image  
image
<<  2018年06月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理画面はこちら
第十二回 白い妖精シマエナガ (1月27日)
 エナガの北海道亜種シマエナガを撮影しよう!と、ワイバードとしての初企画ツアーが行われた。シマエナガには、本州のエナガのような過眼線はなく顔が真っ白。そのため、目がはっきり大きく見えるのでとても愛らしく映り人気が高い。3泊4日のツアーも2本成立し、私は8日間北海道にいることになった。一本目は見られたが、二本目は出現しなかった。このパターンは絶対避けたく、前もって宿のご主人にエナガの様子を聞いてみた。‘今年は雪が少なく、そして暖かく、エナガの出現が安定しない!’との回答に愕然とした。とにかく両方のツアーとも、しっかり見られ、撮影できることを祈るばかりであった。
 エナガに合う前に、先ずは羅臼のシマフクロウだ。2年前から若いカップルになり、こちらも出現が不安定。5時半に現れ、その次は11時半。その後は夜中の3時半。かと思えば二本目の班の時には、最初に現れたのが夜中の2時。おかげで二晩ともほとんど寝られない状況だったが、2羽で現れ餌渡しの行動が見られたのは嬉しかった。流氷はまだ来ていない。オオワシやオジロワシは、羅臼の山々の木々に止まり流氷を待ちかねている様子。そんな姿を撮影しながら網走へと抜けた。11月の下旬、中標津では街路樹のナナカマドの実がたわわに実っていたが、たくさんのレンジャクが訪れ、その実は既に無くレンジャクの姿はなかった。しかし網走のナナカマドの実は、まだ食べられておらずたくさんのツグミとヒヨドリが実をついばみ、そんな姿を見ていると林から‘ヒー’という鳴き声とともに50羽ほどのキレンジャクが現れた。ここは車通りが激しく、車が通るたびに飛び立ち向こうのナナカマドへ。また飛び立ちこちらのナナカマドへと忙しい。厄介なのはハイタカの出現だ。これだけの小鳥が集まっているばハイタカが居つくのも当たり前だろう。ハイタカが現れると、レンジャクたちが一斉に林へと実を隠す。そしてしばらく現れず、こちらも次の予定があるので、仕方なくその場を去ることにした。
 1班目は曇りがちだったが、穏やかな日が続いた。2班目は晴れていたが風が強く海は大しけ。テトラポットに当たった波が空高く舞い上がる。海岸近くで餌を取っていたオオハクチョウや海ガモは港に逃げ込み、幸いその中にヒメウの姿があった。既に繁殖羽への移行中なのだろうか、体は緑に光り美しく、頭頂には冠羽らしくものがちらほら。真っ黒いイメージのヒメウの印象がガラッと変わる瞬間だった。
 さて、今回の目的であるシマエナガ。結果言うと、両班ともしっかり見られ、しっかり撮影できた。宿では20年前から餌台に来る野鳥を楽しんでいるとのこと。当初からシマエナガは来ていたらしく、最近のシマエナガブームでお客さんも上々のようだ。今回は2泊させて頂いたのだが、これが大正解。初日はよく現れたが、2日目は全く来ない。やはりこの冬の暖かさが原因なのか、本当に良かった。シマエナガは本州のエナガのように簡単には見られない。林が深く、行動範囲が広いのだろう。他のツアーでも‘今回シマエナガは見られますか?’とよく聞かれる。シマエナガとの出合いは出合い頭で、合えるときは簡単に合えるし、4日間いても全く合えない時もある。そのような鳥が、餌台ではあるが間近で見られるのは感激であり、その愛らしさに誰もが惚れてしまうことだろう。
 同じコースを2回巡ったが、気象状況で鳥の行動は異なり、また出合い方もその都度異なり、同じ鳥を見ていても飽きることはない。さてさて、来年はどんな表情を見せてくれるだろうか楽しみである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
〔訝罎泙蚤圓辰森暖紊あった。2羽同時にシマフクロウが現れた
⇔氷はまだか!海を見つめるオオワシ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
この時期、網走の涛沸湖でタンチョウが見られるとは思わなっかた
ぅレンジャク、車が通るたびに右往左往
クリックにて拡大 クリックにて拡大
イ修離譽鵐献礇たちを狙いハイタカが舞う
ξ亳沢が美しいヒメウ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Цれば見るほど愛らしいシマエナガ
┨ナの脂身には一度に何種類も(アカゲラ・シジュウカラ・シマエナガ)
日記   2018/02/09(Fri) 11:24:58

