image  
image
<<  2017年11月  >>
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
管理画面はこちら
第九回 トキの里 佐渡へ (10月29日)
 10月後半、ツアーが中止となり思わぬ休暇ができた。トキが野生に復帰した佐渡へ、一度は訪れてみたいと思っていたところ思わぬチャンスができた。秋の渡りの時期でもあり、粟島へ行ったばかりだったので、珍鳥との出合いも期待しながら訪れてみた。
 しかししかし、佐渡は大きい。飛島や粟島のようにはいかない。なかなか小鳥との出合いのないまま時間が過ぎていく。そんな時、林縁部から‘チッ’との声。地上をごそごそ歩いている鳥がいた。ミヤマホオジロである。気が付くとあっちにも、こっちにも。全てメスであったが、今シーズンの初認である。何かに出合うと次々に出合うもので、上空をマヒワ、アトリが飛んでいく。ハリギリの木にシメの姿も見つける。突然‘ヒーー’とレンジャクの声。上空を6羽の小群が飛んでいく。慌ててレンズを向け、かろうじて撮影できた画像を見るとヒレンジャク。一昨年、昨年とレンジャクの渡来が少なかっただけに、今シーズンは期待したいところである。
 さて目的のトキを探しに。その前にトキの森公園を訪れ、時の現状を訪ねてみた。現在300羽近い時が野生で暮していること。日本には飼育下のトキを併せると400羽のトキがいることなどを教えてもらった。さて野生のトキを探しに、水田地帯を車で走らせる。何とトキはすぐに見つかる。300羽の威力である。ひたすら地面をつつき、餌を探している。歩きながら地面をつつく様子に、何となくヤツガシラを思い出してしまう。再び車を走らせると、偶然地元の方の巡り合いトキの塒を教えてもらった。まだ塒入りには時間があったが、10羽ほどのトキが飛んで来た。時間は3時過ぎ。この時間帯は塒に入ったり、また出ていったり。そんな行動が見られるらしく、良い時間に地元の方に出合えラッキーであった。
 塒には2羽、4羽、また2羽とパラパラ戻ってくる。塒立ちもパラパラで、ペアーや小さいグループが、思い思いの場所へ飛んでいくようであった。日中もよく飛び回り、田んぼから田んぼへ餌場を変え動き回っている。意図して飛び回っているのか、それとも何かに驚き、仕方なく移動しているのかわからないが、飛んだ時の美しさは何とも言えず、オレンジがかったピンク色は、まさにトキ色としか表現できない妖艶な色だった。
 ‘いつでも来なさい。連絡してもらえればいつでも案内しますよ!’と、トキの森公園の方も、突然お会いした方も、佐渡の方はとてもとても親切で、このような方たちにトキは見守られているのである。いつの日か、日本国内どこでもトキが見られる日が来るのかもしれない。

 唐突ながら、11月中旬に‘季節とフィールドから鳥が見つかる’という本を文一総合出版より出版します。どの季節に、どのような環境で、どこを探せばお目当ての鳥が見つかるか!というガイド本です。以前‘1年で120種類の野鳥に出会える本’を出版しましたが、今度は1年で240種類とグレードアップです。アマゾンで予約を開始しましたので、アマゾンのホームページを是非ご覧ください。


クリックにて拡大 クリックにて拡大
[啀鑄瑤捻造鮹気好潺筌泪曠ジロ
△ろうじて写っていたヒレンジャク
クリックにて拡大 クリックにて拡大
E弔鵑椶侶佑捻造鮹気好肇
げ燭にびっくり!突然飛び立つトキの群れ。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ピ余絛を飛ぶトキ
ζ輿各上近くを飛んでいき、時も私もびっくり。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д肇を探している時、ノスリの姿がよく目に着いた。
11月中旬発刊。よろしくお願いします。

