タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

渡り途中の珍鳥を求めて!与那国と石垣島【8名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
よく歩く(1日3〜5km) 4月2日(土)〜4月6日(水)
UPdate:2021/11/29 New!
■東京発186,000円 <2名様1部屋>
■東京発196,000円 <1名様1部屋>
■食事条件: 朝4昼0夕2
■最少催行: 7名(最大8名様)
■同行ガイド: 本若博次
■添乗員: −
〜2名様1部屋プランは必ずお連れ様同士でお申込みください。
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■羽田集合13:15(13:25帰着予定)
予約状況
このツアーは新型コロナウイルスワクチン2回接種済みの方限定となります。
■取消料のご案内
3月11日(金)以降 :通常旅行代金の20%
3月25日(金)以降 :通常旅行代金の30%
4月1日(金)以降 :通常旅行代金の40%
出発当日旅行開始前 :通常旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 :通常旅行代金の100%
※弊社営業時間外又は弊社休業日にキャンセルのご連絡を頂いた場合は翌営業日扱いとなります。
予約・資料請求

オオチドリ


日本の最西端に位置する与那国島は、この時期、春の渡りのピークとも言えます。ここは台湾から100qほどしか離れておらず、また、大陸に最も近いという地理的な特性から、本土では見られない珍鳥と言われる鳥が数多く通過していきます。そしてこれまで日本初記録の野鳥をたくさん輩出してきました。従って今回のツアーで見られた鳥が日本初記録の鳥となる、そんな可能性もあるわけです。考えただけでドキドキしませんか。島には林があり、海があり、池があり、水田があり、多様な環境を有しています。それだけに数多くの種類の野鳥が羽を休めにやって来るのです。
 さて与那国島で記録された珍鳥を列記したらきりがありませんが、多くの方が楽しみにしているのはヤツガシラとオオチドリでしょうか。毎年記録があり、かなりの確率で見られています。クロウタドリやクロジョウビタキ、ツメナガセキレイやマミジロタヒバリなどのセキレイ類、ツバメチドリやサルハマシギ、オジロトウネンなどのシギやチドリ、ベニバトやオウチュウなどは台湾からのお客様。今年はいったいどんな鳥たちに出会うことができるでしょうか。とにかく与那国島へ足を踏み入れなければはじまりません。運を天に任せることにしましょう。
 与那国島に行くためには石垣島に立ち寄る必要があります。この島は私のフィールド、毎日観察している場所です。カンムリワシやムラサキサギ、シロハラクイナなど本州ではお目にかかれない八重山ならではの鳥たちはもちろん、もしかしたら与那国以上の思わぬ出会いがあるかもしれません。どちらの島でもジャンボタクシーを利用しての観察、撮影になりますのでバスでは入れない奥深い道までご案内出来るかと思います。
                   
バードガイド・本若博次 
     
(出会いたい鳥たち)
シマアジ、アカガシラサギ、ムラサキサギ、シロハラクイナ、オオメヂチドリ、オオチドリ、セイタカシギ、オジロトウネン、サルハマシギ、ツバメチドリ、カンムリワシ、サシバ、オオノスリ、リュウキュウコノハズク、ヤツガシラ、シロガシラ、ギンムクドリ、カラムクドリ、コムクドリ、クロウタドリ、ツメナガセキレイ、マミジロタヒバリなど

【旅行日程】
(4月2日)羽田空港14:15➡(JAL973)➡17:25石垣空港=石垣島(泊)
(4月3日)ホテル=石垣空港10:05➡(RAC741)➡10:35与那国空港=島内探鳥=与那国島(泊)
(4月4日)終日:与那国島内探鳥
(4月5日)ホテル=与那国空港09:05➡(RAC742)➡09:35石垣空港=島内探鳥=石垣島(泊)
(4月6日)ホテル=石垣空港10:40➡(JAL972)➡13:25羽田空港
※遅めの集合、早めの解散のため、各地からのご参加が可能です。但し大変申し訳ございませんが、このツアーは羽田空港発着のみとさせて頂き、現地集合はお受けしません。(次回ツアーからは現地集合のみに致しますので、今回は何卒ご容赦ください。)