第十一回 九州の野鳥 (1月16日)
 2018年、今年の泊りがけのツアーは九州のツアーから始まった。今年も全国的に天候不順。雪が少なく暖かいと思っていると、突然寒波が押し寄せ雪を降らす。その寒波も長居をし寒さが続く。九州のツアーも、そんな天候不順から始まった。福岡から佐賀へ抜ける峠では一面の雪景色。いったいどこへ来てしまったのだろうと思うほど。毎日一桁台の気温の寒さが身に染みる。しかし、そんな寒さを吹き飛ばしてくれたのが九州の鳥たちだ。九州は野鳥が多い。しかも数が多く圧倒される。有明海の干潟で、何かに驚いて舞い上がった数百羽のカモメを見たら、ほとんどがズグロカモメ。干潟に並ぶ白い粒は、ツクシガモ。数えるのが嫌になるほどだ。関東圏から来た人間にとっては、両種とも見る機会が少ない鳥で贅沢な光景として目に映る。うらやましい限りである。数が多いと言えば、今年の九州はアトリが多い。農耕地を巡るとアトリが目につき、時折数百、数千という大群に出くわす。田んぼに降りたと思えば、また舞い上がり、ぐるぐる辺りを旋回してはまた舞い降りる。無数のアトリの黒、白、オレンジの配色がまるで花びらを散らしたように見え、それは美しく見事な群飛であった。
 さて九州と言えば鹿児島県出水に飛来するツルが有名だ。今年も1万6千羽を超えるツルが越冬に飛来し、渡来数を年々更新している。しかし今年もナベヅル、マナヅル、クロヅル、カナダヅルの4種類。ここ数年ソデグロヅルとアネハヅルの渡来がないのは少々寂しい。さて早朝、西干拓で寝ていたツルが東干拓の給餌場へ、次から次へと飛行してくる。その光景も素晴らしいが、東干拓である程度腹を膨らましたツルが、再び西干拓へ舞い戻って行く。ちょうどその時、東の山影から太陽が顔を出し、ツルたちを照らしはじめる。私が最も大好きなシーンである。出水の名物はツル以外にもある。ミヤマガラスも電線がしなるほどの数が飛来する。その数の中からコクマルガラスという小さなカラスを見つけた時は、また嬉しいものである。最近はホシムクドリも数を増やし、毎年普通に見られるようになったことは有難い。今年も3日間で90種類ほどの野鳥に巡り合えたが、何と言っても野鳥の群れが織りなす光景が大きな感動を呼び、気温一桁の寒さから解放してくれたことは間違いない。
 しかし、今回のツアーで、皆が最も興奮したのはツリスガラとキクイタダキに出合えた時かもしれない。両種とも10cmほどの小さな鳥だが、ツリスガラは関東ではほとんど見られず、いつも見上げて見ているキクイタダキが、目線の高さまで下りて来たとあっては興奮しないわけにはいられない。大きくても小さくても、野鳥は素晴らしい生き物である。さて来年の九州も大いに楽しみたいが、今から来年の話をしたら鬼に笑われてしまうだろうか。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
/燭断鬚棒まった九州の大地。貴重な経験だったか
△燭さんいれば、近くで餌を取ってくれるズグロカモメも現れる
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ツクシガモの配色もまことに美しい
い海療澆龍綵はアトリの当たり年
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ソ仗紊離張襦私のお気に入りの光景だ
η々数を増やしているホシムクドリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д▲係兇ら出たり入ったりするツリスガラ。姿が見られた時は歓声が上がる。
┣爾帽澆蠅討たキクイタダキ。黄色い頭頂もバッチリ