日記   2017/11/08(Wed) 09:21:37

第八回 台風の後で (10月24日)
 日本列島は超大型の台風21号に見舞われた。海沿いでは高潮の影響が大きく、各地で道路の冠水被害が起こった。私の住んでいる相模原市内でも、避難勧告の放送が何回も流れたが、幸いにも被害が出ることはなかった。さて台風が来ると、台風の風に運ばれ珍しい鳥がやって来るのではないかと、被害者を横目によこしまな考えが頭の中を支配する。台風が去った24日火曜日、船橋海浜公園三番瀬へ出かけてみた。干潮時間は12時半ごろだったので、先ずは葛西臨海公園に立ち寄る。池ではチュウ サギの姿、池の脇のコスモス畑にはノビタキの姿、上空に目をやればヒヨドリの大きな群れが西へと渡って行く様子があり、秋ならではのシーンをそこかしこで目にすることができた。
 9時、三番瀬へ移動すると、少しずつ潮が引いていくところであり、杭や網の上でハマシギやダイゼンが干潟が現れるのを待っている状態であった。泥地の範囲が徐々に広がりハマシギの群れがやって来た。現れた干潟は、まだまだ陸地に近いため、我々の目の前で餌を取る。三番瀬というとミヤコドリが有名だ。今来てくれると目の前で見られると思いきや、ミヤコドリは一向にやって来ない。やっと来た!と思ったら、たったの2羽。今年はまだ来ていないのか、と思った瞬間大きな群れが飛んで来た。3か所、4か所の分かれ餌を取る。ざっと200羽くらいはいただろうか、これでこそ三番瀬である。
 さて、台風に運ばれた珍鳥はいないかと探し歩いたが、この台風で運ばれた鳥はいなかったようえだる。しかしハマシギ以外にもトウネン、オオソリハシシギ、オバシギ、コオバシギ。チドリ類ではダイゼンとシロチドリのお馴染みさん。時折ハヤブサ、チョウゲンボウが飛びシギ・チドリ類が逃げ惑う。そのときの群飛は素晴らしかったが、しばらく姿が無くなるのは困りものだった。
 珍鳥は見られなかったものの葛西ではノビタキやヒヨドリの群れが渡って行く様子や、上空をビンズイやタヒバリが鳴きながら飛んでいく様子が見られ、三番瀬ではお馴染みさんながらもたくましく生きる鳥たちの姿が見られ、良い一日を過ごすことができた。家に帰ると、感染症にかかり学校を休んでいて三男の息子が、ジョウビタキが来てたよ!と一言。今シーズンの初認を息子に取られてしまった。翌日には私も鳴き声を聞き、姿も見た。今年もまたまた雄のジョウビタキ。いつもの個体だろうか。さあ、冬鳥シーズンの到来である。


クリックにて拡大 クリックにて拡大
.離咼織、まだいたか!と笑みがこぼれる
∈Fはいくつものヒヨドリの群れが西へと渡って行った。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
L椶料阿捻造鮗茲襯魯泪轡
せ折見事な群飛を見せてくれる
クリックにて拡大 クリックにて拡大
セ鞍崟ヌ省ミヤコドリ
最初にやって来た2羽のミヤコドリはとても仲良し
クリックにて拡大
Д灰バシギ(手前)とオバシギ(奥)、一緒にいればその違いがよくわかる


