タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアー日誌トップ | 山本幸正の社長日誌 | HOME 
渡り鳥を求めて 春の粟島
西の島 春の渡り山口県見島
関西縦断! 冬鳥バードウオッチング
『ミヤコドリに会いたい!安濃川河口と五主海岸』
『往復フェリーで行く 冬の九州』
米子水鳥公園&斐伊川河口
オオワシを求めて!奥琵琶湖
『コウノトリと城崎温泉』
『晩秋の佐渡ヶ島!トキの故郷を訪ねて』
『日帰り感覚で行く!諫早干拓とシチメンソウ燃える有明海』
西の島 春の渡り山口県見島 (0)
2015 年 05 月 (1)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 02 月 (3)
2015 年 01 月 (2)
2014 年 12 月 (1)
2014 年 11 月 (1)
2014 年 10 月 (1)
2014 年 09 月 (2)
2014 年 08 月 (2)
2014 年 07 月 (2)
山本幸正の社長日誌
<<  2019年12月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
管理用
『冬の山陰 中海と宍道湖』 
【2010年1月30日(土)〜31日(日)】

 「山陰地方」、「出雲」・・この響きから、どのような野鳥を連想されますか。この言葉からは「珍鳥」をイメージする方が多いようです。この地方に「珍鳥」と呼ばれる種類が多く出るのには、朝鮮半島に近いという地理的な理由が大きいようです。今年は各地で冬鳥が少ないようですが、果たして朝鮮半島の影響を強く受けている山陰地方はいかがでしょうか?

記事全文 >>
  2010/01/30

『魅惑の北インド マハラジャの野鳥保護区を訪ねて』
【2010年1月26日(火)〜31日(日)】

 1月26日:朝9時。私は成田空港から7名のお客様をお連れしてソウル・インチョン空港へ行き、関西空港からの8名様と合流することになっている。アシアナ航空は韓国の会社であり朝食から「牛肉キムチ炒め」とヘビーなのだ。

記事全文 >>
  2010/01/28

『中野さんと行く!初めてのコスタリカ』 
【2010年1月13日(水)〜21日(木)】

 1月13日:長い旅が始まった。しかも、今回は中野さんが一緒というだけで全体の雰囲気が違う。いつもと何かが違うムードの中、成田から約12時間でアトランタ。さらにアトランタから約4時間でコスタリカに到着する。しかし、そんな長い飛行時間も忘れ去るような感動が待っているのが憧れのコスタリカなのである。中野さんと行く初めてのコスタリカの始まりなのだ。

記事全文 >>
  2010/01/27

『ウミスズメに会いたい!鹿島灘海鳥巡り』
【2010年1月26日(火)】

 数ある日帰りバスツアーの中でも毎回苦戦が続いている、私にとっては一番気になる日帰りツアーがやってきました。そもそもこのツアーは漁港などで海鳥を観察するといった趣旨ではなく、かなり自然状態に近い外洋鳥を陸から観察するといった内容です。そのため基本的には鳥は遠く、また風や波の影響が観察結果にかなりの影響を及ぼすことから、リスクが大きいことは確かです。しかし今回はここまでの3年間、というか過去4〜5年間の下見時にも見たことがない光景を見ることができました。

記事全文 >>
  2010/01/26

『奥琵琶湖と若狭湾・三方五湖』 
拡大 拡大 拡大

(写真 左から)サカツラガン、ハクガン、ヘラサギ

【2010年1月23日(土)〜1月24日(日)】

 1月23日: 冬の奥琵琶湖。湖面に浮かぶおびただしい数のガン・カモ・ハクチョウの姿と共に、湖の西に連なる比良の連山、東に雪を被って聳える伊吹山など、水墨画を思わせるモノトーンの世界で、普段とは異なる鳥見をして頂きたいというのが、このツアーのコンセプトでもある。しかしながら、今年の琵琶湖は例年と少々様子が異なる。

記事全文 >>
  2010/01/23

  Next >

Y Bird All rights reserved.