンセルのご連絡を頂いた場合は翌営業日扱いとなります。
予約・資料請求

マミチャジナイ


日本海には小さな島が点在しており、鳥たちが渡りの中継地として利用しています。舳倉島や飛島がとくに有名ですが、新潟県沖に浮かぶ粟島にもたくさんの鳥たちが羽を休めに訪れます。2島に比べれば粟島は大きく、くまなく歩いて野鳥を探すことは困難ですが、宿から遠い場所は送迎車を利用し、その周辺で探鳥するというスタイルをとります。従って飛島ほど歩く距離はありませんが、歩かなければ見つからない鳥が多いのも事実。その時の様子を見ながらツアーを進めていきます。そして両島に比べての最大の利点は、何と言っても船の欠航率が少ないということでしょう。春は風が強い日が多く、数年前までは飛島へのツアーを行っておりましたが、欠航により島に渡れないことも度々あり、ご参加の皆さんにご迷惑をおかけしておりました。そのリスクがかなり減ることは嬉しいことです。
さて島の探鳥ポイントですが、先ずは北西に位置する岬周辺から。春、鳥たちはこの岬から北へ向かって海に飛び出していきます。ここは林と林に囲まれた畑が点在し、早朝から野鳥の鳴き声が響きます。また珍鳥に出会える確率が高い場所でもあります。天気が良くても悪くても鳥たちはまず岬へと集まって来る習性がありますので、例え雨に降られても数多くの鳥に出会えることでしょう。この岬から海の方へ下って行く車道は、林に囲まれ小鳥の出現ポイントになっています。キビタキやクロツグミ、ノビタキといった野鳥が出迎えてくれるでしょう。
もうひとつの探鳥ポイントは、小学校の校庭と後背地に広がる畑です。ここでも珍鳥がよく確認されており、特にホオジロ類が羽を休めている姿が見られます。コホオアカやシラガホオジロ、キマユホオジロといった珍鳥に期待しましょう。校庭は草地になっており、ツグミ類やムクドリ類、セキレイ類などが餌をついばんでいるに違いありません。
最後は弊社ツアーがお世話になっている宿の周辺です。ここは漁港、海岸、草地広場、畑、そして林と環境に富んでいます。ふだんあまりバードウォッチャーが来ない場所ですので穴場になるかもしれません。過去にはミヤマホオジロ、コホオアカ、ムネアカタヒバリ、マミチャジナイなどの珍鳥を観察しており、今回も、そんな珍鳥との出会いを期待しましょう。この時期はキビタキやオオルリ、センダイムシクイ、クロツグミなどの夏鳥とアトリ、ベニマシコ、ミヤマホオジロ、ジョウビタキ、シロハラなどの冬鳥が同時に見られる、まさに渡りのピーク時期です。今回は通常の3日間コースに加え、2本連続参加となる6日間コースもご用意しました。今回も多くの種類の野鳥が見られることを祈りましょう。
 また弊社では高速船ではなくフェリーを利用しますので、さらに欠航率が下がり、安心してツアーにご参加いただけます。海風がまだ冷たく感じられる時ですので、防寒着は忘れずにご参加ください。
                                      バードガイド:中野泰敬

(過去に出会った珍鳥たち)
ミゾゴイ、ヤツガシラ、ニシイワツバメ、ホシムクドリ、ギンムクドリ、カラアカハラ、マミチャジナイ、ノゴマ、ムギマキ、ムネアカタヒバリ、マミジロタヒバリ、シロハラホオジロ、コホオアカ、キマユホオジロなど

【旅行日程】
<5月6日>村上駅09:15集合=岩船港10:30〜(フェリー)〜12:05粟島(到着後島内探鳥)粟島(泊)
<5月7日>終日:島内探鳥 粟島(泊)
<5月8日>(出発まで島内探鳥) 粟島13:00〜(フェリー)〜14:35岩船港=15:15村上駅

<下記の列車が便利です>
往路:東京06:08➡大宮06:33➡(とき301号)➡08:12新潟08:22➡(いなほ1号)➡09:11村上
復路:村上15:51➡(いなほ10号)➡16:37新潟16:57➡(とき336号)➡18:35大宮➡19:00東京

※乗船場所の岩船港には利用者専用の無料駐車場がございます。港までマイカーで行かれる方は岩船港集合をお選びください。
※欠航率の低い航路ですが、波風の状況により出航時間が当日変更になる場合もございます。従って、帰路の切符は当日購入をお勧めします。