日記   2017/10/30(Mon) 11:35:13

第七回 日本海に浮かぶ島粟島 (10月10日)
 新潟県村上市からフェリーで1時間40分、粟島へ着く。石川県の舳倉島や山形県の飛島と同様、渡り鳥が通過していく島ということで有名だが、島の大きさが両島より大きく、また島のほとんどが山林のため入れない場所も多く探鳥しづらいという理由もあるだろうか、バーダーの数は少ない。そんな粟島へ10月の3連休訪れてみた。
 お昼過ぎに島へ着き、さっそく探鳥開始。夜から朝にかけ雨が降っていたらしく、所々に水溜りができている。雨降りの後は鳥たちが羽を休めている。期待を持って鳥を探したがほとんどいない。声すらない。海岸沿いの草地でようやくノビタキ1羽が目に止まった。夕ご飯まで、まだまだ時間はある。ひたすら歩くと今度は‘チッ’と鳴きながら上空を飛び回るホオジロ系の鳥が。双眼鏡を当てても何が何だか。双眼鏡からカメラに持ち替えパシャ。写真判定に持ち込むとシラガホオジロと判明。記録として残るが見た気にならず、地上に降りていないか探すと再び‘チッ’先ほど飛び回っていた‘チッ’と少し違う。どこだどこだ!双眼鏡で必死に探し、ようやく捕えた鳥はコホオアカであった。更に‘チッ’、あっちでも‘チッ’。しかし皆、草地の中にもぐりこんでいるため姿が見つからない。秋の探鳥の難しいところだ。そろそろ宿へ戻ろうかと思った瞬間、電線に止まっているツツドリを発見。少しずつ近づくが逃げる気配がない。どうやらお疲れのようだ。皆でしっかり確認し初日は終わった。
 2日目。昨日1羽しか目に止まらなかったノビタキの数が増えていたが相変わらず鳥影が少ない。あまり成果がないままお昼ご飯に突入。午後に期待し山の方へ。すると数羽の小鳥飛び交っていた。コサメビタキである。周りを見渡すとあっちでも飛び交い、6羽以上はいただろうか。少し脇道に入ると、今度はサメビタキが。こちらも6羽以上。一緒に渡って来たのだろうか。コサメ、サメときたら、もう1種類。いたいた!エゾビタキ。こちらは1羽しか確認できなかったが、サメビタキ3兄弟をゲット。2日目の締めくくりとしては上出来であった。
 そして最終日。この3日間で最も天気がよく、朝から小鳥たちが動いている。山の稜線を双眼鏡で見てみると、小鳥の群れが次々と西へ渡っている。相当な数の鳥が島に入っていたことを思い知らされた瞬間であった。しかし何の種類かわからない。飛んでいる鳥より止まっているを探そうと周りを見渡すと、電線にホシムクドリが。早朝は1羽だったが、午後には2羽になりじっくり観察。畑を歩いていると参加者の一人が‘何か飛んで来た。望遠鏡貸して!’と、畑向こうの杉の横枝に望遠鏡をあわすと、そこにはムギマキの姿が。‘よく見つけたね’と皆の顔がほころぶ。しばらくすると今度は黄色い物体が目に飛び込んできた。コウライウグイス!と叫んだが、すぐさま竹藪の中に隠れて行った。見たことは見たが、本当にチラッ。また出てくるかもしれないと、しばらく待ったが残念ながら。朝食後は、昨日見たサメビタキの場所へ行くと。相変わらずあちらこちらでホバリングをして虫を取っている姿があり、時折オオルリが来たり、ムギマキが来たり。同じような仲間は集まってくるものである。
 今回、数としてはあまり多くなかったが、徐々に渡りの島らしくなり、珍鳥も数種類確認できた。島は訪れて見なければわからず、当たるも八卦当たらぬも八卦、博打のようである。しかし当たった時には強く印象に残り、毎年のように出かけてしまうのだろう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
‥点で羽を休めるツツドリ
▲船辰寮爾如△茲Δ笋見つけたコホオアカ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
数は編づ尾があったものの、毎日目にしたノビタキ
ぅ▲肇蠅侶欧譟これからどんどん渡ってくるだろう
クリックにて拡大 クリックにて拡大
トがあればどこにでもいたヒメアカタテハ
Δ犬辰り観察できたサメビタキ。よく鳴いていたな!
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д汽瓮咼織と同じ場所に現れたムギマキ
┥学校の校庭で餌を取るホシムクドリ


