タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアーコース詳細
トップページに戻る ツアー一覧に戻る 前に戻る

撮影の旅 天上のホシガラスとレンジャク〜秘湯・高峰温泉ランプの宿(追加設定)【12名様限定】 写真撮影可能 初心者可能
あまり歩かない(1日2km以内) 3月8日(水)〜3月9日(木)
UPdate:2022/09/25 New!
■東京発59,000円 <男女別相部屋>
■東京発61,000円 <2名様1部屋>
■食事条件: 朝1昼0夕1
■最少催行: 9名(最大12名様)
■同行ガイド: 中野泰敬
■添乗員: −
〜2名様1部屋プランは必ずお連れ様同士でお申込みください。
〜1名様個室のご用意はございません。
〜詳しい資料はご用意いたしておりません。
出発集合詳細
■新宿駅西口08:00集合(19:00帰着予定)
予約状況
予約受付開始しました。
■取消料のご案内
2月15日(水)以降 :通常旅行代金の20%
3月1日(水)以降 :通常旅行代金の30%
3月7日(火)以降 :通常旅行代金の40%
出発当日旅行開始前 :通常旅行代金の50%
旅行開始後又は無連絡不参加 :通常旅行代金の100%
※弊社営業時間外又は弊社休業日にキャンセルのご連絡を頂いた場合は翌営業日扱いとなります。
予約・資料請求

ホシガラス


昨年、ワイバードとして初企画としてお届けしたこのツアー。好評につき、今年もご案内いたします。
先ずは碓氷峠近くにある小根山森林公園。管理棟の目の前に餌台があり、渡来が多い年では10羽前後のミヤマホオジロが訪れています。最近冬鳥の数が減り、ここ2年間は調子が悪そうですが、3年前には4月上旬までミヤマホオジロがいたそうです。今年も期待しながら、祈りながら訪れたいと思います。昨年は、餌台にヤマガラやシジュウカラ、アトリ、マヒワなどが来ておりました。年によってはオオマシコも来るそうなので、こちらも期待しておきましょう。
 小根山森林公園での撮影が終われば、一路、今回宿泊する標高2000mにある高峰高原のホテルへ向かいます。バスは宿の下の駐車場まで。そこから宿が所有する雪上車へ乗り換え向かいます。雪上車からの眺めも良く、雪上車に乗ることも含め、この体験をお楽しみください。さて宿にも餌台が設置してあります。コガラ、ゴジュウカラ、エナガ、カワラヒワ、シメ、アカゲラなどが訪れます。特筆すべきは、毎冬ホシガラスが訪れていること。標高2000mですから、3月上旬といってもたくさんの雪が積もっています。そんな雪景色の中のホシガラスですから魅力的です。更に、ホシガラスに混じってカケスもやって来ます。警戒心の強いカケスが目の前で見られるのですから、こんなうれしいことはありません。今からワクワクしてしまいます。存分に撮影していただきたいところですが、撮影が窓ガラス越しであるのが少々難点なところ。しかし角度を注意すれば問題なくきれいな写真が撮れます。また、餌台が2〜3mと近いので、短いレンズを1本用意するか、ズームレンズがあると便利でしょう。そしてこの宿の魅力は夜にも。鳥たちが休んだ後は動物の活動時間。テンやキツネ、タヌキ、時にアナグマが訪れます。日中のリスも含め動物にも期待しましょう。また、ランプの宿といわれる趣のある温泉もどうぞお楽しみください。
 実はホシガラスやカケスは、翌日の午前中がメインなります。チェックアウトまで餌台の鳥たちを楽しんでいきましょう。その後は、群馬県の公園でレンジャク狙いです。レンジャクの好むヤドリギが多く、あちらこちらの木に点在し、ヤドリギの多さにびっくりすることでしょう。昨年は残念ながらその数が少なかったので、今年は大いに期待したいところです。数ヶ所の公園を巡り、レンジャクを探していきますが、運が良ければトラツグミやミヤマホオジロにも出会えるかもしれません。
 3月上旬のツアーですが、特に標高の高い高峰高原は真冬の寒さと思ってください。しっかりした防寒着をご用意の上ご参加ください。特に雪の上を長時間歩くわけではありませんので、靴は履きなれたシューズが良いでしょう。
                                      バードガイド 中野泰敬

(撮影したい鳥たち)
アカゲラ、カケス、ホシガラス、エナガ、コガラ、ヤマガラ、エナガ、キレンジャク、ヒレンジャク、ゴジュウカラ、シロハラ、トラツグミ、アトリ、マヒワ、オオマシコ、シメ、ミヤマホオジロなど

【行程】
 1日目:新宿08:00➜小根山森林公園➜14:00高峰温泉(泊)
 2日目:高峰温泉09:30➜赤城山姫百合駐車場➜嶺公園➜大室公園➜新宿19:00