image  
image
<<  2020年02月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
管理画面はこちら
第五十五回 11月恒例のインドツアー (11月28日)
 毎年、11月下旬はインドのツアーが組まれる。数年前までは12月に企画されていたが、冬期、訪れる北インドは霧が発生しやすく、午前中何もできないことがある。この霧の発生が、年々早まっているように思えてきたので、ツアーを前倒しで11月に行われることになった。12月も、11月も見られる鳥の種類は変わらない。とは言え、野鳥との出合いはタイミングであり、毎年必ず同じ鳥が見られるとも限らないことが、毎年訪れても飽きない理由だろう。
 さて、今回のインドツアーの特徴は、前回まで出合えてなかった鳥が数種類出現したことだ。参加された方々は、これが当たり前だと思ったことだろう。私としては‘お〜!’‘お〜!’の連続で、とても興奮した。その都度‘この鳥はツアーで初めて見られたんですよ!’と、皆さんにお叫んでいた。その鳥はというとアカアシトキ、オレンジジツグミ、カタグロツバメゲリ、レンジャクノジコだ。また、久しぶりに出現してくれた鳥もいた。ベニスズメ、バライロムクドリだ。更にブロンズトキとオオヅルは、ようやく間近で見られることができ、私としてはとても収穫の多いツアーとなった。もちろん今まで普通に見られていた鳥が現れなかったこともあったが、これこそがバードウォッチングの醍醐味なのだと思う。思い描いた通りにはならないのである。
 このツアーの最もメインとなる探鳥地が、世界遺産にも登録されているケオラディオ国立公園である。広大な湿地から形成されている国立公園で、湿地を取り囲むように林や葦原があり、自然環境に富んだ公園になっている。その広さは広大で一日では回りきることができず、丸2日間に亘って探鳥をしている。そんな広大な公園を歩き回るのも大変で、2日目は人力自転車をチャーターして公園の中間地点まで往復してもらっている。2日間で見られる鳥は110種類を超え、5日間の探鳥で160種類ほどの鳥が見られているのだから、野鳥の多さは想像できよう。野鳥の多さに驚くとともに、野鳥との距離が近いことにも驚かされる。インドは動物をとても大切にする民族である。野鳥をいじめる人などおらず、おまけにケオラディオの公園内は一般車が通れない。車を気にすることなく、近い鳥を思う存分堪能できるのである。
 入り口で入場券を買い求め、いざ出発。最初は草原や林が続く。大きな木にはエジプトハゲワシが群れをなして羽を休めている。時折、公園の外から入ってくるハゲワシ、逆に外へ向かうハゲワシが上空を通過する。少し歩くと、毎年インドコキンメフクロウが塒にしている木に到着する。皆で上から下までその気を確認すると、あっ!いたいた、洞から身を乗り出している小さなフクロウがいた。翌日は2羽になっていて、寄り添って羽づくろいする姿が可愛かった。更に歩を進めると、地面を歩いている小鳥が目に入った。オガワコマドリだ。インドでは普通の冬鳥で、ガイドにオガワコマドリが見たい!と言っても、そこらへんにいるからと一蹴されてしまう。しかし我々日本人にとっては珍鳥。オガワコマドリが現れると皆さんの目の色が変わる。林を抜けると、いよいよ湿地帯が始まる。先ず目に入ったのがカンムリワシ。枝にボーッと止まっており、右から左から。皆、好き好きなな角度から撮影。カンムリワシの目の前で動いても全く動こうともせず、せっかくなのでドアップでも撮影していると、アオショウビンもいるよ!との声。アオショウビンもインドでは普通種。これまた距離が近い。皆のシャッター音が鳴りやまない。更に歩を進めると、湿地の中に林が形成されている島がある。その島はインドトキコウやウ類のコロニーになっており、ヒナの声が騒がしく鳴り響く。今年は繁殖がは早かったのか、巣の数が少なかった。ホテイソウやスイレンのある湿地ではムラサキサギやアオサギ、バン、アジアレンカクが生活している。特に青色が美しいセイケイの姿は目をひく。ここまで、何種類の野鳥に出合えたのか、もうわからなくなっている。ガイドが脇道へと案内する。オオヅルの声が聞こえたらしい。300mくらい歩いただろうか、いたいた!オオヅルの親子が餌を取っている。ツルの仲間は警戒心が強いのが通常。ましてやヒナを連れている。皆、慎重に!と伝えたが、このツルも一向に人間を気にしない。道すがらヨーロッパチュウヒ、インドワシ、カラフトワシの猛禽類、ブロンズトキ、シロエリコウ、リュウキュウガモ、ハイイロガンなどなどが現れ、充実した脇道散歩となった。
 インドでの探鳥は、本当に鳥が近い。鳥を見た!という感覚が非常に高く、毎日毎日心が満たされるのが分かる。さて、今年の11月のツアーで、また新たな種類が現れてくれるだろうか。現れなかったとしても充実したツアーになることだろう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
.ぅ鵐疋張◆爾能蕕瓩討療仂譴箸覆辰織▲シトキ
△海舛蕕盻蕕瓩討離レンジジツグミ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ケオラディオ国立公園。先ず出迎えてくれるのがエジプトハゲワシ
1羽だったインドコキンメフクロウが、翌日には2羽でいてくれた
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ゥガワコマドリの出現に、皆興奮
ζ┐欧覆ぅ潺淵潺ンムリワシ。どアップでパチリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Дぅ鵐匹任魯▲ショウビンも普通に見られる鳥だ
大きなコロニーを作るインドトキコウ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
今回は親子で、しかも間近で見られたオオヅル
その名の通り、人が笑うように鳴くワライバトもケオラディオでは常連さん
クリックにて拡大
夕日を浴びるアジアヘビウ