日記   2018/02/02(Fri) 10:42:00

第十回 今年の冬鳥は (12月11日)
 先月11月上旬は伊豆沼・蕪栗沼を訪れ、下旬には道東へ。そして我が家にはジョウビタキ、モズ、シジュウカラなどが姿を見せている。さて今年の冬鳥の状況はいかがなものだろうか。
 先ず伊豆沼・蕪栗沼は、相変わらずガンの数は物凄い。訪れた時は伊豆沼で7万羽、蕪栗沼で10万羽という数字がボードに書かれていた。伊豆沼の朝の飛び立ちや蕪栗沼での塒入りを見ると、その光景は凄まじく、そのくらいの数はいるだろうと思わせる光景だ。しかし、どうやって数を数えているのだろう!という疑問もわいてくるほど、次から次へと無数のガンが帰ってくる。カリガネもシジュウカラガンも健在。カリガネも群れで見られ、一度に数十羽の群れが見られるときもあり、シジュウカラガンも蕪栗沼で数百の単位で塒をとっているらしい。今年は10月が暖かかったせいか、渡来が少々遅れていたようであったが、ツアーでは田んぼで餌を取る数十羽のシジュウカラガンを見てきた。この冬もたくさんのガンやカモが見られるだろうが、北の地方の寒さが順調で、池や湖などに早く氷が張れば本州で見られる時期も早まるだろう。
 さて道東のツアーはシマフクロウとタンチョウがメインであったが、港にはコオリガモ、クロガモが多数泳いでいた。いつもと変わらない状況にホッとした。オオワシもオジロワシも、サケが昇って来る川沿いに多く、産卵して一生を終えたサケをついばんでいる様子であった。例年と違っていたのはレンジャクの多さだ。この時期にナナカマドの実をついばむレンジャクの群れを見たのは初めてで、この冬はレンジャクの当たり年のようである。ナナカマドの木に群がり実をついばんでいるところに車が近づくと一斉に飛び立ち、また戻って来る。そんな行動を繰り返していた。この先、北海道のツアーが続く。ナナカマドの実は残っているだろうか。少々不安の面もあるが、北海道の木の実を食い尽くせば本州に現れるのも時間の問題だ。
 家では、今年もジョウビタキのオスが近くのアンテナに止まり‘ヒッヒッ’と鳴いていた。今年もいつものジョウビタキがやって来たか!と思っていたら、いつの間にかジョウビタキのメスと入れ替わってしまった。もしかしたら、昨年まで来ていたジョウビタキはお亡くなりになり、代が変わったのかもしれない。メスは我が家にある山椒の木の実が目当てで来ていたようで、何日間か来ていたが、モズが現れるようになり、今では来たり来なかったり。安定して来てくれるかは定かではない。モズは昨年来たモズらしく、私の姿を見ても一向に逃げようとはしない。今、シジュウカラやスズメも来ているが、モズが入りびたりになると、これらの小鳥が来なくなるのが悩みの種である。
 この冬は冬鳥の状況がよさそうな感じだ。イスカの姿もあちらこちらで見られているようで、ユキホオジロも野付半島の先端部に70羽くらいいるとの話がある。冬鳥ウォッチングのツアーがこれから本番を迎える。ここ数年冬鳥の状況が悪かったので、今年は期待してみよう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
”鷏沼の夕刻の風景。夕焼け空を背景にガンが沼に戻って来る
▲リガネの群れが突然飛び出し、当たりをぐるぐる回って再び戻ってきた
クリックにて拡大 クリックにて拡大
いつもの場所にシジュウカラガンの群れが
い海離張◆爾量榲の一つシマフクロウ。若いカップルだけに、残念ながらヒナの姿はなかった。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゴ瀛匹忘造蟾んでいるとコオリガモ♀が近くまで泳いできた。オスだったらな・・
Τ肱樹のナナカマドにキレンジャク。この冬はレンジャクの当たり年か
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Г笋辰伐罎家の庭にメスのジョウビタキが。何とか居ついてくれれば
┷Gもモズがやって来た。3年目なのに鱗模様が。鱗模様は冬羽の証か

