タイトルのFlashが埋め込まれています。
ツアー日誌トップ | 山本幸正の社長日誌 | HOME 
『秋の白樺峠 サシバ&ハチクマの渡りと山の幸』
『秋の福江島 ハチクマの渡り』
伊吹山のイヌワシとお花畑
『夏の富士山5合目 高山帯で暮らす鳥の水浴び』
『ブッポウソウに会いたい!吉備高原』
『おがさわら丸で行く! 硫黄島3島巡りと母島』
『宮古島 サンコウチョウとアカショウビンの水浴びに期待!(追加設定)』
『宮古島 サンコウチョウとアカショウビンの水浴びに期待!』
『大雪・天売・サロベツベストシーズン北海道』
『オオセッカとコジュリンとアジサシに会いたい!』 
『ブッポウソウに会いたい!吉備高原』 (0)
『おがさわら丸で行く! 硫黄島3島巡りと母島』 (0)
2014 年 08 月 (2)
2014 年 07 月 (2)
2014 年 06 月 (6)
2014 年 05 月 (9)
2014 年 04 月 (8)
2014 年 03 月 (3)
2014 年 02 月 (4)
2014 年 01 月 (9)
2013 年 12 月 (7)
2013 年 11 月 (6)
山本幸正の社長日誌
<<  2019年10月  >>
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
管理用
『ブッポウソウに会いたい!吉備高原』
【7月15日(火)】

拡大
(ブッポウソウ)

週間予報では雨と予報となっていて、心配されていた天気も晴れて、ツアー日和になりました。道中、工事渋滞があることが早めにわかり、少し迂回した行程で向かいましたが、到着時間には問題はありませんでした。バスの車内ではブッポウソウの雌雄の識別や越冬地を解明するためにどのような調査が行われているかなどを解説しました。
吉備中央町に到着すると、道の駅でブッポウソウを専門に研究されている黒田聖子さんと合流しました。ブッポウソウに関する最新の話題や現在、巣箱の中はどんな状況になっているかを、パネルを利用して解説をして頂いた後、探鳥に出かけました。
バスを安全に停車し、ブッポウソウの観察ルールに基づいて観察をしました。吉備中央町には多くの巣箱がかけられていますが、安全に観察できるところは限られています。黒田さんのお蔭で効率よく3つのポイントを巡ることができました。1つ目のポイントは、調査研究のために巣箱にカメラがセットされていました。中の様子をモニターができる為、ヒナの様子がよくわかりました。2つ目のポイントは、今回は偶然にも雛が巣から顔を出し、親鳥が巣立ちを促す様子も観察ができました。長年、このツアーに参加されている方によれば、巣立ち前のヒナの様子を初めて見たという声がありました。3つ目のポイントはブッポウソウが木々小枝に、私たちを見送るような感じで止まっていました。隠れスポット的な感じで観察できました。
最後に道の駅に戻り、地場産の産物を購入し、来年も素晴らしいブッポウソウの姿を見られることを祈りながら大阪に戻りました。ツアーにあたり、黒田聖子さん、野鳥の会岡山支部の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。また、この度は遠方からご参加頂いた皆様、初めてツアーにご参加頂いた皆様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

バードガイド 久下直哉
一般 | No.801 管理人 2014/07/15


Next > 『夏の富士山5合目 高山帯で暮らす鳥の水浴び』
Back < 『おがさわら丸で行く! 硫黄島3島巡りと母島』

Y Bird All rights reserved.