日記   2020/01/29(Wed) 10:02:13

第五十四回 秋、恒例の2つのツアー(伊豆沼編) (11月16日)
 毎年、秋に行われる2つのツアー。それは佐渡島でトキを見るツアーと、宮城県伊豆沼・蕪栗沼でガンを見るツアーである。
 10月中旬、北からガン類が伊豆沼と蕪栗沼にやって来る。11月にもなると、その総数は10万羽を優に超え、その群飛はバーダーたちを魅了する。そのガンたちが織りなす素晴らしい光景を見るのがこのツアーの目的である。昨年から伊豆沼へ向かう途中、福島県の裏磐梯に一泊し、渡来したばかりの冬鳥も見ようと、少々欲張ったツアーにしている。
 さて裏磐梯だが、猪苗代のインターを降り、先ずは猪苗代湖周辺でハクチョウやカモを見学。田んぼには点々とハクチョウの姿が見られる。山々はまだ紅葉が残り、秋の風情をかもし出している。そんな山々を背景にハクチョウが舞う姿は美しい。田んぼで餌を取るハクチョウを見ていると、突然猛スピードで突っ込んでくる鳥がいた。青い背中が見えコチョウゲンボウだと分かったが、あっという間に過ぎ去ってしまった。道路を挟んだ反対側の田んぼには100羽ほどのカラスが群れている。ミヤマガラスである。秋口は猪苗代湖周辺の田畑で過ごし、雪が降る本格的な冬が近づくと郡山へと下って行くのが、福島県に渡ってくるミヤマガラスの行動だ。コクマルガラスはいないかと探したが、全てミヤマガラスであった。
 猪苗代湖周辺を散策し、裏磐梯へと向かった。この時期アオシギが見られることが多く、昨年見られたポイントへ向かった。しかし今年の台風の影響だろう。水路の水が多く、とてもアオシギが餌を探せる状態ではなく、残念ながらアオシギを見ることができなかった。翌日は林の中を散策。上空をいくつものツグミの群れが飛んでいく。今、渡って来たばかりの様子だった。そんなツグミを見ているとヒーというレンジャクの声が聞こえてきた。どこだ?どこだ?と探していると、参加者の一人が、あれは!と指を差す。いたいた!数羽のヒレンジャクが木に止まっている。少し遠かったが、ヒレンジャクだとしっかりわかる。裏磐梯はヤドリギが多い。数の上下はあるが毎年見られている。昨年はレンジャクが不作の年だった。今年は当たり年だろう。今頃は数百というレンジャクが見られているかもしれない。その他マヒワ、アトリ、シメ、イスカなどが見られたが、数はまだまだ少なかった。
 午後は、いよいよこのツアーのもくテクである伊豆沼・蕪栗沼へと向かった。先ずはシジュウカラガンを求め、毎年のように見られている田んぼへ向かった。いるいる、数百というシジュウカラガンがいた。光はやや逆光気味。順光側にはいないかと、もう少しバスを走らせると、マガンの混じって数十のシジュウカラガンが見られた。夕方は、蕪栗沼でガンが塒へ戻って来るのを待ち受けた。続々と沼に帰ってくる。小さかったガンが、徐々に大きくなり、色も分かるようになってくる。あれっ、白いものが見える。ハクガンだ!幼鳥ではあったが、しっかりとハクガンをとらえることができ、今日はこれで4種類のガンを見たこととなった。残るはカリガネ。明日、探しに行きましょうと、その日の観察は終了した。
 最終日、早朝のガンの塒立ちを観察するため、暗いうちにホテルを出発したが、運悪く曇り空。朝日を臨むことはできなかったが、騒がしい鳴き声とともに沼を飛び立っていくガンの群れを、皆さん感激しながら見ていた。朝食後、いよいよカリガネポイントへ。マガンの群れがいくつかに分かれており、バスの中から双眼鏡で探していく。なかなか見つからない。毎年いる場所だ。バスの運転手さんにもう一周してもらうようにお願いする。一つのマガンの群れの中に気になったガンが目に入った。もしかしたらという思いで、双眼鏡を望遠鏡に換えてしっかり確認。カリガネである。カリガネいましたよ!と皆さんに伝え、同時に近づき方を伝授し、だるまさんが転んだ状態で皆で近づいた。初めは双眼鏡でもよくわからない距離だったが、徐々にカリガネが大きくなり‘今下向いた’‘畦を降りた’など、皆が解説し始めた。1時間は見ていただろうか。皆、満足気にバスに戻って行った。夕方は、もう一度蕪栗沼へ行き、ガンの塒入りを観察したが、場所を少し変えての観察。この場所は帰ってくるシジュウカラガンが多く、見る見るうちに沼はシジュウカラガンに埋め尽くされ、いったい何羽のシジュウカラガンがいるのだろう!と皆、びっくりしながら観察した。
 今年も見事な風景を見させてもらった。晩秋、このガンの風景を見ないと冬が始まらないと感じている。ありがたいことに、毎年ツアーが成立し、この見事な風景を見させてもらっているが、きっと、ツアーが不成立になっても足を運ぶのだろう。来年は、またどんな風景を見させてくれるのか楽しみである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
々藩佞了海鯒愀覆鉾瑤崔苗代湖のコハクチョウ
珍しくなくなったシジュウカラガンの群飛
クリックにて拡大 クリックにて拡大
マガンの親子
こГ脳しずつ、だいぶ近づけたカリガネ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ネ縞、蕪栗沼に帰ってきたガンの群れ
沼に落ちていくように入って行くガンたち


日記   2020/01/08(Wed) 10:45:54


バードウォッチングならワイバード