image  
TOP  
image
<<  2020年04月  >>
---1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930--
管理画面はこちら
第五十七回 2019年 最後のツアー (12月29日)
 2019年最後のツアーとなったのが長崎に入り、鹿児島から帰る九州縦断ツアーだ。このツアーは干潟、干拓地、河川、池、そしてツルが越冬する農耕地と、さまざまな環境を巡るツアーで、毎年100種類もの野鳥が確認されている。今年も小鳥が少ないと言われながらも104種類の野鳥を見ることができた。さすが冬の九州である。
 先ずは長崎に入り、諫早の干拓地へとおもむいた。畑にはマナヅルが餌を取り、タゲリが舞う。チョウゲンボウはホバリングをしネズミを狙っている。駐車場に着き堤防に上がると、コミミズクがヒラヒラト舞い出迎えてくれた。直ぐに畑の畦に身を隠してしまったが、望遠鏡で何とか顔は確認できだ。干拓地は広大なアシ原が眼前に広がり、その向こうに海がかすかに見える。アシ原の上空をハイイロチュウヒのメスが舞う。すると、誰かのオスだ!という声が響いた。メスより遠方に灰色のオスが舞う。今にも雨が降るような天候であったが、明るいうちに見えるハイイロチュウヒのオスはとてもきれいだ。遠くの木にノスリとオオタカの姿もあり、アシ原の自然度の高さがよくわかる。この冬はタカサゴモズが来ているとの情報があったが、残念ながら確認できずホテルへと向かうことにした。途中、昨年ナベコウが見られた場所でバスを止めていただき確認。すると電信柱の上に黒い物体がいるではないか。皆さんに‘ナベコウがいますよ!’と、バスから降りてもらい望遠鏡で確認。せっかくだからと少しずつ近寄るも、ナベコウは全く気にすることもなく佇んでいた。結局20メートルほどの距離まで近寄ることができ、興奮しながらホテルへと向かうことになった。
 翌日は、佐賀の東与賀の干潟へ。相変わらずシギやチドリ、ズグロカモメ、ツクシガモなど物凄い数の鳥たちで賑わっていた。この冬はソリハシセイタカシギがいるとのことで、さっそく干潟を右から左へと舐めるように探す。白い体に黒いラインという特徴なる姿はすぐに見つけることができ、昨日に続き興奮が襲ってきた。この冬の東与賀の干潟にはコオバシギ、オグロシギ、ホウロクシギ、オオハシシギと一風変わったシギがずいぶんと越冬していたことに驚いた。午後は雨模様になり、ホシムクドリが何とか見られただけで終わってしまった。
 3日目の午前中は球磨川上流の散策だ。コサギの大きな群れがカワウと一緒に佇んでいる。こんな大きな群れは関東ではめったに見られない。そんな光景を見ていると左から‘キャラッ、キャラッ’と、狙っていたヤマセミの声。その声がだんだん近づき目の前を通り過ぎて行った。そしてそれほど遠い距離でない川の中の大きな岩へ止まってくれた。このヤマセミを見たさにツアーに参加したという方もおられ、3日連続の興奮が押し寄せてきた。ヤマセミは一度止まると長居してくれるのがうれしい。30分くらい見ていただろう。その後は球磨川の河口に立ち寄り、そしてツルが集う出水へと向かった。
 出水平野に着きツルの多さに圧倒。この冬は1万5千羽を超えるツルが越冬していると数字が出ていた。さてこの中からクロヅル、カナダヅルを探さなくてはならない。そして今シーズンは珍しくアネハヅルが渡来している。出水では13季ぶりだという。クロヅルとカナダヅルはすぐに見つかった。しかしアネハヅルは見つからず、明日に持ち越しとなった。翌早朝、西干拓で寝ていたツルたちが東干拓に出勤する。我々は東干拓でツルたちの到来を待ち受ける。次から次とやってくるツルの群れに言葉が出ない。ツルよりも高いところをはばたきが早い鳥が舞う。オナガガモの群れだ。その数も尋常ではない。そんな光景を見ているうちに東の山からお日様が顔を覗かし始めた。タイミングよく剥がし干拓に出勤していたツルたちが西へ帰って行く。その光景は美しく、出水の早朝は二度楽しめるのである。ホテルに戻り朝食をとり、持ち越したアネハヅルである。しかし何処にもいない、見当たらない。出水を去る時間が迫って来た。そんな時、展望台に上がっていた参加者から電話が入った‘アネハヅルいましたよ!’下に残っていた人たちとともに展望台に上がり、遠かったがアネハヅルをしっかりゲットした。
 4日間のツアーであったが、毎日興奮の連続。珍しい鳥もたくさん見られ、2019年、締めくくりの良いツアーができた。2020年もこの調子で進んでいければと強く願った年末となった。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
°歔瓩稜盛銘呂鬟織殴蠅群れ飛ぶ
諫早干拓のアシ原の上空を舞うハイイロチュウヒのメス
クリックにて拡大 クリックにて拡大
E賤寝譴隆崖磧▲坤哀蹈モメが目の前を行ったり来たり
ぅ愁螢魯轡札ぅ織シギの姿に、皆の目は釘付けに
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ダ邊澆砲燭燭困爛灰汽の群れとカワウ
Ωやすい場所に止まってくれたヤマセミ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
直ぐに見つけることができたカナダヅル
早朝、大きな群れで飛び交うオナガガモ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
日の出を背景に西干拓他に戻るツルたち
やっと見つかった13季ぶりのアネハヅル
日記 | No.514 中野泰敬 2020/02/10(Mon) 11:50:04


Next > 第五十八回 2020年 最初のツアー (1月23日)
Back < 第五十六回 2019年 最終の海外ツアー (12月8日)

バードウォッチングならワイバード