タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアー日誌トップ | 山本幸正の社長日誌 | HOME 
西の島 春の渡り山口県見島
関西縦断! 冬鳥バードウオッチング
『ミヤコドリに会いたい!安濃川河口と五主海岸』
『往復フェリーで行く 冬の九州』
米子水鳥公園&斐伊川河口
オオワシを求めて!奥琵琶湖
『コウノトリと城崎温泉』
『晩秋の佐渡ヶ島!トキの故郷を訪ねて』
『日帰り感覚で行く!諫早干拓とシチメンソウ燃える有明海』
『秋の白樺峠 サシバ&ハチクマの渡りと山の幸』
西の島 春の渡り山口県見島 (0)
2015 年 05 月 (1)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 02 月 (3)
2015 年 01 月 (2)
2014 年 12 月 (1)
2014 年 11 月 (1)
2014 年 10 月 (1)
2014 年 09 月 (2)
2014 年 08 月 (2)
2014 年 07 月 (2)
山本幸正の社長日誌
<<  2017年11月  >>
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
管理用
渡り鳥を求めて 春の粟島
拡大 拡大 拡大

左よりヤツガシラ、ツツドリ、オオルリ

【2015年5月2日(土)〜5日(火)】

岩船港より定刻通り、粟島へ向けて船は出発しました。天気は良好で波は静かでした。船内より海を眺めていると、海上を一羽の黒い鳥が直線状に飛んで行く姿が見えました。すかさず、双眼鏡で見ると、なんとトウゾクカモメだったのです。先に船外で観察されていた方の撮影画像を見ると間違いなかったので幸先良いスタートとなりました。粟島に到着すると、女将さんが迎えに来て下さって、宿で探鳥準備をして再び、探鳥を開始しました。
 まずは内浦方面の海岸沿いを歩きながら小学校や田畑を望むコースを選びました。歩き始めて数分後、鳥影を見つけて望遠鏡で確認すると、正面を向いたヤツガシラでした。とにかく交代で見てもらおうとしましたが残念ながらすぐに飛んでしまいました。しかし、飛んだ方向が学校のグランド方面だったので探しに行くと、やっぱりすぐに採餌しているところを確認できました。離島らしい鳥との出会いに参加者全員が釘付けとなりました。ヤツガシラを十分に満喫した後は、畑を中心に探鳥を開始しました。コムクドリ、カワラヒワ、ホオアカなどを観察したあと、今度は少し北の方へ歩きました。ツグミやアオジが非常に多く、地面で餌を取っている姿が見られました。
 5月3日
夜明け前に宿を出発し、島の北側にある展望台周辺やヘリポートを中心に探鳥を開始しました。アカハラ、クロツグミが囀っているかと思うと畑で、マミチャジナイが採餌していました。また歩き始めて太陽が昇り始めると、センダイムシクイとエゾムシクイがあちらこちらで囀り始め、木々を見るたびに飛び交っているのが見られました。2種のムシクイ類の渡りが入ったようでした。そうした、木々を注意して見ているとムギマキ、オオルリ、キビタキも姿を現しました。春の渡りを感じる一瞬でもありました。ヘリポートにて朝食を食べているとツツドリが鳴きながら私たちの正面に止まり、毛虫を一生懸命に食べていました。その後、宿に向けてゆっくり歩きながら、海岸沿いのウミウ、ヒメウ、イソヒヨドリを見ながら戻り、宿にて小休憩をしました。昼食前に少し、畑を見に行くとアカハラが草薮に隠れるようにして休息していました。昼食後は、もう一つの集落、釜谷地区へ出かけましたが、鳥影が薄く、すぐに引き返し、旗崎近くにある水場に出かけました。エゾムシクイ、センダイムシクイ、ウグイス、キビタキ、オオルリが入れ代わり、立ち代わりと夕方まで水浴びをしていました。
5月4日
前日と同様に、島の北側にあるヘリポートを中心とした探鳥となりました。アカハラの囀りは少なく、ムシクイ類2種はこの日も、よく囀っていました。カシラダカやアオジの群れが地上で採餌していました。コースを変えて展望台に向かう途中、コルリとキビタキがお互いに囀っていました。展望台に到着するとヒヨドリの100羽以上の群れが私たちの上空を乱舞して通過していた時は迫力がありました。宿に戻る途中、上空をサンショウクイがピリリッと囀りながら飛翔していきました。午後からは大雨となり、外に探鳥に出かけられず、宿の中で、ムシクイ類の識別、ブッポウソウの渡りやコウノトリの渡りなど話題提供しながら鳥談義をして過ごしました。ツアー中は探鳥中心になり、翌朝早いため夕食後はすぐに解散し、眠るため、こうした話題提供する時間ができ、有意義な時間となりました。
5月5日
最終日、前日の雨により、少し期待しながら島の北側の先端に向かいました。ヘリポートに到着するとツグミ類、特にマミチャジナイの姿をよく見かけました。その後は、カシラダカ、アオジの群れ、エゾムシクイ、センダイムシクイの囀りと姿が変わりなく楽しむ事ができました。畑に戻り変化を確認しましたが、ホオアカやアカハラの姿ぐらいで大きな変化は見られませんでした。その後は昼食を取り、穏やかな日本海を、岩船にむけて高速船は出発しました。帰りは日本海の夕日を眺めながら帰路に着きました。
                               バードガイド 久下直哉



