image  
image
<<  2018年06月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理画面はこちら
第四回 久しぶりのアラスカ (8月1日)
 先月下旬、アラスカのツアーを行い、今月1日に日本に戻ってきた。私としては久しぶりのアラスカ訪問、6年ぶりになるだろうか。久しぶりということでツアーを行う前は緊張もあり期待も膨らんだ。
 到着早々、天気は雨模様。今年は何処へ行っても天候に恵まれない。不安定な天気が続いたが、それでも大降りになることはなく、充分な探鳥はできた。先ずは池や湿地。ヒナを連れたカモが目につく。日本では珍鳥とされるコスズガモやアメリカヒドリも、アラスカでは普通種。カラスが少ないせいだろうか、どのヒナものびのび暮らしているように見える。アカエリカイツブリもヒナ連れが多い。泥が現れた場所では、既に渡りの準備が始まっているのだろう。オオキアシシギやアメリカオオハシシギが群れで見られた。林を訪れると、こちらでもヒナを育てている鳥たちが目立ち、親鳥が忙しく動き回り、その後をヒナが追いかける。アメリカは、アメリカムシクイというグループが数多く生息しており、今回は4種類のアメリカムシクイに遭遇した。その中で気に入ったのが、日本でも記録があるウィルソンアメリカムシクイ。正面を向いて首をかしげた姿がなんとも可愛く、ツアーに参加された皆さんと、どのショットが可愛いのか撮った写真を見比べたりした。その他ハシグロアビやナキハクチョウ、カナダヅル、キョクアジサシ、キガシラシトドなど、日本では珍鳥と言われる鳥たちが私たちを大いによろこばしてくれた。予定外だったおまけもあり、それはシロエリオオハムの夏羽が見られたことだ。今回はアンカレッジ周辺での探鳥で、もっと北へ行かなければ見られないと思っていたので、私もびっくりした。思わぬ出会いというのは、いつも感動するものだ。
 さて、今回のメインイベントとも言うべきものは、スワードからのクルーズ船だった。アラスカの海は海鳥が豊富で、以前はホーマーという土地から船に乗り海鳥を見ていた。ウミガラスやヌミバト、エトピリカなどが間近に見られるのがアラスカだ。今回は、ホーマーの時より船は大きかったが、それでもエトピリカ、ツノメドリが近くで見られ、またその数の多さにびっくりした。いるところにはいるものだと改めて感じた。船上からはラッコやシャチ、コククジラ、トドなどの海獣類も見られ、それらの動物や鳥が見つかる船内にアナウンスが流れ、スピードがゆっくりになる。大きな氷河の場所に到着するとランチタイム。氷河を見ながらアメリカスタイルの大きなローストビーフがふるまわれる。正に自然を楽しむためのクルーズ。一度に何艘も出航し多くの方が楽しんでいる。アメリカは自然の楽しみ方をよくしていいると感心させられる。今度は時期を変え、訪れてみたいものだ。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
.劵覆鯱△譴織▲瓮螢ヒドリ
日本では珍鳥のコキアシシギ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
タウンゼンドアメリカムシクイも子育て大忙し
ぜ鵑鬚しげるウィルソンアメリカムシクイ、虫をお探しか!
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゥ轡蹈┘螢オハムの夏羽は本当に美しい
αイ近づき逃げようとするエトピリカ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Уを運ぶエトピリカ
船の近くに現れたシャチ
日記   2017/08/23(Wed) 09:54:32

第三回 夏の宮古島  (7月15日)
 宮古島へ行ってきた。私にとっては年に一度の宮古島ツアーである。宮古島には大野山林という森があり、その森に作られている池にアカショウビンやサンコウチョウ、オオクイナ、キンバトなどが水浴びにやって来る。そのような水浴びに来る鳥たちを撮影することも目的の一つであった。しかし今回は運悪く、宮古島に到着する数時間前にスコールがあり、かなりの土砂降りだったようで、森の中のあちらこちらに水溜りができていた。わざわざ人間が待ち受ける池に行く必要が無くなった!と鳥たちは喜んでいたかもしれない。鳥の出現が悪く、3回も通う羽目になってしまい、目的のアカショウビンは2回しか現れず、私はシャッターを押すことはなかった。しかし捨てる神あれば、拾う神あり。皆さんが池で待機している間、森をうろうろしていたらリュウキュウコノハズクが現れ、キンバトが頭上の木で鳴き、皆を呼びに行って、しっかり撮影することができた。また、ほとんどあきらめていたミフウズラとの出合いも多く、すぐに逃げてしまう個体が多かったが、車の中でじっくり待っていたら、車の方に近づいてくる個体もいて、まさか車の中から皆で写真が撮れるとは思っていなかった。もう一つ沖縄本島での話だが、ホテルへ向かう途中、電線にツミの姿を発見。初めメスが止まっていたのだが、後からオスがやって来ていきなり交尾シーンを見ることができた。ホテルへ向かうルートはドライバーに任していた。ナイスチョイスであり、ドライバーに感謝!感謝!野鳥との出合いは本当にタイミングである。
 今回のツアーは、池に来るアカショウビンなどの撮影の他に、アジサシ類の撮影もメインの一つであった。今年はベニアジサシが少なかったのは残念であったが、マミジロアジサシが近くで見られたのは嬉しかった。エリグロアジサシは繁殖の真っ盛りで、ヒナがたくさん産まれていたし、まだ抱卵している個体もいた。しかし日差しが強く、ヒナたちは日影に隠れなかなか姿を見せてくれない。親鳥が小魚を持ってきたときにチラッと頭が見える程度だった。我々も暑くて、ウ−フー言いながらの撮影だったので当然と言えば当然である。
 沖縄は蝶々が豊富で、水場への鳥の出具合が良かったらもう少しじっくり見たかったのだが、合間に少し撮影してきたので紹介してみます。来年は直前に雨が降らないことを期待したいのだが、今までこのツアーは台風に悩まされていたので、それを考えれば上出来だったかもしれない。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゝ楔電腓話襪任發茲鳴くリュウキュウコノハズク
長い時間、枝の上で鳴いてくれたキンバト
クリックにて拡大 クリックにて拡大
D螳銘屬隆笋傍△辰討たマミジロアジサシ
ぅ瀬ぅ弌爾坊找する抱卵していたエリグロアジサシ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
イ笋辰箸泙箸發忙1討任たミフウズラ
Χ然見つかったツミ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Э垢涼罎埜鯣中だったツマムラサキマダラ
┘筌屮ラし類の花に蜜を吸いに来たシロオビアゲハ

日記   2017/08/07(Mon) 09:19:31


バードウォッチングならワイバード