日記   2017/12/15(Fri) 09:39:14

第九回 トキの里 佐渡へ (10月29日)
 10月後半、ツアーが中止となり思わぬ休暇ができた。トキが野生に復帰した佐渡へ、一度は訪れてみたいと思っていたところ思わぬチャンスができた。秋の渡りの時期でもあり、粟島へ行ったばかりだったので、珍鳥との出合いも期待しながら訪れてみた。
 しかししかし、佐渡は大きい。飛島や粟島のようにはいかない。なかなか小鳥との出合いのないまま時間が過ぎていく。そんな時、林縁部から‘チッ’との声。地上をごそごそ歩いている鳥がいた。ミヤマホオジロである。気が付くとあっちにも、こっちにも。全てメスであったが、今シーズンの初認である。何かに出合うと次々に出合うもので、上空をマヒワ、アトリが飛んでいく。ハリギリの木にシメの姿も見つける。突然‘ヒーー’とレンジャクの声。上空を6羽の小群が飛んでいく。慌ててレンズを向け、かろうじて撮影できた画像を見るとヒレンジャク。一昨年、昨年とレンジャクの渡来が少なかっただけに、今シーズンは期待したいところである。
 さて目的のトキを探しに。その前にトキの森公園を訪れ、時の現状を訪ねてみた。現在300羽近い時が野生で暮していること。日本には飼育下のトキを併せると400羽のトキがいることなどを教えてもらった。さて野生のトキを探しに、水田地帯を車で走らせる。何とトキはすぐに見つかる。300羽の威力である。ひたすら地面をつつき、餌を探している。歩きながら地面をつつく様子に、何となくヤツガシラを思い出してしまう。再び車を走らせると、偶然地元の方の巡り合いトキの塒を教えてもらった。まだ塒入りには時間があったが、10羽ほどのトキが飛んで来た。時間は3時過ぎ。この時間帯は塒に入ったり、また出ていったり。そんな行動が見られるらしく、良い時間に地元の方に出合えラッキーであった。
 塒には2羽、4羽、また2羽とパラパラ戻ってくる。塒立ちもパラパラで、ペアーや小さいグループが、思い思いの場所へ飛んでいくようであった。日中もよく飛び回り、田んぼから田んぼへ餌場を変え動き回っている。意図して飛び回っているのか、それとも何かに驚き、仕方なく移動しているのかわからないが、飛んだ時の美しさは何とも言えず、オレンジがかったピンク色は、まさにトキ色としか表現できない妖艶な色だった。
 ‘いつでも来なさい。連絡してもらえればいつでも案内しますよ!’と、トキの森公園の方も、突然お会いした方も、佐渡の方はとてもとても親切で、このような方たちにトキは見守られているのである。いつの日か、日本国内どこでもトキが見られる日が来るのかもしれない。

 唐突ながら、11月中旬に‘季節とフィールドから鳥が見つかる’という本を文一総合出版より出版します。どの季節に、どのような環境で、どこを探せばお目当ての鳥が見つかるか!というガイド本です。以前‘1年で120種類の野鳥に出会える本’を出版しましたが、今度は1年で240種類とグレードアップです。アマゾンで予約を開始しましたので、アマゾンのホームページを是非ご覧ください。


クリックにて拡大 クリックにて拡大
[啀鑄瑤捻造鮹気好潺筌泪曠ジロ
△ろうじて写っていたヒレンジャク
クリックにて拡大 クリックにて拡大
E弔鵑椶侶佑捻造鮹気好肇
げ燭にびっくり!突然飛び立つトキの群れ。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ピ余絛を飛ぶトキ
ζ輿各上近くを飛んでいき、時も私もびっくり。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д肇を探している時、ノスリの姿がよく目に着いた。
11月中旬発刊。よろしくお願いします。

