image  
TOP  
image
<<  2019年11月  >>
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
管理画面はこちら
第四十三回 三度北海道へ (6月7日)
 中国から戻り、三度北海道へ。今回は羅臼、落石のクルーズがメインになる。この時期の羅臼沖はハシボソミズナギドリの大群が見られ、時に数万羽にもおよぶ見事な群飛が見られるのである。さて、今回はどうであろう、と胸をワクワクさせながら出航する。先ずはウトウが点々と現れる。初めは皆カメラを向けていたが、次第に‘またウトウだ!’という声に代わる。もう少し船を走らせると、ウトウとはシルエットが異なる海鳥を発見、ウミガラスかと思いきやハシブトウミガラスだった。この時期にハシブトウミガラスに出合うのは初めて、更に夏羽ということで船内の熱気が上がる。さて、狙いのハシボソミズナギドリがなかなか現れない。ロシア海域に行ってしまったのか、と不安が募る。船長も必死だ。更に半島の先端に向かって船を走らせると、一列になって飛行する海鳥が。ようやくハシボソミズナギドリとの遭遇である。群れと一緒にフルマカモメも目立つ。船を追いかけるように右に左に現れ、シャッター音が響く。そうこうしているうちに海面に降りているハシボソミズナギドリを発見。数万羽という大きな群れではなかったが、それでも千羽ほどはいただろう。船が近づくと、水しぶきを上げ一斉に飛びち、また着水する。この群れの奥にも、もうひと群れを発見。その群れは、突然姿が消えたかと思うと、しばらくすると再び海面に現れる。ハシボソミズナギドリの餌はオキアミで、群れ全体で潜って捕えるようである。そのため突然群れ全体が消え、突然海面に現れたように見えるのである。そんな行動を楽しんでいると、船長が‘マッコウクジラだ!’と大きな声を発しる。マッコウクジラは羅臼では夏のクジラで、8月9月に見られることが多い。今年はこの時期に!やはり以上気象が関係しているのか。しかしマッコウクジラとハシボソミズナギドリがづ時に見られることはなく、船長さんたちも初めての経験でかなり興奮していた。その熱がこちらまで伝わり、興奮度は最高潮に達した。
 羅臼でのクルーズは大収穫だったと言えよう。そして次は落石クルーズである。このクルーズでの目的はエトピリカを見ること。参加者の方々にとっては、こちらのクルーズの方をメインと考えていることだろう。落石沖は羅臼沖に比べれば波の発生率が高く、毎回天候が気になる。朝食時に電話がかかり‘今日は波が高く中止です’と連絡を受けることもしばしば。幸い今回は連絡もなくスムーズに乗船することができた。後はエトピリカである。こちらのクルーズも先ずはウトウ。羅臼より数が多く、単独でいるもの、群れでいるもの、群れで飛び交っているもの様々なシーンが見られる。ユルリ島に近づくとケイマフリが目立つようになる。目の周りが白く、いつ見ても可愛らしい。飛び立った時に見られる赤い脚も印象的である。2羽で ‘ピピピピピ・・’という可愛い声を出して何か言い合っているペアーもいた。さて、狙いのエトピリカ、なかなか姿が見つからない。島に近いところで1羽発見。いよいよかと思いきやオオハムであった。しかしこのオオハム、上くちばしが奇形しており、ちゃんと餌が獲れるのだろうか?と心配しつつも、目線はエトピリカを探していた。そして、いよいよ遠くに白い顔の海鳥を発見。エトピリカである。ツアーは2艘だて。一艘は少々遠くにおり、すぐさま船長が無線で連絡を取る。距離は少し遠かったが、無事皆でエトピリカを見ることができた。船長の話によると、今シーズン、クルーズでのエトピリカ確認はこれが初めてであったようで、本当にラッキーだった。
 船を利用するツアーは年に数回あるが、毎回天候が気になり精神的に良くない。しかし無事出航し、目当ての鳥が見られた時の感動は大きい。次回も、こうであるよう祈るばかりである。

クリックにて拡大 クリックにて拡大
〕絮渦では、先ずはイシイルカの出迎えをうける
△海離張◆爾能蕕瓩討粒稜Г箸覆襯魯轡屮肇Ε潺ラスの夏羽
クリックにて拡大 クリックにて拡大
フルマカモメは船の周りを飛び交う
ちイ寮楸瓩波瑤啜遒襯魯轡椒愁潺坤淵ドリの群れ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
イ海了期のマッコウクジラに船長も大興奮
ν鄒亶繕瓩の崖ではアマツバメが繁殖中
クリックにて拡大 クリックにて拡大
Яイ龍瓩を漂うウミスズメ
┘吋ぅ泪侫蝓飛び立つと赤い脚がよく目立つ
クリックにて拡大 クリックにて拡大
もめごとか、愛のささやきか、鳴き交わすケイマフリ
少々遠かったが、皆で確認、感激。今季初認のエトピリカ
日記 | No.500 中野泰敬 2019/09/25(Wed) 10:00:16


Next > 第四十四回 ヤイロチョウの棲む台湾へ (6月12日)
Back < 第四十二回 中国四川省 (5月29日)

バードウォッチングならワイバード