image  
image
<<  2017年04月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
管理画面はこちら
「ビンテージの会」を楽しむ。
 先週末、いつもお世話になっているお店「龍や」さんにて「ビンテージの会」が開かれました。リスト(写真)の通り、一番古いお酒は約20年前のお酒、新しいお酒でも5年前のお酒が揃っていました。店内で時々、お会いする方や過去にツアーにご参加して頂いた方と出会い、そんな私の他、メンバ−3名で色々と順番に時代を遡って、味を楽しんで行きました。明鏡止水、義侠、初亀、東一、駿、という順番で呑み比べて行きました。 色々と呑む度に20年前のは大学生だったなとか心の中で振り返り、味わいました。味わいは様々でしたがすぐに変化でするもの、時間を、おいてから変化するもの色々でしたが、お酒は本当に生き物だと感じた時間でした。
貴重なお酒を用意してくださりまた素晴らしい企画をしてくださった「龍や」さん、一緒に楽しませて頂いた3人の皆さまありがとうございました。

クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/07/26(Tue) 20:46:46

山陰地方のブナ林にて
先日、一度は訪ねてみたかった山陰地方のブナ林で、巣箱を利用するコノハズクを観察、撮影してきました。コノハズクは過去にバンディングにて出会ったり、囀りは聞く事はありますが今回は、昼間の眠りから夜の給餌、雛の顔出しまで楽しむ事ができました。また、道の駅でハチミツのテイスティングを楽しみました。花粉によって色々と味わいがあることを生産者の方から直接、話を聞かせて頂きました。
クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/07/26(Tue) 20:08:37

京都府下で見たアオバズク
ブログにてお知らせしたように京都へ、数日前に巣立ちしたアオバズクの様子を観察に出かけました。雛は既に巣穴から離れ、親鳥は安全な位置へ移動させていました。少し目立つ所に姿を現した雛を観察させて頂きました。観察中、カラスが雛へ対し騒ぎ立てたので親鳥がカラスを追い出す光景があり、親子愛を感じた一瞬でした。無事に渡って行って欲しいと思いました。帰りは新しいランチのお店を開拓して帰宅しました。
クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/07/21(Thu) 00:59:13

京都府下の河川敷
 近畿地方では梅雨明け宣言されました。夏本番という季節になりそうです。関西では祇園祭り、天神祭りが週末に開催されます。その頃、鳥はどうしているでしょうか?私たちの身近にいる夏鳥「ツバメ」は、ため池や河川敷のヨシ原にて塒を形成しつつあるでしょう。
私は7/19(月)に、京都府下にある河川敷のヨシ原で、ヨシ原の小鳥類を含めたツバメの塒の鳥類標識調査(バンディング)を手伝ってきました。ツバメの塒は、数もまだ出来上がり始めでこれからも増加して行くと思いました。放鳥したツバメはほとんど幼鳥でした。なかなか放鳥できないセッカの幼鳥を放鳥できた事が良かったです。
 明日はそろそろ、アオバズクの巣立ち雛が姿を現す頃ですので、観察に出かけようと思います。今年は何羽のヒナと出会えるか楽しみです。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/07/20(Wed) 00:26:08

ブッポウソウに会いたい 吉備高原
7月に入って、恒例の吉備高原におけるブッポウソウ日帰りバスツアーに行ってきました。毎年、大阪出発ですが、遠方からのご参加を頂いてるぐらい人気があります。吉備高原の地域には今、200個以上の巣箱が設置されているようですがどれだけの巣にブッポウソウが入っているかは私自身もわかりかねます。その為、毎年、現地にてブッポウソウの研究をされている黒田聖子さんに協力をして頂き、室内でブッポウソウの生態や渡りルートなどが解明されたことなどを、解説して頂いた後、効率よく観察コースを巡り、案内していただきました。巣箱の位置とバス停車の位置の距離も考えて観察しました。巣箱に出入りするシーン、飛翔する様子などゆっくり観察することができました。帰りは道の駅にて、新鮮な果物や野菜を購入して大阪に向けて出発しました。黒田さんを始め、地域の皆さんにも協力して頂きました。ありがとうございました。
*お名前と写真の掲載はご本人に許可を頂いています。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/07/13(Wed) 01:26:01


バードウォッチングならワイバード