日記   2017/10/13(Fri) 09:44:38

第六回 白樺峠 (9月25日)
 タカの渡りで有名な白樺峠へ行ってきた。最初は敬老の日を含めた三連休で。二度目は翌週の土日。三連休では台風の上陸と重なり、全く飛ばないかもしれない!そんな心配をしながら訪れた。先ず16日は、乗鞍の畳平へ。雨が降ったり止んだりの天候であったが、不思議と鳥を見ている時は雨が止みホシガラスやライチョウを楽しめた。ホシガラスは、ハイマツの実をくわえては中から種を取り出し口の中に蓄え、そして飛び去って行く。秋の貯食行動である。今年はハイマツの実が豊作で、ホシガラスの数が多い。あっちにも、こっちにも解体された松ぼっくりが山のように積まれていた。ライチョウは遊歩道脇に雌一羽、ヒナ一羽の親子連れが現れ、30分以上も見ていただろうか。翌週のツアーでも、恐らく同じ親子が現れ我々が見ていると、観光客が集まり出し人だかりができてしまった。しばらくするとその人だかりの間を通り、遊歩道を渡り反対側の斜面へ歩いて行ったが、親鳥はヒナが心配で気が気ではなかった様子が手に取るようにわかった。ヒナが生まれた時は5羽も6羽もいただろうが、今年は1羽だけが残ったのだろう。自然界の厳しさである。
 二日目は台風の影響で雨降りの一日で、早々に白樺峠での観察はあきらめた。しかし探鳥ができないほど激しい降りではなかったので、宿の周りを歩いた。エゾビタキが5・6羽見られ、秋の実の代表種であるミズキの実をついばみにやって来ていた。イカルは30羽ほどの群れが見られ、地上で桜の種を食べていたり、モミジの種を食べているシーンに遭遇した。その他キビタキやオオルリ、ヤマガラ、ゴジュウカラなど種類はそう多くはなかったが、小鳥も楽しむことができた。翌週も、早朝宿の周りを歩いたが、エゾビタキはチラッと姿を現しただけで西へと飛び去ってしまった。天気が良かったので渡って行こうとしていたのだろう。
 いよいよ最終日の18日。台風も去り‘もしかしたら’との期待も膨らんだが、朝から弱い雨が降る。白樺峠の高みの広場は霧で遠くが見渡せない。しかし11時をまわると霧が晴れてきた。するとツミとハチクマが飛びだした。林の中で天候が回復するのをじっと待っていたのだろう。台風の吹き返しの風が強く、タカたちは高く高く舞い上がってしまったが、時折低く頭上を通過するハチクマ、谷を低く通過するハチクマがいて‘今のは雄だったね、尾羽の2本線がはっきり見えたね!’と自身で識別できた喜びに浸る方もいた。サシバの数は少なかったものの、それでも50羽ほどのタカが見られ、少なかっただけにマツムシソウの蜜を吸いに来たクジャクチョウやルリタテハなどのチョウも見られ白樺峠を楽しむことができた。‘来てよかった!’という参加者の声に、台風が来るのが分かっていて参加いただけたことに感謝するばかりであった。タカが全く飛ばないことも予想されただけに。ゼロではなかったことに、とにもかくにもホッとした。
 一方、翌週の日曜日24日はというと、いわゆる当たり日。朝はツミがよく飛び、ハチクマは少々。しかし左の林をかすめ、突然姿を現したハチクマに歓声が上がり、9時が過ぎたところでハチクマの数が徐々に増えてきた。圧巻だったのは11時半から。‘あとは、サシバのタカ柱が見られればいうことはないね’ と誰かが行った途端、サシバが次々に現れ西へ流れていく。流れて行ったかと思うと、また谷でタカ柱ができ西へと流れる。そんな状況が2時ごろまで続き、お弁当を食べるタイミングを逸した人もいた。また贅沢にも‘あ〜疲れた!’という言葉も出てきた。この日、我々が数えた数はサシバが900羽、ハチクマが100羽で、ネットワークではもっと多く、今季3番目の数が出ていた。
 ツアーの性格上、半年前から日程を決めておかなければならず、その日が当たるかどうか、行ってみなければわからない。それでも多くの方がツアーに参加していただけていることに、本当に感謝の気持ちで一杯である。来年も、どうぞ当たりますように!祈るばかりである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
.魯ぅ泪弔亮造鬚わえ飛んでいくホシガラス
▲薀ぅ船腑Δ凌道辧親は常に周りを気にしている
クリックにて拡大 クリックにて拡大
宿の前の耳時の種をついばみにやって来たイカル
ずGはツミがたくさん飛んだ。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゥ織が飛んでいない時間帯はクジャクチョウを観察
左の林から突然姿を現したハチクマ♀
クリックにて拡大 クリックにて拡大
谷を低く渡って行くハチクマ♂
24日は何本のタカ柱を見ただろうか
クリックにて拡大
サシバも時折頭上を通過
日記   2017/10/02(Mon) 10:19:27

第五回 家の周りの昆虫たち (8月23日)
 この夏は梅雨のような天気になってしまい、ツアーもなく、家にこもる時間が多くなってしまった。例年であれば、毎日のように近所を歩き昆虫を探し、時には息子たちを巻き込んで写真を撮り歩く。子供は目線が低いので、私が気が付かない昆虫を見つけてくれる、ありがたいアシスタントなのである。ところがこの夏の天気ときたら・・・。
 8月も20日を過ぎ、ようやく太陽が顔を出した。今年は昆虫が少なめのようであったが、それでもこの天気の回復は、昆虫たちも待ち望んでいたことだろう。早速、一番下の息子とお散歩。カメラの準備をしている間に、息子がヒメアカタテハを発見してきて‘このチョウ、なんていうの?’と聞きに来た。一緒に歩くと‘あっ、ショウリョウバッタだ!’と指を差すも、私には見えない。葉に絡んだツル性の植物の茎に止まっていた。子供は昆虫探しの天才である。
 この時期、私はヤブガラシというツル性の植物の花を見て回る。ヤブガラシの花は、小さな花びらがすぐ落ちてしまうため、花がむき出しになる。昆虫にとっては蜜が吸いやすいのだろう。たくさんの昆虫が集まる植物なのである。ところがこのヤブガラシ、とても厄介な植物で我が家にも繁茂している。取っても取っても、次から次と地下茎から新しい芽を出してくる。さすがに根負け。今年も我が家の庭は、ヤブガラシで埋め尽くされてしまっているが、昆虫がたくさん来るから良しとしておこう!
 近所は畑があり、雑木林があり、なんと牛小屋まであり、とても自然環境に恵まれている。昆虫類も多く、毎日お散歩しても飽きることがない。息子と一回りし家に戻る。カメラを置き、二階のベランダから洗濯物を取り込む。取り込みながら、我が家の庭に繁茂するヤブガラシが気になり視線をチラチラ。相変わらずスズメバチが数匹やって来て、花から花へ移動しながら花の蜜を舐めている。見ていると、スズメバチが移動し近づいてくると、他の昆虫は場所を変える。やはり怖い相手なのだろう。そんなスズメバチの行動を見ていると、突然小さなチョウが舞い上がった。アオバセセリだ!下にいる息子に‘カメラもってこ〜い’と、つい叫んでしまった。どちらが子どもかわからないありさまである。まあ、そんなことは気にせず、9月はニラの白い花に集まる昆虫を撮りに、また息子を駆り出すことにしよう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
_罎家の庭に繁茂するヤブガラシ
▲魯舛涼膣屬魯筌屮ラシが大好き。最も良く目にするヒメスズメバチ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Lを吸いに来る黒いハチの一つキオビツチバチ
す鍛遒眇種類やって来る。その中で一番目につくコアオハナムグリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
セ笋梁膵イなチョウ、アオスジアゲハ
雑木林の縁に咲いていたヤブガラシで見つけたコミスジ
クリックにて拡大
庭のヤブガラシに来ていてびっくりしたアオバセセリ
日記   2017/09/11(Mon) 09:54:03