日記   2017/11/08(Wed) 09:21:37

第八回 台風の後で (10月24日)
 日本列島は超大型の台風21号に見舞われた。海沿いでは高潮の影響が大きく、各地で道路の冠水被害が起こった。私の住んでいる相模原市内でも、避難勧告の放送が何回も流れたが、幸いにも被害が出ることはなかった。さて台風が来ると、台風の風に運ばれ珍しい鳥がやって来るのではないかと、被害者を横目によこしまな考えが頭の中を支配する。台風が去った24日火曜日、船橋海浜公園三番瀬へ出かけてみた。干潮時間は12時半ごろだったので、先ずは葛西臨海公園に立ち寄る。池ではチュウ サギの姿、池の脇のコスモス畑にはノビタキの姿、上空に目をやればヒヨドリの大きな群れが西へと渡って行く様子があり、秋ならではのシーンをそこかしこで目にすることができた。
 9時、三番瀬へ移動すると、少しずつ潮が引いていくところであり、杭や網の上でハマシギやダイゼンが干潟が現れるのを待っている状態であった。泥地の範囲が徐々に広がりハマシギの群れがやって来た。現れた干潟は、まだまだ陸地に近いため、我々の目の前で餌を取る。三番瀬というとミヤコドリが有名だ。今来てくれると目の前で見られると思いきや、ミヤコドリは一向にやって来ない。やっと来た!と思ったら、たったの2羽。今年はまだ来ていないのか、と思った瞬間大きな群れが飛んで来た。3か所、4か所の分かれ餌を取る。ざっと200羽くらいはいただろうか、これでこそ三番瀬である。
 さて、台風に運ばれた珍鳥はいないかと探し歩いたが、この台風で運ばれた鳥はいなかったようえだる。しかしハマシギ以外にもトウネン、オオソリハシシギ、オバシギ、コオバシギ。チドリ類ではダイゼンとシロチドリのお馴染みさん。時折ハヤブサ、チョウゲンボウが飛びシギ・チドリ類が逃げ惑う。そのときの群飛は素晴らしかったが、しばらく姿が無くなるのは困りものだった。
 珍鳥は見られなかったものの葛西ではノビタキやヒヨドリの群れが渡って行く様子や、上空をビンズイやタヒバリが鳴きながら飛んでいく様子が見られ、三番瀬ではお馴染みさんながらもたくましく生きる鳥たちの姿が見られ、良い一日を過ごすことができた。家に帰ると、感染症にかかり学校を休んでいて三男の息子が、ジョウビタキが来てたよ!と一言。今シーズンの初認を息子に取られてしまった。翌日には私も鳴き声を聞き、姿も見た。今年もまたまた雄のジョウビタキ。いつもの個体だろうか。さあ、冬鳥シーズンの到来である。


クリックにて拡大 クリックにて拡大
.離咼織、まだいたか!と笑みがこぼれる
∈Fはいくつものヒヨドリの群れが西へと渡って行った。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
L椶料阿捻造鮗茲襯魯泪轡
せ折見事な群飛を見せてくれる
クリックにて拡大 クリックにて拡大
セ鞍崟ヌ省ミヤコドリ
最初にやって来た2羽のミヤコドリはとても仲良し
クリックにて拡大
Д灰バシギ(手前)とオバシギ(奥)、一緒にいればその違いがよくわかる


