image  
image
<<  2017年08月  >>
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--
管理画面はこちら
第三回 夏の宮古島  (7月15日)
 宮古島へ行ってきた。私にとっては年に一度の宮古島ツアーである。宮古島には大野山林という森があり、その森に作られている池にアカショウビンやサンコウチョウ、オオクイナ、キンバトなどが水浴びにやって来る。そのような水浴びに来る鳥たちを撮影することも目的の一つであった。しかし今回は運悪く、宮古島に到着する数時間前にスコールがあり、かなりの土砂降りだったようで、森の中のあちらこちらに水溜りができていた。わざわざ人間が待ち受ける池に行く必要が無くなった!と鳥たちは喜んでいたかもしれない。鳥の出現が悪く、3回も通う羽目になってしまい、目的のアカショウビンは2回しか現れず、私はシャッターを押すことはなかった。しかし捨てる神あれば、拾う神あり。皆さんが池で待機している間、森をうろうろしていたらリュウキュウコノハズクが現れ、キンバトが頭上の木で鳴き、皆を呼びに行って、しっかり撮影することができた。また、ほとんどあきらめていたミフウズラとの出合いも多く、すぐに逃げてしまう個体が多かったが、車の中でじっくり待っていたら、車の方に近づいてくる個体もいて、まさか車の中から皆で写真が撮れるとは思っていなかった。もう一つ沖縄本島での話だが、ホテルへ向かう途中、電線にツミの姿を発見。初めメスが止まっていたのだが、後からオスがやって来ていきなり交尾シーンを見ることができた。ホテルへ向かうルートはドライバーに任していた。ナイスチョイスであり、ドライバーに感謝!感謝!野鳥との出合いは本当にタイミングである。
 今回のツアーは、池に来るアカショウビンなどの撮影の他に、アジサシ類の撮影もメインの一つであった。今年はベニアジサシが少なかったのは残念であったが、マミジロアジサシが近くで見られたのは嬉しかった。エリグロアジサシは繁殖の真っ盛りで、ヒナがたくさん産まれていたし、まだ抱卵している個体もいた。しかし日差しが強く、ヒナたちは日影に隠れなかなか姿を見せてくれない。親鳥が小魚を持ってきたときにチラッと頭が見える程度だった。我々も暑くて、ウ−フー言いながらの撮影だったので当然と言えば当然である。
 沖縄は蝶々が豊富で、水場への鳥の出具合が良かったらもう少しじっくり見たかったのだが、合間に少し撮影してきたので紹介してみます。来年は直前に雨が降らないことを期待したいのだが、今までこのツアーは台風に悩まされていたので、それを考えれば上出来だったかもしれない。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゝ楔電腓話襪任發茲鳴くリュウキュウコノハズク
長い時間、枝の上で鳴いてくれたキンバト
クリックにて拡大 クリックにて拡大
D螳銘屬隆笋傍△辰討たマミジロアジサシ
ぅ瀬ぅ弌爾坊找する抱卵していたエリグロアジサシ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
イ笋辰箸泙箸發忙1討任たミフウズラ
Χ然見つかったツミ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Э垢涼罎埜鯣中だったツマムラサキマダラ
┘筌屮ラし類の花に蜜を吸いに来たシロオビアゲハ

日記   2017/08/07(Mon) 09:19:31


バードウォッチングならワイバード