image  
image
<<  2017年04月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
管理画面はこちら
秋のタカ渡り 箕面公園にて観察!
前日のタカ渡りウオッチングの余韻を残しながら、私は箕面公園聖天展望台に向かいました。 9時に到着し、15時頃まで観察開始。その結果、サシバが583羽、ハチクマが47羽の合計630羽の渡りを楽しむ事ができました。12時台の渡りは196羽。その内、41羽と62羽のタカ柱がありました。今日はタカ渡りだけでなく私自身がタカ渡りウオッチングを始めた1992年からの鳥仲間と共に一緒に、夢中になってカウントしました。(集合写真:掲載承認済)
24年前の同じ日の記録は、サシバ1,207羽、ハチクマ60羽でした。当時はネット社会ではなく、今の様にツイッターやライン等がありませんでした。だから、いつも、どこからどれだけ渡って行くかワクワクしていた事が懐かしいです。今日はどこからも情報を得ず、当時の事を思い出しながらタカ渡りを楽しみました。カウントに協力して頂いた展望台の皆さん、暑い中、ありがとうございました。

クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/09/27(Tue) 22:53:05

関西でタカ渡りウオッチング!
日曜から月曜にかけて関西各地で待ちに待った4桁越えのタカの渡りを楽しむ事ができたと思います。
私は昨日、初めて滋賀県にある岩間山に向かいました。現地へは調査員の方や京大野鳥研究会の皆さんと一緒に同行させて頂きました。お世話になりました。到着した当時はガスがかかり、その中を渡るタカの様子が見られましたが、時が流れるに連れて晴れ間が見え始めました。
約200羽単位で舞い上がって頭上近くを通過して行く事に感動しました。調査終了した結果は1,164羽でした。内訳はサシバ894ハチクマ270となっていました。他にチゴハヤブサやノスリ、小鳥類はショウドウツバメ、ハリオアマツバメが渡っていました。昨日は楽しいタカ渡りウオッチングでした!
クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/09/27(Tue) 08:12:18

コウノトリ放鳥11年と但馬のグルメ旅
 昨日、9月の初めに見た酒造りの映画「カンパイ」の舞台になった木下酒造(玉川)に酒蔵見学に有志で出かけました。DVDでの酒造り紹介後に試飲となりました。しかし、今回は私自身、運転者のため香りを楽しむのと酒粕の入ったソフトクリームでこらえていました(笑)。その後、久美浜湾で捕れた地魚でランチを楽しみ、コウノトリの郷公園に行きました。
 2005年9月24日にコウノトリが日本で初めて放鳥されました。現在、豊岡盆地には93羽が空を舞っています。あの日から11年経った同じ日の事を思い出しなからコウノトリを見ていました。
また、来年は酉年ということで私自身、大阪でイベントをする関係で、コウノトリ文化館にある展示物に興味があったのでスタッフの皆さんに色々とお忙しい中、話を聞かせて頂きました。ありがとうございました。
 帰り際に偶然にも松島興治朗さんと出会う事ができました。当時の事を少し振り返った後に記念撮影してお別れしました。昨日は本当に何とも言えない素晴らしい1日となりました。
クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/09/25(Sun) 16:05:10

鳥学会 アフターバードウオッチング
 鳥学会終了後の翌日、鳥仲間のT夫妻と一緒に支笏湖へ、バードウオッチングに出かけました。新千歳空港からバスを利用しました。現地到着すると秋らしい風が吹き、樽前山の溶岩ド−ムが見えていました。そしてポイントに到着するとキビタキ雄成鳥が迎えてくれました。その後、カラ類の混群が水場にやってきてコガラの水浴びを楽しみました。またヤブサメの姿も見られました。ランチは、ボリュ−ムある千歳バ−ガ−を頂きました。余裕をもって空港に戻りましたが、やはり搭乗予定の飛行機が欠航。何とか前倒しで乗り換えることができ少し早め帰宅となりました。今回は、ナチュラリーのO様に情報提供をして頂きました。ありがとうございました。
H P:ナチュラリー
http://www.naturally.co.jp/ohashi/

クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/09/24(Sat) 06:15:03

日本鳥学会2016 in北海道大学
9月16日から始まった日本鳥学会が、無事に終了しました。初日の自由集会から始まり、口頭発表、ポスター発表、シンポジウムと続きました。口頭発表では聞きたい内容が被っていたり、もっと詳しく知りたい内容があったり、ポスター発表では、知り合いの小学生の発表や多種多様な内容の発表を楽しみました。シンポジウムでは恐竜学と鳥類学のコラボで、今後は恐竜のこともイメ−ジしながら鳥を見ようという気持ちになりました(笑)。懇親会や物販コ−ナ−でも新しいご縁を得ることができました。
今回は500人を越す盛大な学会のようでした。運営スタッフの皆さん、楽しい時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました。
 また鳥学会中、札幌の味を楽しみました。やはりランチはラ−メンを2箇所行きました。夜はス−プカレ−や海鮮を楽しむお店に鳥味をしてきました。印象に残ったのはやっぱり、これでもかという勢いで掛け声と共にいくらをご飯の上に載せてくれる「つっけ飯」でした。一年分のいくらを食べた気がしました。

クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2016/09/24(Sat) 06:11:34


バードウォッチングならワイバード