タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアー日誌トップ | 山本幸正の社長日誌 | HOME 
渡り鳥を求めて 春の粟島
西の島 春の渡り山口県見島
関西縦断! 冬鳥バードウオッチング
『ミヤコドリに会いたい!安濃川河口と五主海岸』
『往復フェリーで行く 冬の九州』
米子水鳥公園&斐伊川河口
オオワシを求めて!奥琵琶湖
『コウノトリと城崎温泉』
『晩秋の佐渡ヶ島!トキの故郷を訪ねて』
『日帰り感覚で行く!諫早干拓とシチメンソウ燃える有明海』
西の島 春の渡り山口県見島 (0)
2015 年 05 月 (1)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 02 月 (3)
2015 年 01 月 (2)
2014 年 12 月 (1)
2014 年 11 月 (1)
2014 年 10 月 (1)
2014 年 09 月 (2)
2014 年 08 月 (2)
2014 年 07 月 (2)
山本幸正の社長日誌
<<  2019年11月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理用
『香港マイポとタイポカウ』
拡大 拡大 拡大

(写真 左から)アカガシラサギ、カンムリオオタカ、夜景

 「香港」と言うと、ひと昔前ほどでは無くなったものの、いまだに観光とショッピングの街としての色合いが強く、野鳥観察には向いていないと思われるのか、よく不思議な顔をされます。しかし、香港には東アジアを代表する干潟環境を有する米埔(マイポ)をはじめ、街中には九龍公園など素晴らしい探鳥地があり、日本から手軽に行くには最適の探鳥地のひとつと言えるでしょう。今回も移動を含め4日間という短時間ながら、90種類近くの野鳥と出会うことが出来ました。

記事全文 >>
  2009/11/14

『中野さんと行く!日光探鳥ハイキング』
【2009年11月4日(水)】

 紅葉の賑やかさが過ぎた晩秋の奥日光を訪ねる日帰りバスツアー。昨年までは10月下旬に行っていましたが、紅葉渋滞があり探鳥時間を削られてしまうため今年から11月上旬としました。奥日光の野鳥といえばキバシリの印象が強く、ゴジュウカラ、コガラ、そして警戒心の薄いカワガラスが思い出されます。今年はどのような出会いがあるでしょうか?

記事全文 >>
  2009/11/04

< Back

Y Bird All rights reserved.