image  
TOP  
image
<<  2019年06月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
管理画面はこちら
第三十四回 期待を裏切らない九州の鳥たち (2月7日)
 北海道の次は九州だ!北から南へ、九州から神奈川の自宅に戻ると、次はさらに南へ台湾ツアーが控えている。迷鳥そのものである。
 さて、今年から九州ツアーは行程を変更し、3泊4日で行った。今まで九州縦断を2泊3日、駆け足で巡ってきたが、今回は少しはゆったりできるだろうと思いきや、3泊4日でも忙しい。それだけ九州は野鳥が豊富で楽しいということだろう。冬の九州の見どころは有明海や球磨川河口などの干潟と出水のツルだ。干潟、特に有明海の干潟は広大で、干潮時に訪れると、干潟が遥か彼方まで広がり鳥たちも遠ざかってしまう。満ち潮に合わせると、遠く離れていた鳥たちが目の前までやって来る。ついには干潟が無くなり、鳥たちは右往左往、干潟上空を飛び回る。しかし1時間も経たないうちに再び潮が引き始め、浅くなったところへ鳥たちが舞い降りてくる。鳥の数が物凄く、ほんの数時間の出来事だが感動の連続であった。昭和30数年まで、東京湾も同じような光景が見られたという。それが今では…何ともったいないことだろう!九州の干潟には、本州では数が少ない鳥たちがいる。クロツラヘラサギ、ツクシガモ、ズグロカモメなどがその代表格だ。それらも数が多く驚かされる。普段見慣れない野鳥を見ると、充実感のためか、たくさんの種類の野鳥を見た気になるから面白い。
 鹿児島県の出水平野は、もちろんツルが目当てである。ここ何年ソデグロヅルとアネハヅルの渡来がなく残念だが、今年も、珍しいカナダヅル、クロヅルの渡来があり、併せて1万5千羽ほどのツルが越冬に来ていた。出水のツルの見どころは、塒に向かうツルの飛行と早朝、西干拓と東干拓を行き来するツルの群れだ。特に早朝は西干拓の塒から数百、数千というツルが一斉に東干拓へ向かう光景は素晴らしい。先ずは東干拓で餌をついばみ、お腹いっぱい?になると再び西干拓へ帰って行く。西干拓へは数羽から数十羽の群れで帰って行くのだが、ちょうどその時に東の山から朝日が昇ってくる。この光景もまた素晴らしく、最近は、ほとんどの方がカメラを持っているので、撮影に向いたポジションで観察している。今回は満月の日に当たり、西から東へ向かうツルの背景に月が映え、より美しく見ることができた。
 先ほど述べたように、今回から1日増やしてのツアーとなり、諫早干拓、横島干拓と球磨川の上流をくわえた。諫早干拓では日中にハイイロチュウヒのオスが飛び回り、珍鳥オオカラモズが見られたことは収穫だった。ここ諫早干拓には、もう何年もナベコウが越冬しに来ている。今年も来ているという情報だったが、なかなか探し当てることができなかった。時間が迫り諦めバスを走らせると、遠く電柱の上に何やらポツンと。ナベコウである。何とかまにあったという感じであったが‘遠かった!’横島干拓ではマミジロタヒバリが見られ、出水の風景とは違うマナヅル、牛舎近くの電線にムクドリとホシムクドリがズラーと並ぶシーンが見られた。
 球磨川上流ではヤマセミ狙い。しかし朝起きると、深い霧が町の中を立ち込めていた。視界が思うように開けない。そんな中でキャラキャラと、独特なヤマセミの鳴き声が。とにかく時間が許す限りヤマセミを追う。霧も徐々に薄くなり、ようやくヤマセミの姿をとらえることができた。
 九州も楽しい探鳥地が多く3泊4日でも、いや一週間いても足りないだろう。まだまだ知らない探鳥地も沢山あるだろう。今度は、個人的にゆっくり回ってみたいものである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
)潮時、降りる場所を探しダイシャクシギの群れが飛び回る
潮が引き始め、大量のハマシギが舞い降りた
クリックにて拡大 クリックにて拡大
6綵の干潟ではツクシガモとクロツラヘラサギは常連さん
ぅ潺汽瓦眤燭、一度に数羽、十数羽見ることも珍しくない
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ァ瞳遒抜隋任覆蕕漫瞳遒板瓠
今年はコクマルガラスの数が多かった。ミヤマガラスと並ぶとその小ささがよくわかる
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Д張襪鮓ていると‘ガンがいる!’との声。1羽マガンが餌をついばんでいた
日中に見るハイイロチュウヒは美しい(撮影:ツアー参加者 天満和孝)
クリックにて拡大 クリックにて拡大
久しぶりの出合いとなったオオカラモズ(撮影:天満和孝)
ツアーではめったに出合うことがないヤマセミ。やっと出合えた!(撮影:天満和孝)
日記 | No.491 中野泰敬 2019/02/22(Fri) 10:49:26


Next > 第三十五回 今年最初の海外ツアー (2月13日)
Back < 第三十三回 新年最初のツアー (2月7日)

バードウォッチングならワイバード