  2015/05/05

西の島 春の渡り山口県見島
拡大 拡大 拡大

左よりアカアシシギ、コシャクシギ、アカガシラサギ

【2015年4月24日(金)〜26日(日)】

山口県見島へ向かう萩の港をいつも通りに出発すると、ハヤブサ2羽が飛翔し、私たちを見送ってくれているかのように、船上から感じました。見島本村港に到着すると、早速、探鳥準備を整えて、最初のポイント、田畑の広がる八丁八反へ向かいました。最初の畑にて、毎年4月下旬に渡ってくるノジコの小規模な群れ、ノビタキの雄と雌、そして、夏羽になったアトリを楽しみました。そして田んぼを見渡しながら道を進むとタヒバリが足元から飛び立ちます。さらに進むとシギの姿が見えました。飛ばさないよう、静かに近づいていくとアカアシシギがゆっくり田んぼに入っていたり、畦道で採餌していました。普段は、ゆっくり近距離で観察する事がないので時間を作りました。その後、ダムの上まで上がり本村全体を眺め、翌日の行程を話しながら宿に戻りました。宿では、海の幸がテーブルに溢れていました。

夜明け前に出発し、八丁八反のポイントで夜が明けるのを待ちました。ツバメやカワラヒワが囀り始めると辺りが、明るくなり、田畑にいるノビタキやノジコが前日と変わらず、確認でき、田んぼではアカアシシギ、アオアシシギ、タカブシギが姿を現し、私たちは、もう一つの集落「宇津」へ歩き始めました。途中、牧場にて朝食を取り、坂道を下って行くと、上空をサンショウクイが通過して行きました。集落に着いてすぐにタヒバリの群れに遭遇し、港へ歩き始めました。他のウオッチャーと情報交換し、キャンプ場付近を探鳥しました。するとカシラダカ、アオジが植え込みの中に入って行くのを双眼鏡で追いかけていると、キマユホオジロが1羽、姿を現しました。周辺を探しましたがその後は姿を現しませんでした。近くの田んぼでは、ウズラシギがタカブシギと一緒に見られました。その後、頂いた情報をもとに、牧場に戻ることにしました。すると、そこにはなんと、コシャクシギが2羽も姿を現したのでした。初めは見え隠れして観察しづらかったのですが、だんだんと見えるポイントまで近づいてきたのでした。本当にラッキーでした。
昼食後、休憩を取り、古墳群の海岸沿いよりチュウシャクシギや水田にてアオアシシギ、コアオアシシギの群れがありました。八丁八反の一番、奥のポイントで探鳥していると、これまた奇跡が起こり、アカガシラサギがふわりと舞い降りたのです。ブドウ色した夏羽のアカガシラサギが近距離で舞い降り、緊張しながら観察撮影することができました。

