タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアー日誌トップ | 山本幸正の社長日誌 | HOME 
渡り鳥を求めて 春の粟島
西の島 春の渡り山口県見島
関西縦断! 冬鳥バードウオッチング
『ミヤコドリに会いたい!安濃川河口と五主海岸』
『往復フェリーで行く 冬の九州』
米子水鳥公園&斐伊川河口
オオワシを求めて!奥琵琶湖
『コウノトリと城崎温泉』
『晩秋の佐渡ヶ島!トキの故郷を訪ねて』
『日帰り感覚で行く!諫早干拓とシチメンソウ燃える有明海』
西の島 春の渡り山口県見島 (0)
2015 年 05 月 (1)
2015 年 04 月 (1)
2015 年 02 月 (3)
2015 年 01 月 (2)
2014 年 12 月 (1)
2014 年 11 月 (1)
2014 年 10 月 (1)
2014 年 09 月 (2)
2014 年 08 月 (2)
2014 年 07 月 (2)
山本幸正の社長日誌
<<  2019年06月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
管理用
『ブッポウソウに会いたい!松之山温泉』
拡大

(写真)チゴモズ 撮影:笹原恒裕様

【2014年5月28日(水)〜29日(木)】

 日本にはさまざまな夏鳥たちが渡ってきて繁殖するのですが、その中には年々個体数を減らしている種もいます。今回はその代表種ともいえる深山に棲むブッポウソウに出会うために新潟の山奥に出かけます。例年、雨に降られることが多い時期ではありますが、今年は真夏のような晴天になるとのこと。雨の心配はなさそうですが、暑さ対策をしなくてはならない状況になりそうです。

記事全文 >>
  2014/05/28

『京都の秘境 芦生原生林バードウオッチング』
【2014年5月26日〜27日】

ワイバードでは初めてのツアー。原生林を歩く為、人数限定のツアーとなりました。関西中心のお客様だけでなく関東方面からご参加頂いたことに企画者として嬉しく思いました。 
さて探鳥の魅力は何と言っても運が良ければ、ある鳥2種(赤い鳥と白い斑の鳥)の姿が見られるか、囀りが聞こえるかということでした。

記事全文 >>
  2014/05/27

『初夏の戸隠高原ハイキング』
【2014年5月21日(水)〜22日(木)】

 夏鳥たちが繁殖地へやってきた頃に合わせて戸隠高原の森をハイキングする恒例のツアーです。戸隠の森は新緑がとても美しく、その美しい新緑の中でさらに美しい夏鳥たちの姿が楽しめます。また彼らのコーラスも素晴らしく、声を楽しみたい、声を覚えたいという方にも最適です。ただ、今回は出発前の天気予報があまり芳しくなく、出発時の東京駅もすでに雨模様でした。

記事全文 >>
  2014/05/21

『ベストシーズンに行く!バードアイランド三宅島』 
【2014年5月16日(金)〜18日(日)】

 魅力的な鳥たちが棲む三宅島へ、今年も梅雨を避けてベストシーズンに向かいます。三宅島は噴火後、緑が着々と回復しつつありますが、それでも野鳥たちが暮らす場所は南側に集中しています。要するにあちらこちらに行かずとも、特定の場所でほとんどの種が観察可能です。16日夜の竹芝桟橋はやや風がありましたが、週末の天気はまずまずとのことでした。

記事全文 >>
  2014/05/16

『飛島第2弾!〜夏鳥たちの渡来に合わせて〜』
【5月10日(土)〜12日(日)】

拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大

(撮影:名尾良英様)

10日、前日の飛島航路が欠航であったので、本日の出航状況に気を揉みながら酒田を目指していると、本日は無事に出航するとの連絡を受けて、まずは一安心です。飛島に到着したら、既に15時を過ぎており、本日は限られた時間での探鳥となるために、急ぎ足で小学校まで向かうと、校庭のサッカーゴールの上には直ぐにムギマキが現れて、その奥にはオジロビタキの姿もありました。
記事全文 >>
  2014/05/12

  Next >

Y Bird All rights reserved.