image  
image
<<  2017年04月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
管理画面はこちら
番組:はじめようバードウオッチング1
「はじめよう!バ−ドウオッチング1」というタイトルで番組をYoutubeにて流し始めました。番組制作は「野鳥生活」さんとコラボしました。まだまだ、始めたばかりで、得に台本は無く、環境ごとに、いつも私が鳥を探す時の目線や鳥との出会いの楽しみ方など少しでも伝わったら良いなぁと思います。緊張しながら話していますから聞きづらい所があると思いますがご了承下さい。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

「はじめよう!バ−ドウオッチング1」
https://youtu.be/RGKKzTQSXNA
クリックにて拡大
日記   2017/03/23(Thu) 23:59:55

コウノトリのヒナ誕生in徳島県鳴門
昨日から今日にかけて、コウノトリに関してのニュースが流れました。それは、徳島県鳴門市におけるコウノトリのヒナ誕生のニュースです。鳴門市における、コウノトリの繁殖は昨年、抱卵まで達していたのですが残念ながら失敗してしまいました。しかし、今年は町を挙げての保護、監視体制のもと、めでたくヒナが2羽誕生しました。
 大切な事は1971年に野生下で姿を消して以来、野外繁殖では兵庫県豊岡市一帯以外で初めてのケースになることです。いつの日か、この日がやってくることを期待していました。
 ヒナが巣立つまで、まだまだ時間がかかります。トビやカラスにヒナが狙われる可能性もあるので油断は禁物です。私も、ヒナの成長が落ち着いた頃に、鳴門へ応援に足を運びたいと思います。
*コウノトリ:♂豊岡市生まれ5歳:♀朝来市生まれ3歳
クリックにて拡大
日記   2017/03/23(Thu) 23:57:08

2年ぶりのコウノトリとの再会!
日 時:3月20日
場 所:滋賀県東近江市

日本生態学会から帰ってきた次の日、滋賀県東近江市へ向かいました。なぜなら兵庫県、福井県、千葉県からコウノトリの雌各1羽が同じポイントに集結しているという情報が今月9日に発信されたからです。観察されたポイントに到着しましたが、すぐには観察できませんでした。周辺の町民に尋ねると、「朝はいた」と言ってくれたので諦めず、探すこと1時間半、なんと、最初に発見された場所の近くの田圃に1羽のコウノトリを確認、発見しました。
  その個体は千葉県野田からの未来「みきJ0116」でした。私は、2015年に開催された放鳥式典にて出会ってからの再会でした。無事に関西で再会できた喜びと感動で涙がこみ上げてきました。すぐに関係する部署に連絡しました。この個体の移動距離や経過は野田市のHPにて発信されています。残り2羽とは時間切れで確認できませんでしたが無事に旅立ってくれている事を祈りながら帰路に着きました。一緒に探して下さった鳥仲間と情報交換に協力して下さったみなさま、ありがとうございました。
野田市HP
http://www.city.noda.chiba.jp/kurashi/oshirase/seikatsukankyo/1006581.html


クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/03/23(Thu) 23:53:19

淀川にてバードウオッチング
日 時:3月11日 時 間:11時〜17時
内 容:若手メンバーで淀川バードウオッチング
コース:毛馬〜中津〜海老江
観察種:45種
ヒドリガモ・カルガモ・オナガガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・ウミアイサ・カイツブリ・カンムリカイツブリ・キジバト・カワウ・アオサギ・ダイサギ・コサギ・クイナ・オオバン・ケリ・コチドリ・タシギ・イソシギ・セグロカモメ・ユリカモメ・オオタカ・チョウゲンボウ・モズ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ツリスガラ・ヒバリ・ヒヨドリ・ウグイス・ムクドリ・シロハラ・ツグミ・ジョウビタキ・イソヒヨドリ・スズメ・セグロセキレイ・ハクセキレイ・
カワラヒワ・ベニマシコ・ホオジロ・オオジュリン・ホオアカ・アオジ。
<様 子>
前日と先週の下見の結果、色々とバードウオッチングを楽しむ事ができた。少人数だったので、ムクドリ、ツグミ、ハクセキレイの年齢識別を楽しむスローバーディングを、実践しました。鳥の出具合は前日同様に、オオタカ、ホオアカが出現し、ゆっくり時間を取って観察した。ヨシ原に到着すると再び別個体のオオタカが2羽も出現した。そしてランチを始めかけた瞬間にツリスガラの声!聞こえてきた方向に双眼鏡を向けるとツリスガラの姿を発見!思わず「ツリスガラだ!」叫んでしまった(笑。
数羽の群れで飛んでいってしまったけど、出会いたいという気持ちが通じたのでうれしかった。環境が変わるごとに、ツグミやハクセキレイの雌雄の判定を楽しみながら歩きだすと海老江についたころにはスタートした時のツグミやハクセキレイに対する見方が変わっていた。一歩進んだバードウオッチングとなった。

クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/03/23(Thu) 23:48:17

ツグミの色違いとベニマシコ
先日、淀川を下流から上流に向けて、来週のイベントの下見を行いました。芝生の河川敷なため、ツグミが多く、ついつい撮影してしまいました。ツグミの色は様々です。でもそれが観察する楽しみですね。もうすぐ、ツグミとはお別れですが、今が一番きれいな姿だと思います。また近くで、ツグミだけでなくベニマシコとも出会いました。

クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/03/07(Tue) 01:25:57

酒蔵見学ツアーin兵庫県
日 時:3月5日
但馬の酒蔵を訪ねるツアーに参加しました。蔵元は竹泉という銘柄の田治米合名会社です。
創業元禄15年(1702年)からで、歴史ある蔵元さんでした。ここは一度、行きたかった蔵でした。
なぜなら酒米をコウノトリの育む農法を利用して栽培されているからです。ラベルも、地元の方が、コウノトリの四季を版画で表している、とてもユニ−クなラベルなのです。また、蔵のなかでは斗瓶に詰められたお酒にコウノトリの育む農法を利用と書かれていたのに感動し、味わいあるお酒を楽しんで帰ってきました。コウノトリは繁殖期を迎えました。今年は鳴門でヒナが誕生することを心から祈っています。
クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大 クリックにて拡大
日記   2017/03/07(Tue) 01:00:54

< Back   Next >

バードウォッチングならワイバード