最終日は前日と同じように八丁八反からの探鳥開始です。クロツグミの囀りが遠くから聞こえ始めながら夜が明けました。最終日は、前日の牧場を目指して歩くコースを取りながら進みました。道中、カラスバトの声を聴いたり、突然、飛翔して行く姿を確認しました。3日目にしてやっと、オオルリの姿、センダイムシクイやエゾムシクイの囀りを聞きながらダムに戻ってきました。一旦、宿に戻ろうとしたとき、私の携帯に、連絡が入りました。なんと、船がエンジントラブルを起こし、本日予定している船が欠航という連絡でした。事実確認をした後、お客様に状況説明をした後、私は急遽、手配の確認を取り、お客様にはポイントにて探鳥して頂く事になりました。結果、思わぬ事態で延泊となり、1泊分多く、見島にて滞在しての帰宅なりました。この際、参加者の皆様に多大のご協力を得る事ができました。本当に有難うございました。また、ツアー中に情報交換をして下さったウオッチャーの皆様、ありがとうございました。
                               バードガイド 久下直哉

  2015/04/27

関西縦断! 冬鳥バードウオッチング
拡大 拡大 拡大 拡大

写真の左より、クイナ、ケリ、ルリビタキ、クロジ。

ワイバードでは初めての企画となった「関西縦断冬鳥バードウオッチング」は、米原駅に関東、東海方面からのお客様が集合し、スタートしました。始まった時はまだ、天気は曇りがちでした。湖岸道路を走り、車内では今シーズンの関西の冬鳥状況を紹介しながら、車窓より湖面に浮かぶ淡水カモ類を探鳥していきました。 
今回最初の目的は、湖北野鳥センターで見るオオワシの姿でした。2月下旬は北帰行の間近ということで少し、心配していました。センターに到着し、オオワシの存在を確認し、少し安心し、落ち着いて、いつも止まっている松の木に向けて歩き始めました。普段は、やはり「流氷と共に飛来するオオワシ」というイメージがあります。しかし関西では17年連続で湖北に飛来しているので関西のウオッチャーにとっては、あまり違和感がありませんがご参加頂いたお客様の中には不思議に思われていた方もあったようです。オオワシは、少し高い位置に止まっていましたが十分にスコープで観察する事ができました。ポイントまで歩く途中、「ケリケリッ」と鳴きながら2羽のケリが私たちを迎えるかのように飛翔しました。ケリは、関東では本当に極限られた地域のみの分布しかないため、珍しい種類に入ります。オオワシを満喫し、センターに戻ってくる途中でケリが止まっているところをゆっくり観察し、またセンターからはカワアイサ、残りわずかのマガン、オオヒシクイ、ホオジロガモを観察して南下し始めました。私たちが次に向かったのは京都御苑でした。
御苑には松林が多く林床でアトリ、ビンズイ、ツグミ、シロハラを見ながら、トラツグミを探しましたが今回は、出会えることはできませんでした。しかし上空を時々、アオバトの群れが飛んだり、水場にはエナガ、アトリ、ヤマガラ、アオジなどが水浴びに来る、シーンはとても可愛かったです。その後、陽が陰り始め、ホテルに到着し、京都の食材を使った和食のお店にて夕食を共にしました。
翌日は早朝より、雨の音が続きました。気持ちを切り替えて奈良平城京と奈良公園に向けて出発しました。平城京周辺での出会いたい鳥はアリスイ、クイナ、ヒクイナでした。しかし、残念ながらアリスイとは出会えずでしたが、クイナとは近い距離で出会えることができました。次のポイントは水上池でした。到着するといつもより見やすいポイントにオシドリの群れとケリの群れが見られ、みなさんも驚かれていたようでした。奈良は古墳のお堀にオシドリが数多く、非常に見やすいです。そして最後に奈良公園に向けて出発しました。公園に到着してすぐに春日大社近くでランチを取り、終了後すぐに芝生の大地に向かいました。アトリの群れが枯れ木の実っているかのように止まっては芝生の上で餌を取る行動を繰り返していました。そして春日大社に向かう途中、ルリビタキ雄成鳥に出会い、またクロジの10数羽単位の群れで動いているのを観察しました。春日大社でお参りした後、巨木林のある道を進みバスに戻り、探鳥を終了しました。
今回、実は、湖北のオオワシは、私たちが見終えた後に北帰行した事がわかりました。本当にこんなタイミングがあるのかなと、後から驚きました。見られて良かったです。また、雨の中でしたがクイナ、オシドリ、ケリとの出会いの距離感にも、きっと楽しんで、もらえたと思います。この度は、ご参加頂き誠にありがとうございました。

