image  
TOP  
image
<<  2018年09月  >>
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30------
管理画面はこちら
第十八回 中国四川省 (5月28日)
 パンダの故郷、中国四川省。昨年に引き続き2度目の訪問である。7日間の探鳥で、昨年と同様130種類近くの野鳥と出合ってきた。そのうち35種類が昨年出合えなかった野鳥、言い換えれば、昨年であった35種類の野鳥に出合えなかったわけで、野鳥との出合いは本つにタイミングであり、一期一会なのである。
 今回のツアーの特徴はキジの仲間によく出合えたことだ。キジシャコ、ベニキジ、ユキシャコ、チベットセッケイ。中でも興奮したのはアオミミキジとの出合い。昨年、ツアーが始まるときから、この鳥を見てみたい!と思っていたので、その思いが通じた喜びは大きかった。ポイントに着いた時は土砂降りの雨。朝弁当をバスの中で食べながら、雨が止むのを待っていた。少し小降りになったので外に出てみると、崖の下に大きな物体を発見。望遠鏡をのぞくとアオミミキジの姿が。急いで皆に声をかけ、興奮しながら観察。男爵を思わせる白いひげ状の羽毛と悠々と歩く姿に風格を感じた。気が付けば雨は止んでおり、崖の上にいたのが幸いしたのか、警戒するそぶりもなく長い時間観察することができた。このツアーでは、もう一つミミキジの仲間、シロミミキジにも出合える可能性があったが、今年は濃霧で探すことができなかった。シロミミキジとの出合いは来年の楽しみに取っておこう。
 さて、四川省というと九寨溝と黄龍という景色が美しい世界遺産が有名だが、昨年の大地震で大きな被害が出た。しかし、そこは共産圏の国。急ピッチで復興に取り掛かり、充分とはいかないまでも、何とか観光客を呼べるまで回復した。九寨溝では乗合のマイクロバスを何台も出し、時間を決めながらポイント、ポイントでの観光。黄龍は、九寨溝ほどの被害は出ていなかったものの、奥の遊歩道が崩れていた。それでも野鳥は十分楽しむことができ、マイクロバスは名所名所で止まるものの、私たちは名所には目もくれず、もっぱら鳥探し。決められた時間の中でも、しっかり野鳥は現れるもので、少々の不便もそれほど痛手には感じなかった。
 四川省での探鳥は、標高3000mmから4000mm以上の高地が中心だ。野鳥が現れても急ぎ足で追いかけることができず、とにかく1歩足を出すごとにハーハーと息が切れる。ところが、その高所のつらさも日が経つにつれ慣れていくもので、最終日には皆、力強く1歩を生み出していた。四川省の鳥は、日本ではなじみの薄い鳥が多い。しかしどの鳥も興味深く、見れば見るほど楽しくなってくる。つらさを上げればムシクイ類が多いこと。日本と同様、さえずってくれれば種類が分かるのだが、いつもさえずっているわけではない。現地のガイドも首を傾けながら、あれじゃないかな!などと言う。しかし声が聞かれた時には、ガイドのスマホには野鳥の鳴き声が収録されており、その声を聞きながら‘あっ、それそれ’などと皆で検索するのは楽しい一時であった。
 日本に戻り、いつもの標高での暮らしが始まっている。来年、三度訪れた時には、またハーハーから始めなければならない。しかしそのつらさも、四川省の野鳥が和らげてくれることだろう。来年の一期一会も大いに楽しみたいものである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
,笋辰判于颪┐織▲ミミキジに興奮
∈鯒逃したムラサキツグミにも、幸運が続いた
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ムネアカマシコ。せっかくの赤い鳥との出会いだったのに、霧が邪魔をする
ざ縵郵造能亶腓辰織バラガラ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
ズ鯒出合えなかった鳥の一つギンガオエナガ
Εグロヅル、今年はペアーの鳴き合いを見せてくれた。
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Ш任發錣りやすいムシクイの仲間、キバラムシクイ
┷Gは何回も出合うことができたノドジロジョウビタキ
クリックにて拡大
四川省の山はケシが有名。青いケシは7月が良いそうだ

日記 | No.474 中野泰敬 2018/06/15(Fri) 10:18:16


Next > 第十九回 台湾の森 (6月13日)
Back < 第十七回 利尻島と上高地 (5月19日)

バードウォッチングならワイバード