タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアー日誌トップ | 山本幸正の社長日誌 | HOME 
渡り鳥を求めて 春の粟島
西の島 春の渡り山口県見島
関西縦断! 冬鳥バードウオッチング
『ミヤコドリに会いたい!安濃川河口と五主海岸』
『往復フェリーで行く 冬の九州』
米子水鳥公園&斐伊川河口
オオワシを求めて!奥琵琶湖
『コウノトリと城崎温泉』
『晩秋の佐渡ヶ島!トキの故郷を訪ねて』
『日帰り感覚で行く!諫早干拓とシチメンソウ燃える有明海』
西の島 春の渡り山口県見島 (0)
2015 年 05 月 (1)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 02 月 (3)
2015 年 01 月 (2)
2014 年 12 月 (1)
2014 年 11 月 (1)
2014 年 10 月 (1)
2014 年 09 月 (2)
2014 年 08 月 (2)
2014 年 07 月 (2)
山本幸正の社長日誌
<<  2019年12月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031----
管理用
『渡りの珍鳥を求めて!トカラ列島・平島』
拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

(写真上段左から)シロハラホオジロ、コルリ、カラアカハラ、キビタキ
(写真下段左から)キマユホオジロ、カラスバト、アカヒゲ、ミゾゴイ 撮影:石田光正様

【2010年4月30日(金)〜5月6日(木)】

 4月30日 夜、鹿児島港南埠頭に全員集合して、「フェリーとしま」に乗船する。明朝にはトカラ列島の平島だ。渡りの珍鳥たちのことを考えると興奮してなかなか寝付けない。いったいどんな珍鳥が待っているのだろう。しかし、ただ一点だけ気になるのは、「連休中は日本全国が高気圧にすっぽりと覆われて晴れになるでしょう」と気象予報士のおねーさんがノタマってたことである。

記事全文 >>
  2010/04/30

『渡り鳥を求めて!春の粟島  A班:B班』
拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

(写真上段左から)クロジョウビタキ、クロツグミ、カシラダカ、マミチャジナイ 撮影:中西榮子様
(写真下段左から)クロジョウビタキ、クロジョウビタキ、ウトウ 撮影:萩原崇夫様

【A班:2010年4月29日(祝)〜5月1日(土)】
【B班:2010年5月2日(日)〜5月4日(祝)】

 昨秋から始まった「新企画」の新潟県粟島に渡り鳥を探しに行く企画。しかし、ツアー直前になり飛び込んできたのは日本海側が強風で、粟島へ渡る船も出ないかもしれないという情報でした。この情報が真実とならないことを祈りましたが・・・・

記事全文 >>
  2010/04/29

『小鳥が渡る風の岬 竜飛崎』
【2010年4月28日(水)〜30日(金)】

 いよいよ春の渡りが本格的に見られる時期となりました。数ある国内ツアーの中でも夏鳥、冬鳥、珍鳥などを含む100種超えが期待できる大好評ツアーがこの竜飛崎です。今年は夏鳥の飛来が若干遅れ気味か?という中、さらには冬鳥たちが少なかった年の後はどのような様子なのか?などさまざまな楽しみがあります。出発前の天気予報は3日間を通してあまり芳しくない予報ですが、いったいどのような渡りの風景が見られるでしょうか?

記事全文 >>
  2010/04/28

『絶景立山!純白のライチョウを求めて』
拡大 拡大 拡大

(写真 左から)ライチョウ、ミサゴ、キジ 撮影:岩崎和男様

【2010年4月21日(水)〜23日(金)】

 4月21日:私の住む大阪では、花が開いた後にやって来た寒波のお陰で、長持ちしていた桜もすっかり散ってしまった。しかし、これから出かける立山は4月初めからの除雪作業が終わり、やっと高原道路が開通したばかり。春とは名のみの雪景色となる。狙いは勿論純白のライチョウである。

記事全文 >>
  2010/04/21

『中野さんと行く!ベストシーズンの奄美大島』 
【2010年4月17日(土)〜19日(月)】

 個人型ツアーではお馴染みの奄美大島。今回は久しぶりの団体ツアーとなりました。強烈に暑いこともなく、固有種たちも見やすく、そして渡りの野鳥たちにも期待できるベストシーズン。もちろん主役はルリカケス、オーストンオオアカゲラ、アマミヤマシギ、アカヒゲ、オオトラツグミといった固有種ですが、アマミコゲラ、リュウキュウサンショウクイなどの亜種も楽しめます。現地案内はお馴染み、高美喜男さんです。

記事全文 >>
  2010/04/17

  Next >

Y Bird All rights reserved.