日記   2017/10/30(Mon) 11:35:13

第七回 日本海に浮かぶ島粟島 (10月10日)
 新潟県村上市からフェリーで1時間40分、粟島へ着く。石川県の舳倉島や山形県の飛島と同様、渡り鳥が通過していく島ということで有名だが、島の大きさが両島より大きく、また島のほとんどが山林のため入れない場所も多く探鳥しづらいという理由もあるだろうか、バーダーの数は少ない。そんな粟島へ10月の3連休訪れてみた。
 お昼過ぎに島へ着き、さっそく探鳥開始。夜から朝にかけ雨が降っていたらしく、所々に水溜りができている。雨降りの後は鳥たちが羽を休めている。期待を持って鳥を探したがほとんどいない。声すらない。海岸沿いの草地でようやくノビタキ1羽が目に止まった。夕ご飯まで、まだまだ時間はある。ひたすら歩くと今度は‘チッ’と鳴きながら上空を飛び回るホオジロ系の鳥が。双眼鏡を当てても何が何だか。双眼鏡からカメラに持ち替えパシャ。写真判定に持ち込むとシラガホオジロと判明。記録として残るが見た気にならず、地上に降りていないか探すと再び‘チッ’先ほど飛び回っていた‘チッ’と少し違う。どこだどこだ!双眼鏡で必死に探し、ようやく捕えた鳥はコホオアカであった。更に‘チッ’、あっちでも‘チッ’。しかし皆、草地の中にもぐりこんでいるため姿が見つからない。秋の探鳥の難しいところだ。そろそろ宿へ戻ろうかと思った瞬間、電線に止まっているツツドリを発見。少しずつ近づくが逃げる気配がない。どうやらお疲れのようだ。皆でしっかり確認し初日は終わった。
 2日目。昨日1羽しか目に止まらなかったノビタキの数が増えていたが相変わらず鳥影が少ない。あまり成果がないままお昼ご飯に突入。午後に期待し山の方へ。すると数羽の小鳥飛び交っていた。コサメビタキである。周りを見渡すとあっちでも飛び交い、6羽以上はいただろうか。少し脇道に入ると、今度はサメビタキが。こちらも6羽以上。一緒に渡って来たのだろうか。コサメ、サメときたら、もう1種類。いたいた!エゾビタキ。こちらは1羽しか確認できなかったが、サメビタキ3兄弟をゲット。2日目の締めくくりとしては上出来であった。
 そして最終日。この3日間で最も天気がよく、朝から小鳥たちが動いている。山の稜線を双眼鏡で見てみると、小鳥の群れが次々と西へ渡っている。相当な数の鳥が島に入っていたことを思い知らされた瞬間であった。しかし何の種類かわからない。飛んでいる鳥より止まっているを探そうと周りを見渡すと、電線にホシムクドリが。早朝は1羽だったが、午後には2羽になりじっくり観察。畑を歩いていると参加者の一人が‘何か飛んで来た。望遠鏡貸して!’と、畑向こうの杉の横枝に望遠鏡をあわすと、そこにはムギマキの姿が。‘よく見つけたね’と皆の顔がほころぶ。しばらくすると今度は黄色い物体が目に飛び込んできた。コウライウグイス!と叫んだが、すぐさま竹藪の中に隠れて行った。見たことは見たが、本当にチラッ。また出てくるかもしれないと、しばらく待ったが残念ながら。朝食後は、昨日見たサメビタキの場所へ行くと。相変わらずあちらこちらでホバリングをして虫を取っている姿があり、時折オオルリが来たり、ムギマキが来たり。同じような仲間は集まってくるものである。
 今回、数としてはあまり多くなかったが、徐々に渡りの島らしくなり、珍鳥も数種類確認できた。島は訪れて見なければわからず、当たるも八卦当たらぬも八卦、博打のようである。しかし当たった時には強く印象に残り、毎年のように出かけてしまうのだろう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
‥点で羽を休めるツツドリ
▲船辰寮爾如△茲Δ笋見つけたコホオアカ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
数は編づ尾があったものの、毎日目にしたノビタキ
ぅ▲肇蠅侶欧譟これからどんどん渡ってくるだろう
クリックにて拡大 クリックにて拡大
トがあればどこにでもいたヒメアカタテハ
Δ犬辰り観察できたサメビタキ。よく鳴いていたな!
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д汽瓮咼織と同じ場所に現れたムギマキ
┥学校の校庭で餌を取るホシムクドリ


日記   2017/10/13(Fri) 09:44:38

< Back   Next >

バードウォッチングならワイバード