image  
image
<<  2017年04月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
管理画面はこちら
2月の報告ご超体験学習 ゲストティーチャー
 神戸市内の小学校にて環境体験学習(3年生:3クラス)のゲストティ−チャ−としてお手伝いをしてきました。
 私の担当は「学校の回りにいる鳥」のお話でした。1校時に近くの公園にて耳を澄まして鳥の声を確認した後、教室に戻りました。2校時、3校時に、班分けをしたクラスをS先生と交代して担当しました。45名づつぐらい。
 子どもたちのいきいきと輝く目を向けられると、少し緊張しました。授業は、1校時に耳を澄ました時に聞こえた鳥の正体、兵庫県の鳥「コウノトリ」について、最後に、カラスのお話をしました。カラスについては声(CD)を流したり、頭骨標本を見せたりして、ハシブトガラス、ハシボソガラスの違いなどを紹介すると子どもたちが反応し、「カ−、カ−」「ガ−ガ−」一斉に鳴き始めました。
 また、骨を見せた時、恐竜の骨に似ていると子どもたちより、質問を受けたので恐竜と鶏の話を少しさせてもらいました。授業、終了後は灘五郷の酒蔵が見える教室で一緒に給食を頂きました。素晴らしい経験を作って下さったS先生、受け入れて下さった小学校の先生方、ありがとうございました。1人でも自然や鳥に興味をもってもらえる仲間が増える事を願います。とても楽しい時間でした。
*写真については全て許可を頂いています。
クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/02/22(Wed) 23:25:40

2月の報告B耋僂離弌璽疋Εッチャーと共に
日 時:2月18日(土)〜19日(火)
場 所‘邱遡酊傘燿大阪城公園
場 所京都御苑→平城京
担 当:久下&H氏
18日の土曜日から、御縁があって台湾から来日されたバ−ドウオッチャ−の方と過ごすことに。昼すぎに南港にて合流して探鳥を開始。鳥の種類が少なかったがミサゴの捕食を楽しみ、そして大阪城へ移動。ヒヨドリやホシハジロ、ニシオジロビタキ、トラツグミなどを夢中になって撮影されて楽しまれていました。夜は初めて雄琴温泉に泊まりました。
日曜日の午前中は京都御苑へ行きました。
  エナガ、シジュウカラ、コゲラの群れが、巡ってきました。地面にはビンズイ、アトリ、シロハラ、トラツグミ、セグロセキレイ、ジョウビタキの姿がありました。水場にはヤマガラ、ウグイス、近くでシメの姿がありました。台湾のウオッチャ−のお二人は観察と撮影に夢中でした。
  午後からは、平城京に移動しました。池やお堀ではオシドリ、トモエガモ、ミコアイサ、カンムリカイツブリを観察しました。草原ではホオジロを観察しました。台湾では珍しい鳥の一種で興奮されながら観察して撮影されていました。ヨシ原付近にはヒクイナが歩き、梅林ではアリスイを見て、案内を終了しました。次回は台湾でバードウオッチングをすること約束してお別れしました。
 2日間、海外の方に日本の鳥紹介することで、身近にいる鳥に改めて魅力を感じることができました。ありがとうございました。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/02/22(Wed) 23:18:57

2月の報告∧疹覽と奈良公園
日 時:2月15日(水)
場 所:平城京&奈良公園
主 催:鳥味くらぶ

小春日和の中、鳥味くらぶ主催のワンコインBWを平城京&奈良公園にて実施しました。アリスイ、ヒクイナ、トモエガモ、オシドリ、トラツグミ、クロジを全て確認することができました。同時に地面にいるヒバリやカイツブリの尾羽探しなど視点を変えてのBWを楽しみました。
確認種:53種
オシドリ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、アオバト、カワウ、アオサギ、ヒクイナ、バン、オオバン、トビ、カワセミ、アリスイ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、アトリ、シメ、イカル、ホオジロ、アオジ、クロジ、オオジュリン。
クリックにて拡大
日記   2017/02/22(Wed) 23:13:28