バードガイド 久下直哉


  2015/02/25

『ミヤコドリに会いたい!安濃川河口と五主海岸』
拡大 拡大 拡大 拡大

写真左よりミヤコドリ、コクガン、ホオジロガモ、ソリハシセイタカシギ。
【2015年2月14日(土)】

冬の日帰りバスツアーとして2月の定番「ミヤコドリに会いたい 安濃川」は人気があります。関西でも、まとまってミヤコドリガ見られるのは安濃川が代表的な探鳥地です。今回は安濃川だけでなく、五主海岸や急遽、探鳥ポイントを追加してっ少し珍しい鳥との出会いもありました。
 大阪駅を出発し、三重県安濃川に到着したのは10時過ぎでした。潮の加減もよく、すぐにミヤコドリの群れを見つけました。左岸側の岸に群れて休息していました。河川内にはホオジロガモの雌雄がディスプレイをしていたり、ハジロカイツブリ、ホシハジロが群れていました。時間が経つにつれて砂州が見え始め、そこにハマシギの群れとミユビシギの群れをゆっくり観察できました。2種が隣り合って波打ち際を走るため比較ができ、違いがよくわかりました。そろそろ次のポイントに向う瞬間、ミヤコドリが一斉に飛び立ち、私たちの目線の高さを飛び、より近い波打ち際に移動し、私達も一緒に移動しました。スコープで虹彩の色がはっきりと見えるぐらいの距離感で再び、観察をしました。虹彩の色合いで年齢がわかるからです。
 その後、五主海岸へ向かいました。目的はコクガンです。下見をした時は沖の方にいた為、どの位の近さで見られるか心配でした。到着して河口を望むと、なんと河口に向けて泳ぎ、そして最後に砂州ができたところにて羽づくろいをするまでのサービスでした。河川内にはセグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメが見られる中、遠くにズグロカモメ2羽が休息していました。またヨシガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、シロチドリも多く見られました。
 最後に今回、情報を得て、下見をした際に確認できたソリハシセイタカシギの探鳥ポイントに向いました。五主海岸から北上した河川で、私の鳥仲間より、午前中に「今日もまだいる」という連絡があった為、少し安心はしていました。現地に到着したら既に、観察されている方がいて、指差す方向にソリハシセイタカシギは見られました。初めて観察された方、秋の有明海に観察された以来という方もいました。でもいつみても、あの湾曲した嘴で採餌する姿は魅力あります。また飛翔した時の色合い、足の色あいにも魅力を感じます。ソリハシセイタカシギを最後に時間をかけてゆっくり観察していると、ウミアイサ雄1、雌3羽が姿を現しました。突然、騒ぎ始めたかと思うと、大きな魚の奪い合いが始まり、野生の姿を観察する事ができました。
 今回のツアーは天気も比較的、穏やかで、ミヤコドリ、コクガン、ミユビシギ、ウミアイサ、ソリハシセイタカシギなどといった、ツアーに参加された皆様と一緒に見たい種類が全て見る事ができました。また、私の鳥仲間にも協力を得る事ができ、効率よくポイントを巡る事ができました。ありがとうございました。次回、またツアーにて皆様とお会いできることを楽しみにしています。
バードガイド 久下直哉

