image  
TOP  
image
<<  2020年04月  >>
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
管理画面はこちら
第五十回 7月最後の海外 (7月27日)
 7月、もう一本海外ツアーが残っている。マレーシアのツアーである。クアラ・ルンプールの郊外と高原地帯を巡るツアーだ。実質4日間の探鳥であるが、6か所ほどの探鳥地を巡り、東南アジアを代表する野鳥を見ようというものである。2年前から始まったツアーで、毎回110種類を超える野鳥が見られ、ツアーの人気も高まっている。
 さて、クアラ・ルンプール郊外では川沿い、公園、熱帯雨林を巡る。海に近い川沿いではナンヨウショウビンやコウハシショウビンなどのカワセミ類、マングローブ林で良く見られるマレーコゲラやタケアオゲラといったキツツキ類、その他サイホウチョウ類やハウチワドリ類、コウヨウジャクの仲間などを見て回った。川沿いは見通しが効き、最初に巡る地としては、東南アジアの鳥の導入として最高の探鳥地である。
 公園は時間帯が悪かったのか出合いが少なかったのは残念だったが、それでもアオショウビンやクリチャゲラに出合うことができ、バスに乗る間際にはインコの仲間サトウチョウがヤシの実をついばんでいる姿を見ることができたのは収穫だった。サトウチョウは東南アジアでは普通種であるが、いつも、鳴きながら猛スピードで飛んでいく姿しか見られず、見た気がしていなかったのでとてもうれしかった。
 熱帯雨林は数ヶ所巡った。暗い林ではあったが、魅力的な鳥が次々に現れるところは、充分東南アジアを感じることができた。今回はキヌバネドリ科の鳥との出合いが何回かあり、そのたびに現地ガイドの方の‘皆さんの見てほしい’という思いがひしひしと伝わった。熱帯雨林の中に小さな水路があり、そこにセアカミツユビカワセミという小さなカワセミが棲んでいる。昨年は餌付けされておりミルワームを食べる姿にがっかりしたものだったが、今回は餌付けがされておらず、現地ガイドが必死に探し回ってくれ、ようやく見ることができた。どの海外ツアーでもそうだが、現地のガイドの方には頭が下がる。その他にもクモカリドリの仲間、ヒロハシ類、ヒヨドリの仲間など多くの野鳥に出合い、撮影もした。ところが家に帰り画像をPCに取り込んでいる最中、まちがってこの部分の画像を消去してしまい、皆さんに画像をお見せできないのがとても残念である。
 さて次は高原地帯の野鳥だ。東南アジアの野鳥は標高差で棲み分けをしている。クアラ・ルンプール郊外の探鳥地は全て平地だったので、高原では全く異なった野鳥が見られる。先ずはチメドリ科の鳥が増えてくる。チメドリ科の鳥は日本では生息していないのだが、現在は篭脱け鳥としてガビチョウヤソウシチョウが知られている。マレーシアの高原ではオナガウタイチメドリ、チャガシラガビチョウ、ズアカガビチョウなどが現れる。ゴシキドリ科の鳥ではアカフサゴシキドリが代表種だ。生息地が徐々に狭まれているようで数が激減しているらしい。幸い我々が訪れたフレザーズ・ヒルでは数が多く、この地が一番見やすいということだった。ヒタキ科のオオアオヒタキやアカメヒタキもフレザーズ・ヒルでは常連さんだ。そして、今年もズグロキヌバネドリが現れてくれた。赤い鳥が現れるとツアーも盛り上がる。もう一ヶ所高原地帯を巡った。地球上で、ここが一番見られる確率が高いだろうというアカコクジャクが出現する。この鳥を見たさに世界中からバーダーが訪れ、我々が現地に着くと、既に10人ほどのバーダーがアカコクジャクの出現を待っていた。
 今回もたくさんの野鳥を見させていただき、現地を案内してくださった二人のガイドの方に感謝感謝である。鳥だけでなく、お食事に手配も我々の好みに合った食事を考えオーダーしてくれ、本当に気持ちよく、そして楽しく滞在させていただいた。マレーシアは広く、来年3月にはオオサイチョウとシワコブサイチョウが棲むラン・カウイ島を中心にしたツアーを、このお二人にガイドをお願いしている。どうぞ7月のこのツアーと併せ、来年3月のラン・カウイ島のツアーにも参加してみてください。楽しい鳥見ができることでしょう。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
ヽい剖瓩だ遽茲い妨修譴襯淵鵐茱Ε轡腑Ε咼
▲泪鵐哀蹇璽嵶咾鮃イ爛織吋▲ゲラ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
少し開けたところで大きな声でさえずるアカガオサイホウチョウ
いい弔皸Δ蕕靴ぅビワヒロハシ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
イ笋辰隼澆泙辰討い襪箸海蹐見られたサトウチョウ
Ε船礇シラガビチョウ。標高の高いところはチメドリ科の鳥多い
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Э瑤減っているアカフサゴシキドリ
┷2鵑盻亳愁坤▲キヌバネドリ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
フレザーズ・ヒルの常連さんオオアオヒタキ
世界中からバーダーが見にくるアカコクジャク

日記 | No.507 中野泰敬 2019/11/25(Mon) 11:27:57


Next > 第五十一回 もう一つのマレーシア (9月6日)
Back < 第四十九回 二年ぶりのアラスカへ (7月20日)

バードウォッチングならワイバード