2月の報告‥契酳杠眦靴砲得疂祭
日 時:2月2日〜4日
場 所:天河弁財天
テーマ:節分祭
様 子:
 2月2日から2月4日まで、奈良県天川村にある天河弁財天で行われた節分祭にお詣りしてきました。2日に「鬼の宿」という神事が行われ、鬼(神)を迎え入れる準備が行われます。鬼は大いなる御宝をもち、全ての意識を越えて物事を正しく見るという古来からの信仰から「神」として崇め奉られ、翌日の節分祭においても、「鬼は内」「福は内」と唱えながら福豆を撒きます。
 3日には午前中に豆まきと護摩焚きが行われます。護摩焚きは奈良県大峰山と山形県羽黒山の山伏により行われました。夜は日本のアンビエント、トライバルシーンにおける先駆的存在である岡野弘幹氏による「節分年明け 音霊奉納」(世界の共存共栄と平和への願いを込めて)、演奏と素晴らしい演舞がありました。また今年は天川村で害獣駆除された鹿の皮を使ったメディスンドラム隊とのコラボがあり、ドラムの音と般若心境が響き渡ることもありました。こうした試みが日本各地に広がれば良いなぁと思いました。今回も演者の皆さんと同じ宿で泊まらせて頂きながら、色々なお話しを聞かせて頂きながら、また新しい御縁を頂きました。
 最終日の朝は春に向けての優しい太陽が輝いていました。3日間の神事を過ごさせてもらうことで、私自身も心をリセットし2017年の安全で素晴らしい自然や鳥との出逢いを祈りながら進んでいけるのではと思いました。ありがとうございました。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/02/22(Wed) 23:07:29

往復フェリーで行く九州探鳥地巡り 2/10〜13
 九州のツアーが終了しました。ツアーは、フェリ−を利用してゆっくりと、くつろぎある移動で門司に入港しました。しかし、大寒波の雪で高速道路があちこちと通行止め。乗務員と相談しながらベストな道を進み、お客様とコミュニケ−ションを取りながら、有明海の干潟に到着しました。
 渋滞の影響で、鳥を見たい時間を逃してしまったけれども、ツクシガモの群れやシギチの群れ、カササギ、ズグロカモメを楽しみ、最後はヘラサギが私たちを見送って来てくれるかのように飛んできてくれました。初日はどうなるかと思いましたが何とか探鳥することができたので安心しました。
 ツアー2日目は夜明けと同時にツルの塒立ちを観察。朝食後は周辺でミヤマガラス、コクマルガラス、ホシムクドリを観察。ツルセンタ−にて、今年の傾向を解説いただいた後、東干拓地へ移動。カナダヅルはとても見やすい位置で確認できました。昼食後は田んぼとヨシ原を探鳥。幸運な事にツメナガセキレイを見つける事ができました。初日は大変でしたがその分、2日目に満喫した探鳥ツアーとなりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/02/17(Fri) 23:42:47

平城京&奈良公園の冬鳥 2017年
 今日から2月ですね。酉年の1月は何種類、ご覧になっているでしょうか?私自身、湖北ツアー以外に九州に出かけたり、地元をウオッチングしたりして楽しんでいます。
 先日、私が主宰している「鳥味くらぶ」のワンコインBWの下見を兼ねて平城京と奈良公園に鳥仲間と一緒に行ってきました。朝はなかなかの寒さでした。最初の出会いは、ヒクイナでした。2羽の追いかけあいしている間に、割り込むクイナに驚きました。刈り取られたヨシ原にはアリスイが現れました。その後、水上池でミコアイサ、オシドリ、市バスを利用して奈良公園に移動。いつもの所でクロジを楽しみ、トラツグミを見て締め括りました。

確認種 45種
オシドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、クイナ、ヒクイナ、バン、オオバン、トビ、カワセミ、アリスイ、コゲラ、モズ、ハシボソ、ハシブト、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、クロジ、オオジュリン。                               
                                  観察日時:1月31日

クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/02/02(Thu) 02:36:05


バードウォッチングならワイバード