image  
image
<<  2018年08月  >>
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031-
管理画面はこちら
第二十三回 マレーシアへ (7月27日)
 ワイバードは7月決算、8月から第16期が始まる。ということで今期最後の海外はマレーシアとなった。5泊6日のマレーシアツアーだが、探鳥は実質4日間。クアラルンプール周辺の公園や熱帯雨林、そしてフレーザーズヒルなどの高原を巡り探鳥をする。今回は鳥との出合いがとても良く、心に残る出合いがたくさんあった。
 フレーザーズヒルでは、タテジマクモカリドリ、オナガウタイチメドリ、ゴシキソウシチョウといった野鳥の出迎えを受ける。到着し、先ずはトイレと思い車を止めた場所にブラシの木があり、その花の蜜を吸いに来ていたのである。他の場所を巡ると、シジュウカラの仲間のサルタンガラが数羽の群れで忙しく活動していた。久しぶりに出合ったサルタンガラ、それも今までの中で一番近い距離で見られたことに興奮。翌日には、早朝からズアカキヌバネドリがスマホでも撮影できるほどの距離で、固有種のマレーシアミヤマテッケイや美しいカラスの仲間ヘキサン、ヒイロサンショウクイやベニサンショウクイなど綺麗どころの出合いも心に残った。
 私は東南アジアを訪れたら是非見てみたい鳥というものがある。それは、くちばしが他の鳥に比べると幅が広く、ヒロハシと呼ばれるグループの鳥だ。マレーシアでは毎回1種類のヒロハシに出合っていたが、今回は何と3種類のヒロハシに出合うことができ感激した。クアラルンプール郊外の林では全身がこげ茶色をしたガマヒロハシと表情が可愛いクビワヒロハシ、フレーザーズヒルでは鳴き声に特徴があるオナガヒロハシだ。特にオナガヒロハシには常々見たいと思っていただけに感激もひとしおであった。
 マレーシアの野鳥は標高差で棲み分けをしているため、標高を変えればフレーザーズヒルとは異なった野鳥に出合える。ヒロハシ類もそんな野鳥といえる。その他に印象に残ったのはアカコクジャクというキジの仲間。ペアーで現れ、突然雄が翼を広げ求愛をし始めたのには驚いた。アカコクジャクと一緒に現れたアカチャシャコも実に美しい鳥だ。クアラルンプール郊外の林ではオレンジハナドリという小さな鳥が頻繁に姿を現し、モモグロヒメハヤブサという16cmほどの小さなハヤブサも、頻繁に見られたことも珍しかった。胸がピンク色のコアオバト、珍しいハトではないが久しぶりに近くで見られたのは嬉しかった。
 公害の林の中に流れる小さな沢。そこには今回のツアーの目的の一つであったセアカミツユビカワセミが棲んでいる。現場に到着すると、既に数人の現地のカメラマンがセアカミツユビカワセミを待ち構えていた。沢には杖のような棒杭と細い枝が刺してあり、棒杭の下にはバケツらしきものがあった。カワセミ類は何処も餌付けが主流だ。30分くらい待っただろうか、突然セアカミツユビカワセミが飛んで来た。さて、バケツにはどんな餌が入っているのだろう?と興味を持ちながら見ていると、棒杭の上をつつき始めた。何をやっているのだろうと思っていたら、棒杭の窪みに大量のミルワーム。そのミルワームをつまんでは食べ、つまんでは食べ。カワセミ類がミルワームに餌付いていることにびっくりした。見られた嬉しさとともに、ミルワームを食べる姿にがっかりもさせられ、複雑な気持ちでその場を去ることとなった。
 マレーシアのツアーは度々行われていたが、今回のコースは初めてのコース。初めてのコースとしては上々の出合いができたと思う。このツアーが定着するよう、今後も現地ガイドの方と綿密な打ち合わせをしていこう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
.屮薀靴硫屬量を吸いに来たタテジマクモカリドリ
⊃裕い高い色鮮やかなゴシキソウシチョウ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
6甬離で出合え感激、ズアカキヌバネドリ
ぅ劵ぅ蹈汽鵐轡腑Εイ、東南アジアは色鮮やかな鳥が多い
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ド従陲可愛いクビワヒロハシ
Ε泪譟璽轡△旅馗灰▲エリキヌバネドリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д▲コクジャクの求愛行動
┘クイタダキより小さいオレンジハナドリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
久しぶりに近くでご対面コアオバト
今回の目的であったセアカミツユビカワセミ


日記   2018/08/10(Fri) 11:48:15


バードウォッチングならワイバード