第四回 久しぶりのアラスカ (8月1日)
 先月下旬、アラスカのツアーを行い、今月1日に日本に戻ってきた。私としては久しぶりのアラスカ訪問、6年ぶりになるだろうか。久しぶりということでツアーを行う前は緊張もあり期待も膨らんだ。
 到着早々、天気は雨模様。今年は何処へ行っても天候に恵まれない。不安定な天気が続いたが、それでも大降りになることはなく、充分な探鳥はできた。先ずは池や湿地。ヒナを連れたカモが目につく。日本では珍鳥とされるコスズガモやアメリカヒドリも、アラスカでは普通種。カラスが少ないせいだろうか、どのヒナものびのび暮らしているように見える。アカエリカイツブリもヒナ連れが多い。泥が現れた場所では、既に渡りの準備が始まっているのだろう。オオキアシシギやアメリカオオハシシギが群れで見られた。林を訪れると、こちらでもヒナを育てている鳥たちが目立ち、親鳥が忙しく動き回り、その後をヒナが追いかける。アメリカは、アメリカムシクイというグループが数多く生息しており、今回は4種類のアメリカムシクイに遭遇した。その中で気に入ったのが、日本でも記録があるウィルソンアメリカムシクイ。正面を向いて首をかしげた姿がなんとも可愛く、ツアーに参加された皆さんと、どのショットが可愛いのか撮った写真を見比べたりした。その他ハシグロアビやナキハクチョウ、カナダヅル、キョクアジサシ、キガシラシトドなど、日本では珍鳥と言われる鳥たちが私たちを大いによろこばしてくれた。予定外だったおまけもあり、それはシロエリオオハムの夏羽が見られたことだ。今回はアンカレッジ周辺での探鳥で、もっと北へ行かなければ見られないと思っていたので、私もびっくりした。思わぬ出会いというのは、いつも感動するものだ。
 さて、今回のメインイベントとも言うべきものは、スワードからのクルーズ船だった。アラスカの海は海鳥が豊富で、以前はホーマーという土地から船に乗り海鳥を見ていた。ウミガラスやヌミバト、エトピリカなどが間近に見られるのがアラスカだ。今回は、ホーマーの時より船は大きかったが、それでもエトピリカ、ツノメドリが近くで見られ、またその数の多さにびっくりした。いるところにはいるものだと改めて感じた。船上からはラッコやシャチ、コククジラ、トドなどの海獣類も見られ、それらの動物や鳥が見つかる船内にアナウンスが流れ、スピードがゆっくりになる。大きな氷河の場所に到着するとランチタイム。氷河を見ながらアメリカスタイルの大きなローストビーフがふるまわれる。正に自然を楽しむためのクルーズ。一度に何艘も出航し多くの方が楽しんでいる。アメリカは自然の楽しみ方をよくしていいると感心させられる。今度は時期を変え、訪れてみたいものだ。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
.劵覆鯱△譴織▲瓮螢ヒドリ
日本では珍鳥のコキアシシギ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
タウンゼンドアメリカムシクイも子育て大忙し
ぜ鵑鬚しげるウィルソンアメリカムシクイ、虫をお探しか!
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゥ轡蹈┘螢オハムの夏羽は本当に美しい
αイ近づき逃げようとするエトピリカ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Уを運ぶエトピリカ
船の近くに現れたシャチ
日記   2017/08/23(Wed) 09:54:32

  Next >

バードウォッチングならワイバード