  2015/02/14

『往復フェリーで行く 冬の九州』
拡大 拡大 拡大 拡大

写真左よりクロツラヘラサギとダイゼン、ダイシャクシギ、ホシムクドリ、マナヅルとナベヅル
【2015年2月6日(金)〜9日(月)】

これまで九州縦断ツアーとして企画していましたが探鳥するポイントの環境変化により、新たに探鳥ポイントを一部リニューアルして、夜行フェリーを利用したお手軽なツアーとなりました。
大阪南港を出発し、新門司港に朝5時半に到着し、佐賀県に向けて出発しました。有明海の干潟の満潮時間に合わせる為に、先に森林公園に向かいました。公園に着いて最初に、アトリとカワラヒワの群れを楽しみました。アトリやカワラヒワの雌雄や年齢の識別を、紹介しながらゆっくりとツアーは動き始めました。園内にはツグミやシロハラ、カラ類の混群、池にはオオジュリンがヨシ原ではなく、木に止まった姿で珍しく見られました。
 その後、再びバスに乗り、有明海に向けて出発しました。昨年、秋、ツアーに来た以来でした。干潟を見ると、まず最初にハマシギとツクシガモの半端ない大きさの群の固まりでした。次に見えてくるのはダイシャクシギ、クロツラヘラサギの群れです。ツクシガモの群れを観察していると、なんとアカツクシガモ1羽が確認されました。地元の方によれば、今日が初認だったようでした。少し興奮気味で全員が観察終えた頃に一斉に飛び立ってしまいましたが、その迫力はとても良かったです。
クロツラヘラサギも、最初は嘴を背に向けて休息をしていましたが、次第に採餌行動が、きっちり観察する事ができました。ゆっくり干潟を観察したい気持ちだったのですが最後にオオハシシギを確認して、バスは鹿児島県出水平野に向けて出発しました。
夕方、16時過ぎに東干拓に到着しました。側溝にいたタシギが田んぼに飛び戻る光景が見られながら、ポイントに到着して探鳥を開始しました。ナベヅルがファミリーで田んぼにて、採餌していました。周りにはタゲリが群れていたり、水のたまった田んぼにはツクシガモとヘラサギの姿、畔の上にはクサシギが休息していました。時々、小雨が降り、その後に虹が出ていました。そして宿に向かい、到着するとナベヅルとマナヅルの迫力ある塒入りが始まっていました。成鳥と幼鳥の声が入り交じり、シルエットながら印象に残る迫力ある塒入りでした。
翌朝、夜明け前後に一番の群れが飛び立ちましたが餌の時間になると戻ってきました。その後、改めて家族単位で分散して行きました。小雨が降ったり、止んだりしていましたがツルセンターの近くで、ホシムクドリとニュウナイスズメの群れを観察しました。センターのスタッフの方により、今シーズンの傾向や様子も解説して頂きました。その後は、東干拓を立ち寄り、私たちは北上し始めました。球磨川河口に立ち寄り、ハヤブサやオオタカ、カモ類の群れ、アオサギのコロニーを観察し、カワセミに見送られながら、門司港に戻ってきました。探鳥としては実質2日間でしたが探鳥地のポイントを絞り込んで種類も思っていた以上に観察できたことは、とても収穫となりました。鳥のインフルエンザという風評に負けないぐらいの素晴らしいツアーとなりました。ご参加頂いた皆様有難うございました。またツアーにてお会いしましょう。
バードガイド 久下直哉


  2015/02/06

  Next >

Y Bird All rights reserved.